べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒔いてはいけない…F1トマトの種

トマト苗のF1(1代交配種)と固定種の違いについての考察、とくに、F1の実から種を採取して育てるF1第2世代の実生(みしょう)には注意が必要、というお話です。

昨シーズンはトマト株の越冬を試みたものの、年明け1月になって雪が降り、全滅してしまいました。このため、サントリーさんの大玉トマト「サングランデ」の実から採取した種で、実生に挑戦したものの、その後サントリーさんに問い合わせたところ、サングランデF1であるとの確認が取れたため、育苗を中止ました。
昨シーズンのサングランデ
1115 030


実は、昨シーズンの前半に育てたミディアムトマト「つくつく房枝」も、スーパーで売られていた実から採取した実生からのスタートでした。
0719 030
たくさんの実をつけ、味もそこそこだったものの、酸味と甘みのバランスが絶妙なつくつくとはまったく違っていました。

インターネット上でつくつくについて調べたところ、「栃木県にあるトマト栽培の研究会『房房会』が手がけ、全国の契約会員が栽培しています」という以上の情報はほとんどなく、F1かどうか確認できなかったものの、結果から判断すればF1だったのは明らかです。
F1の苗を安定供給するには、F1の両方の親株を毎年育てて交配し、種を作らねばならず、莫大なコストがかかるとされています。こうしたコストを負担できる大手種苗メーカーが、F1苗の主な供給元であるのはこのためです。

第1世代のつくつく。
IMG_1564.jpg
ラベルにも印刷されている「房房会」さんが、あるいは種苗メーカーと同じような取り組みをされていたのかもしれません。

つくつくの例のように、F1トマトの実から採取した種を蒔いて誕生する第2世代は、せっかくうまく育てても、「はずれ」の株になるリスクが極めて高いといえます。
F1では、両親がそれぞれの項目ごとに持っている2つの性質のうち、受け継がれやすい性質(いわゆる優性遺伝)が現れる「雑種強勢」が起きます。この現象は同じ両親による交配から採取した、すべての種子に均質に受け継がれるとされています。種苗メーカーは、味や収量、病気への耐性などの面で人間にとって有利な性質が現れるような交配種の組み合わせを見つけてF1苗を開発しているため、結果的にホームセンターなどに並ぶ苗はどれも理想的な商品に仕上がっているというわけです。

これに対し、F1第1世代の実から採取した種を蒔いて生まれる第2世代には、正反対の「雑種弱勢」という現象が現れ、質も苗ごとにばらばらになります。中には、F1と同じ性質を受け継ぐ苗、あるいは親のF1を上回る性質を持つ苗があるかもしれませんが、当たり外れは大きく、しかも当たりか外れかは、数カ月の労力をかけて苗を育て、実を収穫してみるまではわかりません。

逆に、F1第2世代を育てるメリットは何でしょうか。
例えば東京でF1苗を購入できるのは早くても4月上旬くらいになるため、この時期までに自分で気に入ったF1トマト苗を大きく育てておきたい場合の選択肢の一つです。ただ、気に入ったF1トマト苗を早めに育成するには、ほかにも、F1第1世代の株からの挿し芽を春先まで維持する方法があります。これなら確実に第1世代の性質を再現できます(挿し芽を数カ月間にわたり維持する労力はかかりますが…)。やはりF1第2世代を実生でつくるのは労力に見合わない賭けといえるでしょう。

春先までに気に入ったF1トマト苗を大きく育てておくためには、もう一つ、F1第1世代の種を手に入れるという方法があります。ただ、種苗メーカーは利益が小さいF1第1世代の種子販売は行わないというのが基本戦略のようです。

現在販売されているトマト苗や種子のうち、F1トマトはどれか。
基本的に、デルモンテさんのトマト製品はすべてF1とのこと。
サントリーさんの製品も同様のようです。「タキイ交配」のようにメーカー名に「交配」と記されている品種も基本的にF1。ホームセンターに並んでいるトマトのうち、大体7~8割がF1ではないでしょうか。

