べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大塚ハウス2号の葉面散布
養液に多めのカルシウムを配合しているにもかかわらず、連日の猛暑の中、3階ベランダの東側トマトの尻腐れが収まりません。中玉やミニトマトには影響はなく、発生はもっぱら大玉。
中でも6月中下旬に甚大な被害を受けたのが、巨木化を目指している、空中トマト2号(品種は仏産大玉トマト「マルマンドVF」)。
IMG_0319_20130709090605.jpg
第3果房以降の着果分は7~8割が尻腐れとなり、ほとんど摘果せざるを得なくなりました。(写真は6月19日)
IMG_0031.jpg

養液には、カルシウムが主成分の「大塚ハウス2号」を多めに配合しているのに症状が改善しないのはなぜか。
ICHIさんのブログのコメントで疑問を投げかけ、核心に迫る見解をいただきました。
それは、我が工房の環境の場合、温度上昇により、根がカルシウムを吸収できなくなっているのではないかとの説です。

空中トマト2号を定植したタワー型水耕装置「ベランゲリオン四号機改」は、水中ポンプからの養液の流量が比較的少なく、外気温が大きく上昇した場合、液肥による根の冷却効果が十分でない可能性が高いのです(根の温度が上がると、カルシウムを吸収しにくくなります)。

養液タンクに3台目の水中ポンプを設置し、空中トマト2号の養液の流量を増強(液冷効果アップ)する計画でした。しかし、ポンプを強化して流量を増やすと、養液溢れのリスクが高まります。流入量と流出量のバランスの調整が難しいだけでなく、流量を増やすことで根が太くなり、パイプ内の隙間が小さくなる可能性があるのです。

このため、まずカルシウム剤の葉面散布を試すことにしました。根からカルシウムを吸収できない場合の有効な対策とされています。
最寄のホームセンター2軒を訪ね、葉面散布用カルシウム剤(ネットで調べると、葉面散布専用の製品が数種類市販されています)を探したものの、2店とも扱っていませんでした。店員さん曰く「農協ならあるかも」…

ホームセンターは、なんでも置いてあるイメージが強いですが、水耕栽培関連のラインナップが非常に貧弱であることを改めて痛感しました。
ECメーターや、そこそこ強力な水中ポンプ、布タイプの防根透水シート、それに大塚ハウスシリーズ…
これらはほとんど通販に頼るしかありません。

裏を返せば、水耕栽培市場の底辺がまだまだ小さいという証しでもあります。
もっと水耕栽培が一般化すれば、ホームセンターで入手しやすくなるかもしれません。

葉面散布用カルシウム剤の話。
ホームセンターで、店員さんに頂いた提案には、ちょっと驚かされました。
葉面散布専用のカルシウム剤の代わりに、液肥を薄めて散布したらどうか…と。

えっ 葉面散布用でなくてもいいの?

しかも、勧められた液肥は、三大肥料にカルシウムがちょっぴり配合されている製品。
「それなら大塚ハウス2号の薄め液でいいじゃん」w

というわけで、百均で買った容器スプレーに、大塚ハウス2号の薄め液を入れて散布することに。
IMG_0325.jpg
トマトの実の表面が濡れた後に日光を浴びると劣果になってしまうため、散布はもっぱら帰宅後の深夜。果たしてどれだけ効果が出るものか。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
続・大塚ハウスのお点前
大塚ハウスのお点前
大塚ハウスがやってきた






スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

液肥に関するメモ
これまで自分なりに調べた水耕栽培の液肥についての基礎的知識をメモ形式で整理しました。不正確な情報や事実誤認もあるかと思いますので、参考程度にご覧ください。

①植物の三大肥料
植物の三大肥料とは「窒素-リン酸-カリ」です。それぞれ窒素は葉や茎、リン酸は花や実、カリは根の成長を助けます。
野菜の栽培には、葉ものには窒素分を多く、トマトなど実ものにはリン酸分を多く供給するなど植物の種類に応じて調整することにより、収穫量を増やすことが出来るそうです。
これは我が工房のトマトとゴーヤリン酸をやや多めに供給したいところです。
IMG_0118.jpg



