べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑のカーテン2016完成に近づく

今年も1階の土耕プランターから2階の窓に向けてグリーンカーテンを育てています。
4月中旬に定植し、ここへ来てようやく2階の窓に到達。カーテンらしくなってきました。
160807 019

植えているのは、3種のパッションフルーツ、3種のゴーヤ、そして西洋朝顔。

グリーンカーテンの主力であるゴーヤは苦味の少ない白ゴーヤ
160418 004

沖縄特産?の島サンゴ…
160418 006

そして細長いチャンプルゴーヤ
160418 008

受粉してくれるハチや蝶があまり飛来しなかったためか、実の数は多くありません。それでも、今月に入りぼちぼち収穫できるようになってきました。

グリーンカーテンともなれば、手の届かない高さにも実をつけます。
160807 017

それを収穫するには…

こういうツールが必要になります。
160807 027
1.8メートルの高枝切り鋏。ホムセンで消費税込み約1800円。
鋏を入れる左右を間違えずに、すばやく切断するとキャッチ部分が実を枝ごと挟んで、落とさずに収穫できます。

本日は島サンゴとチャンプルゴーヤを1本ずつ収穫。
160807 021


西洋朝顔は、新たに播種したものではなく、去年のこぼれ種。昨シーズンのグリーンカーテンから無数に種がこぼれたので、春先以降、小石を敷いた地面をはじめ、ところかまわず芽を出します。このうち、プランターから発芽したのが2~3本生長し、ゴーヤをしのぐ大きさの葉を茂らせつつあります。

グリーンカーテンは、直射日光を遮るだけでなく、吸い上げた水を葉から蒸散することで周辺の気温を下げる効果があります。
しかし、それには水遣りを頻繁に行う必要があります。
容量の小さいプランター栽培ともなればなおさら。夏場は1日に朝晩2回の水遣りでも十分とはいえません。

そこで、グリーンカーテンの水遣りも自動化することにしました。

1日に最大4回の水遣り設定が可能なタイマー。
160807 032

各プランターに点滴のように水を供給する極細ホース。
160807 033

水不足で給水制限が行われたりする可能性がないとはいえないものの、何日か家を空けても水切れでグリーンカーテンを枯らせてしまう心配は大幅に軽減できます。

一方、こちらは3階ベランダトマト棚。
160807 003
30度を超える高い気温の日は、100リットルの養液タンクの養液が一日で半減していましたが、ベタな自動給水装置が順調に稼動してくれているため、とても楽チンです。
今のところ、高温が続く日に気をつけなければならないトマトサビダニのアウトブレイクもありません。
心配なのは、高温障害。
160807 008

暑い日に直射日光をまともに受けた実は、さわってみると、まるでゆであげたような温度。
これは本日朝方の涼しいうちに収穫したぜいたくトマト
160807 014
見た感じ、赤というよりオレンジがかった色をしています。
こんな暑さの日が続くと、株全体が弱り、病害虫により致命的な打撃を受けかねません。
トマトにとって最も過酷な8月。無事に乗り切れるかどうか…


☆関連記事
ベタな自動給水装置(3)
パッションが屋外越冬 & 新しい仲間
朝顔のカーテンほぼ完成

★ブログランキングに参加しています


スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

朝顔のカーテンほぼ完成

1階から2階の窓の上部に張ったネットに西洋朝顔を這わせた緑のカーテンが完成に近づいています。
0712 043

これは5月2日時点の様子。
IMG_4676.jpg

2カ月半で、2階の窓の半分を覆うほどの高さにまで蔓を伸ばしました。
0712 033
一日十センチほど伸びており、このままではてっぺんに届くのが早かぎるため、ネットの横方向に誘引しています。
白い花にピンクの淡い模様が入った花が一日十数個咲いています。惜しむらくは、花の種類が、もう一つの紫色と合わせ、わずか2種類しかないこと。