逆に、安心して実生から育てられるのが、固定種です。

★固定種の例
ベルナーロゼトマト 世界一トマト ポンテローザトマト アロイトマト グリーンゼブラトマト レッドゼブラトマト ブランディーワインイエロートマト ブランディーワインレッドトマト ブランディーワインブラックトマト ローマ マルマンド サンマルツァーノトマト しゅほうトマト 純系愛知ファーストトマト マティナ シュガーランプ マッツワイルドチェリー マイクロトマト レジナ ステラミニトマト

これらのリストは一応の目安です。F1かどうかの最終確認は販売店かメーカーさんで。念のため。

3階ベランダの片隅で育成中のサントリーさんの「こいあじ」。
160423 001
最初の蕾をつけ始めました。

デルモンテさんの「ぜいたくトマト」。
160423 003
着々と第1花房が育ちつつありますが、苗全体の生長ペースは幾分ゆっくり。
1.0を切っていた養液のEC(導電率)を引き上げました

大きく育ったら、挿し芽で来季につなげる手順を検討してみることにしています。


☆関連記事
冬トマト撤収
2015空中トマト発進!
F1から撤退…高リコピントマト

★ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

あのトマト苗を購入 2016水耕シーズン始動

今シーズンの空中トマトは、実生をあきらめ、苗からスタートすることにしました。
先週半ば、昼休みに日本橋三越本店の園芸部を訪れると、早くもトマト苗が並んでいました。

ハルディンさんの「ホーム桃太郎」と…
160412 011

「アイコ」。
160412 012

4月上旬というのは、例年より半月ほど早い気がします。
初トマトのプレミアムか、それとも接木苗のためか、お値段は350円とやや高め。

残念ながら、お目当てのトマト苗は置いていませんでした。

お目当てというのは、2年前にも育てたデルモンテさんの「ぜいたくトマト」、もしくはぜいたくトマト系列の新商品「ぜっぴんトマト」。

巨木トマト志向であるため、毎シーズン、株自体が大振りに育ちそうな大玉品種を一品種は育てています。大玉の中でもサイズが大きい品種が好み。この点で、大玉と中玉の中間サイズの「ぜいたくトマト」はやや難があります。個人的には、昨シーズン育てた、サントリーさんの大玉「サングランデ」が見た目も味もお気に入りですが、我が家では糖度が高い品種が人気なのです。

三越さんに早くもトマト苗が並んでいるのを見て、日曜日にホーマック大井競馬場前店を訪れると…

ありました。デルモンテさんやサントリーさんのトマト苗がずらり。

デルモンテさんのコーナーには、家庭用ミニトマトが「累計480万本突破(2014~15年)」のPOPが…。
160412 013

爆売れしているのですね。定番品種のぜいたくトマトや「フルーツルビーEX」は置いていたものの、ぜっぴんトマトはなし。消去法でぜいたくトマトの購入を決めました。

並んでいたぜいたくトマト苗はかなり売れており、3分の1ほどしか残っていません。

その中から節間が狭く、そろりと蕾をつけ始めた苗を1本選び購入しました。298円。
160412 016

今シーズン、ベランダ3階トマト棚への定植をこれ一本にするかもう一本調達して限りあるスペースを2株でシェアするかは検討中。

生長を加速するため、さっそく水耕環境に移行。
160412 018
とりあえず、薄めの養液の中に土をつけたままの根を浸し、プクプク(エアレーション)を投入しました。
4月に入りやや暖かくなったとはいえ、寒さのぶり返しがあると苗はダメージを受けます。予報で最低気温が8度を切る夜は屋内に退避させるようにしています。