ただ、例えばリン酸は通常の形では吸収されにくい特性もあり、リン酸が多く入っている肥料だからトマトに向いているとは一概に言い切れない部分もあるようです。

②微量元素
水耕栽培ではこれに加え、通常は土に含まれている「微量元素」と呼ばれる元素の供給が必要になります。
微量元素とは、マグネシウムカルシウム鉄分などです。水耕栽培用として販売されている液肥の多くには、この微量元素が配合されています。
逆に、微量元素を含んでいない液肥だけでは水耕栽培には向きません。
三大肥料と微量元素を別々に販売し使用の際混合する方式で販売されているものもあります。
なお、肥料製品を選ぶ際、この三大肥料の含有比率は表示するよう義務付けられていますが、その他の微量要素は表示義務がありません。

③養液の濃度
通常、液肥は希釈して使う原液の形や、その前段階として、水に溶かし原液を作る粉末の形で販売されています。
原液を何倍に薄めるかの希釈率は植物の種類により違います。一般的には導電率(EC)を養液の濃度の目安に使います。
大雨が降り、栽培層に雨水が流れ込むと、養液の濃度が下がることがあります。
逆に真夏の日差しが強い日などは自分の体の温度を下げるため水分を蒸発させる蒸散の動きが活発化。大量の溶液を消費するため植物の体の中に必要以上の肥料が蓄積されることがあります。
一般に水耕栽培では、同じ育成環境を保つことが推奨されており、溶液についても成分や濃度を一定に保つことが良いようです。

④養液の交換について
植物は水耕栽培槽から溶液を吸収し、不要物を排出します。これにより、長期間同じ溶液を使っていると、植物の生育に障害が起きることもあり、大規模な栽培施設では一定期間ごとに入れ替える例が多いようです。
一方、一日に大量の養液を消費する夏場などは常に新しい養液が供給されるため、入れ替えの必要性は高くありません。小規模の水耕栽培の場合は逆に多くの養液を循環させることで不要物の割合を小さくし、悪影響を抑えることもできるようです。ハイポニカ・シリーズを製造販売されている「協和」さんの元社員の方が運営されているサイト「水耕栽培で家庭菜園」(http://www.gokigen-yasai.com/index.htm)によると、個人で楽しむ場合はほとんど入れ替える必要はないとも指摘されています。

☆関連記事
藤棚(もどき)製作記4(完結編)
朝顔で緑のカーテン
ゴーヤチャンプルー

★ブログランキングに参加しています


☆この記事に登場したアイテム



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ アーリーセーフ LED装置零号機 ベランゲリオン初号機改 LED 麗夏 ブロッコリー ゴーヤ こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター DFT式 ポンプ 温室 ベランゲリオン四号機改 コロマイト パッションフルーツ 緑のカーテン ハダニ 朝顔 アスパラガス オーバーフロー 秋トマト LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 新北星 巨木トマト トマト エーハイム チェリーメイト 猛暑 ケーヨーデイツー 養液タンク 防根透水シート チューリップ レジナ モレスタン アイリスオーヤマ つくつく ベジタブルライフA ベランゲリオン参号機改 アブラムシ レッドオーレ ロックウール ケンマート 桃太郎 ダニ太郎 うどん粉病 ベタな自動給水装置 ハイポネックス 台風 尻腐れ ハイビスカス ハイポニカ 栽培槽 ヘンルーダ カリ カルシウム リン酸 窒素 花工場 タカノツメ オオゼキ ケイヨーデイツー オーバーフロー装置 チョコちゃん 三越本店 西洋朝顔 ダイン マイクロナノバブル トマトトーン 断根 タバコガ コーナン レッド・オーレ 結束バンド アブラー 就眠運動 太陽光反射パネル イオウフロアブル プランター アルミニウム 養液 捻枝 カダンセーフ ペットボトル 噴霧器 水耕栽培装置 DFT チェリーメート LED装置零号機 F1 NFT 白ゴーヤ 「フルーツルビーEX ミリオン 珪酸カルシウム 唐辛子焼酎 LED装置初号機 室外機 こくうま赤のミニトマト 就眠活動 アゲハチョウ プチプチ インパチェンス エキナセア 栽培層 ワイヤー棚 ホップ 高リコピントマト べランゲリオン弐号機 べランゲリオン初号機改 越冬計画 クエン酸回路 熱帯魚用ヒーター アロイトマト インシュロック トマト棚 ヒーター 鉄分 マグネシウム 完熟王 「ベランゲリオン四号機改 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。