プランターに約20株を定植したものの、大半が若苗の頃に主に害虫による食害のため枯れました。現在、プランターから太い枝を伸ばしているのはわずか3本ほど。その丈夫な株が次々と側枝(蔓)を伸ばし、日当たりのよいロケーションを確保して寡占状態になっていることが花の種類が少ない理由と思われます。現在の開花は、本格的な花期が初秋からの西洋朝顔としては異例の早咲き。今後、他の株が挽回して違う色の花を咲かせる可能性はゼロではないものの、あまり期待はできません。

こちらはラティスをはさみ朝顔の反対側にある土耕白ゴーヤによる緑のカーテン
0712 026
すでにラティスのてっぺんに到達していますが、晩秋まで花を咲かせる西洋朝顔とはタイムラグがあるためラティス上部の朝顔用ネットへの侵入は防いでいます。

肥大しつつある白ゴーヤの実。
0712 046

着果から2週間以上経過しているため、そろそろかと思い2本収穫。
0712 048
15センチほど。
さて、どれくらいまで大きくなる種類だったかなと今更ながら首をかしげたとき、苗購入時にラベルを撮影していたことを思い出しました。こんなこともあろうかと、収穫タイミングを見極めるために記録したものです。

あった。5月23日の写真…
IMG_4936.jpg
25センチ!?
覆水盆に帰らず…記録写真も役に立ちませんでした。
次回からは学習効果が働くことでしょう。

それにしても、この白ゴーヤはなかなか雌花がつきません。
リン、カリを中心に施肥していますが、肥料バランスが悪いせい?

ゴーヤの葉の上にいるのはショウリョウバッタの子供。
0712 007
バッタによる食害はゴーヤではなく、もっぱら朝顔に集中しています。

☆関連記事
緑のカーテン2015始動
メガ朝顔計画、大誤算
2013緑のカーテン撤収+フォト記録

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

第3のトマトを探しに

これは昨シーズン完成させた空中トマト栽培装置史上最強の水耕栽培装置の雄姿(写真は下半分のみ)。「ベランゲリオン四号機」(パイプ部分)と「ベランゲリオン弐号機」(下の箱部分)を連結させたハイブリッド装置です。昨シーズン同様、東西に配置したこの四号機2機にトマトを1株ずつ定植し、トマト棚に空中トマトとして展開する計画。
装置の構造が気になる人はこちら→「トマトの根2m超えで最強装置

IMG_3149.jpg

しかし、この四号機、真夏には直射日光を浴びて内部が高温になり尻腐れ病などの原因となるため、昨シーズンはすだれなどで直射日光をさえぎっていました。

今年は猛暑対策をどうしようと漠然と考えていましたが、素晴らしいヒラメキが。
弐号機部分に緑のカーテン用植物を植え、この水耕栽培装置全体に陰を作ってしまえばいいのです。
こうすることにより、高温対策になるだけでなく、もう1種類育てられますw

さて、問題は何を植えるか。
緑のカーテンといえばつる性野菜のゴーヤかキュウリが定番。

しかし、実はゴーヤは1階のプランターで2株を育成中。
IMG_4659.jpg

これ以上たくさん植えて、たくさん実が生っても、もてあましてしまいます。

ではキュウリ?
しかし、キュウリはアブラムシやうどん粉病に加え、昨年このベランダで猛威を振るったハダニを呼び寄せトマトに伝染させるリスクがあり同じ場所に植えるのには抵抗があります。

まあ、つる性植物でなくても…と、トウモロコシや枝豆などに検討対象を広げましたが、行き着いたのはやはりトマト。
育苗中の2品種「ブランディワイン」「つくつく房枝」に続く第3のトマトを育てることにしました。

実は、トマトが最良の選択である理由はもう一つあるのです。
このハイブリッド装置のてっぺんには超大玉のブランディワインを定植する予定ですが、この品種は病害虫に弱く作りにくいというのが定評。真夏の猛暑やトマトサビダニなどの前に短命で終わる心配があるのです。
その際、トマト棚上部の高さまで第3のトマトが育っていればブランディワインに代わり空中トマトとして育成できます。