苗は早めに手に入れることができたものの、かなり小ぶり。空中トマト栽培装置に定植できるのは例年と同じくゴールデンウイーク前後になりそうです。

ところで、過去に触れた「サングランデ」という不思議なネーミングの謎がようやく判明しました。
160412 014

実は、2月に、育苗~定植時期の前倒しを狙いに、昨年から保存していたサングランデの自家採取種を撒いて発芽させたものの、デルモンテさんへの問い合わせの結果、F1(一代交配)品種であるとの確認が取れたため、育苗を中止。(F1についての考察は後日改めて…)。今シーズンは実生(種から育てること)を断念し苗の購入から始める方針を決めたのです。
この問い合わせの際、サングランデのネーミングについても教えてもらいました。

>サン=「太陽」&「サントリーの」
>グランデ=「大きな」
>という意味で、造語になります。

とのこと。
予想通り。「サン」は「サントリー」や「太陽」を表わす英語(?)の名詞+「グランデ」はラテン語系の形容詞という、普通には存在しない組み合わせでした。

☆関連記事
矮性大玉トマト?
第3のトマトを探しに
超大玉、壮烈な最期

★ブログランキングに参加しています


テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

鳥害激化…救世主がやってきた
3階ベランダの3種のトマトはこの1カ月ほどの間、うどんこ病の被害を克服し、暖冬の恩恵を受けながら枯れずに生きながらえています。
1122 084


大玉トマト「麗夏」とミニトマト「チェリーメイト」がつけている実は色づき始めてから収穫まで、ゆうに3週間はかかるほどの緩やかなペース。この時期のトマト棚は変化に乏しく、悠久のときが流れているかのようです。

こちらは、トマト棚の下で栽培している大玉トマト「サングランデ」。ようやく実が真っ赤に色づきました。
1122 080

さすがに、気温の低下に伴い花の色は薄くなり、葉も減少していますが、その分、実が目立つようになって来ました。
1122 089

目下の悩みは、毎年のことながらこの時期に深刻化する鳥害。冬場でえさが乏しくなったせいか、このところ、毎日のように金切り声を上げながらヒヨドリが飛来します。脱線しますが、我が家の付近で野鳥といえばヒヨドリばかりが目に付きます。都市部で増殖しているせいなのか、それとも、気にかけるから目に付くのか…。やつらは甘みの乗ったチェリーメイトをついばみ、日に数個ずつつ食べ残しの実がベランダに散乱。あまつさえ糞まで落としていきます。

さらにさらに、ヒヨドリは実だけでなく、生長点から伸びた若い芽や葉も食べてしまいます。冬場の日照不足を補おうと伸ばしている新たな葉がなくなってしまうと、生命力が格段に低下してしまうため、ある意味、実を食べられるより痛手。本当に困った鳥です。

野鳥にも、同情の余地がないわけではありません。これは、ついばまれて落下した麗夏の青い実。何カ所もつんつんされた跡があります。おそらく、足場を確保できずに赤い実に届かず、やむなく未熟果をついばんだものでしょう。冬場は深刻な食料不足の環境にあることをうかがわせます。
1122 010

同情はするものの、トマトの越冬プロジェクトを完遂するためには手をこまねいているわけにはきません。
我が家のベランダでは過去、反射鏡から防鳥デグスなど、鳥害にさまざまな手立てを講じながら、なかなか有効策を見つけられずにいました。
しかし今回ばかりは違います。

決定版ともいうべき秘密兵器が昨日、我が家に到着したのです。
ネット通販で注文したゴム製のへびのおもちゃ。
1122 093

ある日、トマト棚に鳥の天敵がいればいいのに…と、ふと思ったことをきっかけに、へびのイミテーションを探し始めました。
しかし、、限られた種類のものしか出回っていません。売られているのはパーティーグッズとして人間をびっくりさせる目的で開発された製品のようですが、最近、この用途としては不人気のよう。最初にネットで見つけた手ごろな製品は、東京都内の製造元に問い合わせたところ、製造中止とわかりました。現在は2メートルくらいの大蛇しか作っていないとのこと。これは目立ちすぎるし価格も張るため断念。

