べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW水耕装置製作2 初号機改完成
大型の自作水耕栽培装置「ベランゲリオン初号機改」の改装記録です。

手順は以下の通り。

・ワイヤーパネルで骨組みを製作。パネルの上から厚手のビニールでベッドを作る
・底部に穴を開け、オーバーフロー措置を取り付ける
・蓋部分に定植用の穴を開ける

まずワイヤーパネルの増強。左右の垂直のパネルの間に水平のパネルを渡し、針金などで数カ所ずつ固定。いろは坂のように傾斜をつけて養液がスムーズに流れるようにします。

骨格部分が完成。
IMG_0838.jpg

次にパネルよりやや大きめにカットしたビニールをパネルの上にかけ、端に穴を開けてパネルに固定します。やわらかい園芸用結束ワイヤータイを使うと楽です。
IMG_0842.jpg

骨格部分をケースに格納したところ。
IMG_0843.jpg

オーバーフロー装置は、ホールソーの一番小さなサイズで底部に穴あけ。
IMG_0845.jpg
内径15ミリホースが接続できるジョイントパーツにぴったりの穴が開けられます。
IMG_0846.jpg

ケースの外側にホースが接続できるパーツ、内側にこれに合うネジ切りがしてあるパーツとパッキンを合わせて締め込みます。
IMG_0861.jpg
オーバーフロー装置の回りには、根が進入しないような対策を施すのがベターなのですが、上部に「NFT式(薄膜水耕)」栽培ベッド4層を設けているため、さすがにオーバーフロー装置にまで根が達することはないでしょう。
IMG_0862.jpg

蓋の穴あけは定植用が3カ所+養液供給用が1カ所。
IMG_0853.jpg
3カ所というのは、トマトの定植では密植すぎるとも思ったのですが、内部の栽培ベッドが5段なので根の生育スペースは十分。この蓋をアルミパネルで覆って完成です。


続いて養液タンクを改装して建造する「ベランゲリオン参号機」。基本構造は初号機改と同じくワイヤーパネルで作ったNFT式ベッドを設置してオーバーフロー装置から養液を還流させます。ただ、初号機改に比べ浅いので、設置するワイヤーパネル数は3枚程度にする計画。本日、百均ショップでワイヤーパネルを調達して設置します。

とりあえず、オーバーフロー装置の取り付けと蓋の加工は完了。
IMG_0864.jpg
このペースなら連休中にトマト苗の定植までこぎつけられそうです。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
GW水耕装置製作1 今度は5段甲板だ
2013年春夏の水耕設備
ベランゲリオン初号機(4) 第一次改装





スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

GW水耕装置製作1 今度は5段甲板だ
日曜日、「2013年春夏の水耕設備の整備計画」に基づき、さっそく水耕栽培装置の工作に取りかかりました。が、言うは易し…。計画実現への道は平坦ではありません。

最も手間がかかるのが、トマト苗を定植するための水耕栽培装置の製作。
定植計画装置詳細

大まかな手順は以下の通り。

(1)ベランゲリオン初号機改の改装
NFT式(薄膜水耕)」栽培ベッドを追加するとともに、底部にオーバーフロー装置取り付け

(2)ベランゲリオン参号機の建造
これまで養液タンクとして利用していたケースにNFT式のベッドとオーバーフロー装置を取り付け栽培装置に転換

(3))ポンプやホース回りの工事
栽培槽のオーバーフロー装置のパイプにホースを取り付け、栽培槽から出る養液を、養液タンクに還流させる工事

(4)ベランゲリオン弐号機の追加建造
量産型NFT式装置ベランゲリオン弐号機の2番艦を製造

(5)ベランゲリオン四号機の建造
縦型構造を持つNFT栽培槽を新たに建造。資材が集まり次第、合計2機建造

これらの工程のうち、日曜日は(1)と(2)にめどをつけました。

まずは昨シーズン、メーンの栽培装置だったベランゲリオン初号機改のさらなる改装。ベランゲリオン初号機改は、上部にNFT式(薄膜水耕)」のベッドを2層、下部に「DFT式(湛液型)」ベッド1層を設け、底部が養液タンクというハイブリッド型でした。

ベランゲリオン初号機断面図

しかし、この方式だと、養液タンクの水位をたえずDFT式栽培ベッドより低く保つ必要があり(そうしないと根が決められた範囲から飛び出してしまい、苗が致命的なダメージを受けてしまうのです)、養液の供給が煩わしいといったらありませんでした。

そこで、今回の改装では、養液タンク機能は新たに導入した100リットルタンクに任せ、ベランゲリオン初号機改の底部にオーバーフロー装置を設けて純粋な栽培装置に転換します。さらに、これに合わせて2層だったNFT式ベッドを4層に。底部のDFT式ベッドも合わせると一挙に5段甲板へと増強されることになります。これが完成予想図です。(続く)


ベランゲリオン初号機3次改装断面図

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
2013年春夏の水耕設備
「ベランダぐるぐる」構想
ベランゲリオン弐号機完成






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ アーリーセーフ LED装置零号機 ベランゲリオン初号機改 LED 麗夏 ブロッコリー ゴーヤ こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター DFT式 ポンプ 温室 ベランゲリオン四号機改 コロマイト パッションフルーツ 緑のカーテン ハダニ 朝顔 アスパラガス オーバーフロー 秋トマト LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 新北星 巨木トマト トマト エーハイム チェリーメイト 猛暑 ケーヨーデイツー 養液タンク 防根透水シート チューリップ レジナ モレスタン アイリスオーヤマ つくつく ベジタブルライフA ベランゲリオン参号機改 アブラムシ レッドオーレ ロックウール ケンマート 桃太郎 ダニ太郎 うどん粉病 ベタな自動給水装置 ハイポネックス 台風 尻腐れ ハイビスカス ハイポニカ 栽培槽 ヘンルーダ カリ カルシウム リン酸 窒素 花工場 タカノツメ オオゼキ ケイヨーデイツー オーバーフロー装置 チョコちゃん 三越本店 西洋朝顔 ダイン マイクロナノバブル トマトトーン 断根 タバコガ コーナン レッド・オーレ 結束バンド アブラー 就眠運動 太陽光反射パネル イオウフロアブル プランター アルミニウム 養液 捻枝 カダンセーフ ペットボトル 噴霧器 水耕栽培装置 DFT チェリーメート LED装置零号機 F1 NFT 白ゴーヤ 「フルーツルビーEX ミリオン 珪酸カルシウム 唐辛子焼酎 LED装置初号機 室外機 こくうま赤のミニトマト 就眠活動 アゲハチョウ プチプチ インパチェンス エキナセア 栽培層 ワイヤー棚 ホップ 高リコピントマト べランゲリオン弐号機 べランゲリオン初号機改 越冬計画 クエン酸回路 熱帯魚用ヒーター アロイトマト インシュロック トマト棚 ヒーター 鉄分 マグネシウム 完熟王 「ベランゲリオン四号機改 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。