というわけで、第3のトマトを探しにホームセンターに。

地元近くのホームセンターには、びっくりするほどたくさんのトマトが並んでいます。
その数何と34種。
内訳はミニトマトが最も多く21種類。残りは中玉が4種類、大玉が9種類でした。

ノーブランドの最安値商品が68円で売られている横で、サントリーとデルモンテさんがそれぞれ6種類。計12種類の価格はすべてが最高値の298円。
それでもブランド品はよく売れています。
完売品種も。
IMG_4648.jpg

でも、当方のお目当ては非調理用の大玉。
選択肢は「ぜいたくトマト」をはじめ…
IMG_4626.jpg

サングランデ
IMG_4622.jpg

「サマーキッス」
IMG_4627.jpg

「熟れっこ」
IMG_4637.jpg

そして定番の「ホーム桃太郎」
IMG_4624.jpg

メーカー違い
IMG_4616.jpg

さらに、「寒さに強い桃太郎」…
IMG_4644.jpg
なぜこの時期に?
越冬用?

結局、選んだのは
IMG_4733.jpg
200グラムの大玉が生るというサングランデに決めました。
これでわがベランダは超大玉(ブランディワイン)、大玉(サングランデ)、中玉(つくつく)のラインナップに。
モチベーションが上がってきました。

☆関連記事
トマト棚への定植は花穂を下側に
空中トマト、離陸準備着々
今年の目玉は超大玉

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

メガ朝顔計画、大誤算
和製朝顔を主体とした今夏の緑のカーテン、西洋朝顔主体の昨シーズンに比べ大きく出遅れました。

1階のプランターに植えた朝顔群は、盛夏を過ぎたこの時期になり、ようやく2階の窓の高さに到達。
IMG_3926.jpg

しかし、この高さまで上ってきたのは和製朝顔に混じっていた西洋朝顔。和製朝顔は苗をメガ植え(約50株)したにもかかわらず、多くは、1階部分のラティスの高さより下の位置で足踏みしています。とくに緑のカーテンの南側半分は日照条件が悪く、ほとんど空き家状態。

腐葉土などを入れた大きめのプランターの和製朝顔はそれなりに大きな葉を展張させています。
IMG_3924.jpg

しかし、害虫の食害は深刻。
IMG_3920.jpg

害虫の筆頭格は葉を食い荒らすショウリョウバッタの子供。
IMG_3703.jpg

水遣りをしているとピョンピョン跳ね回ります。

和製朝顔がうまく育たなかった理由は食害だけではありません。
1階ラティス内は日当たりが悪いことに加え、朝顔の苗を定植したプランターも容量が小さすぎました。
とくに猛暑日の夕方にはプランターの土がカラカラ状態。夜になって給水しても手遅れになっていたりしました。

和製朝顔が草食系とすれば、わずかに混じっていた西洋朝顔は肉食系。1本の茎から何本もつるを伸ばしています。
やはり大きな緑のカーテンには西洋朝顔が向いているようです。
和製朝顔が枯れ、空き家となったプランターには、キュウリゴーヤを植えておきました。
IMG_3937.jpg

実の収穫を目的にしたものではなく、朝顔では埋め尽くせなかった緑のカーテンの隙間を成長の速いこれらの植物で埋めてもらうためです。よく見ると、人工受粉もしていないのに実が成り始めました。
IMG_3936.jpg

ここへきて、めっきり涼しくなり、緑のカーテンもそろそろお役御免のタイミング。
今シーズンの失敗を来年の糧にしたいと思います。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
メガ朝顔で緑のカーテン
台風に耐えた西洋朝顔が満開
朝顔のあみだくじ仕立て






テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

撤収作業と新たな一歩
枯れたトマトゴーヤ苗を撤去するとともに、新たに調達してきた夏植えキュウリの定植を行いました。

撤収作業は思いのほか大変でした。まずは炎天下での養液の総入れ替え。3階のベランダにある栽培槽内の養液を1階までバケツで下ろす作業(養液は捨てずに朝顔やアスパラガスに供給しました)では汗だくになりました。

次に藤棚に巻きついたゴーヤの撤去。枯れてから3~4日放置していたため、葉がパリパリに乾燥し、枝を藤棚から引き離すと、乾燥した葉が粉々になって宙に舞います。これを汗だくの顔や体に浴びるとかなり悲惨なことに。はさみで藤棚に巻きついたつるを一本一本切り取る作業は時間がかかりました。

これが、いわゆる「ルートマット(マット状になった根)」です。
IMG_0390.jpg
栽培槽内全体の様子を見るのは、定植後、初めて。根は「NFT式(薄膜水耕)」ベッド1段目から2段目に降りているのですが、その下の「DFT式(湛液型)」ケースにまではほとんど届いていませんでした(ベランゲリオン初号機(4) 第一次改装 参照)。2段目以降を装備していなかった初期の段階で、根が下に降りないようにするなど自由に伸ばしていなかったせいかもしれません。
それでも2段分の根を伸ばすと、長さはゆうに1メートルはありました。
IMG_0391.jpg

さて、春に始動したプロジェクトが終了し、秋の陣のスタートです。
秋取りトマト(ミニトマト)3株をネットで注文したのに続き、大井競馬場前にあるホームセンター「ホーマック」さんでキュウリ1株を購入しました。

「夏植えOK 食味抜群キュウリ(接木)新北星」とあります。198円。
IMG_0369.jpg

トマトゴーヤ株も探しましたが、すでに野菜苗は季節を過ぎ、キュウリのほか、ナス、唐辛子があるのみ。店員さんからはキュウリ苗について「もう元気がないからお勧めしません」と良心的なアドバイスをいただきましたが、さびしいベランダを何とかしたく、購入に踏み切りました。

定植した後、薄い濃度の液肥循環をスタート。
IMG_0399.jpg
トマト苗も2~3日中に届くはずです。

☆関連記事
そして誰もいなくなった
トマト、復活ののろし
まさかのトマトサビダニ !!(2)

★ブログランキングに参加しています






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ アーリーセーフ LED装置零号機 ベランゲリオン初号機改 LED 麗夏 ブロッコリー ゴーヤ こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター DFT式 ポンプ 温室 ベランゲリオン四号機改 コロマイト パッションフルーツ 緑のカーテン ハダニ 朝顔 アスパラガス オーバーフロー 秋トマト LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 新北星 巨木トマト トマト エーハイム チェリーメイト 猛暑 ケーヨーデイツー 養液タンク 防根透水シート チューリップ レジナ モレスタン アイリスオーヤマ つくつく ベジタブルライフA ベランゲリオン参号機改 アブラムシ レッドオーレ ロックウール ケンマート 桃太郎 ダニ太郎 うどん粉病 ベタな自動給水装置 ハイポネックス 台風 尻腐れ ハイビスカス ハイポニカ 栽培槽 ヘンルーダ カリ カルシウム リン酸 窒素 花工場 タカノツメ オオゼキ ケイヨーデイツー オーバーフロー装置 チョコちゃん 三越本店 西洋朝顔 ダイン マイクロナノバブル トマトトーン 断根 タバコガ コーナン レッド・オーレ 結束バンド アブラー 就眠運動 太陽光反射パネル イオウフロアブル プランター アルミニウム 養液 捻枝 カダンセーフ ペットボトル 噴霧器 水耕栽培装置 DFT チェリーメート LED装置零号機 F1 NFT 白ゴーヤ 「フルーツルビーEX ミリオン 珪酸カルシウム 唐辛子焼酎 LED装置初号機 室外機 こくうま赤のミニトマト 就眠活動 アゲハチョウ プチプチ インパチェンス エキナセア 栽培層 ワイヤー棚 ホップ 高リコピントマト べランゲリオン弐号機 べランゲリオン初号機改 越冬計画 クエン酸回路 熱帯魚用ヒーター アロイトマト インシュロック トマト棚 ヒーター 鉄分 マグネシウム 完熟王 「ベランゲリオン四号機改 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。