百均ショップのダイソーさんも100円へび製品をラインアップしているようですが、我が家の付近では最大ショップでさえ取り扱いなし。あきらめかけたころ、手ごろな製品の購入先リンクを張ってくれていた某ブログさまを見つけ(深謝)。間髪いれずに注文しました。

【ノーブランド品】ヘビ スネーク 蛇 いたずらグッズ ゴム製
と銘打たれたこのシリーズは300~400円で大きさも手ごろ。複数のへびのデザインがあります。
送料無料(関東地方)なのは良心的と感じたものの、「発送しました」の連絡が来てから通常ならお急ぎ便でなくても2~3日で届くはずが、結局5日目の到着。確認したところ香港の会社でした。

おまけに、4匹注文したうち、昨日届いたのはなぜか1匹だけ。
あとの3匹はまだ香港?
1匹だけでは心許ないものの、まずは被害を食い止めるため先遣部隊として投入し増援を待つことに。
1122 094

製品の説明書きには検索エンジン直訳系の日本語で「あなたの庭のために良い小道具は、木や他の植物にそれらをハングアップすることができ、離れて鳥を維持するのに役立ちます」とうたわれています。
検索するとネット上には、ベランダのハトの被害に悩んでいたお家で効果覿面といった報告が数多くあります。
こいつなら、やってくれるのではないか…そんな期待を抱かせてくれる逸品です。

☆関連記事
ヒヨドリ猛威
2014夏秋の鳥害対策
トマト泥棒、防衛網に引っかかる

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

トマト棚にぶら下がるゴロ生りトマト
冬の足音が近づく中、3階ベランダトマト棚東側の空中トマト「麗夏」は順調に生育。大きく肥大した実が重みでトマト棚の下に顔を出しています。
1115 033

夏場なら、これくらいの数の実は1~2週間ほどで一気に赤熟し、食べきれない実はトマトジュースにというパターンですが、秋冬シーズンのトマトは気温が低いため、赤熟ペースも超スロー。

大体、一日の収穫は2~3個。
1115 023

大玉品種ではありますが、中玉くらいの大きさの実も。たくさんの実がついた果房も摘果しなかったため、栄養が十分に行き渡らなかったのかもしれません。平均すると1玉100グラム未満。
1115 027

この麗夏、スーパーなどでは「王様トマト」として売られているようです。
1115 012
もともと適度な酸味があるおいしい品種ですが、香りがふわっと広がるような感じ。
やはり秋冬シーズンのトマトは一味違います。

一方、トマト棚西側の空中トマト「チェリーメイト」も、ここへ来て比較的大きな実を鈴なり状につけるようになってきました。
以前は小さな実ばかりでしたが、何と形になってきました。同じエリアで育てていた夏植えキュウリ「新北星」を撤収し、日照条件が格段に改善したことも一因と思われます。
1115 034

鈴なりといっても、熟すペースが遅いため、一挙に房取りというわけにはいきません。
赤くなった実を1つ2つずつ収穫しなければならず、ちょっと面倒です。

もう一株、地上栽培装置で育てている大玉品種「サングランデ」。
太い枝と大きな葉をばりばりと伸ばしています。
1115 038

大きな実が日に日に肥大中。
1115 030
しかし、初収穫までには、なお2~3週間かかりそう。
一般に収穫までは着果からの積算温度(一日の平均気温の累積)1000度が目安といわれています。
夏場なら一日30度と計算して30日強、秋なら20度として50日…
このサングランデ、夏場の猛暑でダウン。復帰して着果したのが9月下旬頃なので赤熟は結構微妙なタイミング。
緑色のまま厳冬期に突入してタイムアウトとならないよう祈るばかりです。

☆関連記事
収穫期を迎えたトマト棚
大玉「麗夏」肥大中…
中秋のトマト棚 キュウリが爆発的生長

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

収穫期を迎えたトマト棚

3階ベランダトマト棚の東側で空中トマト用タワー型栽培装置「ベランゲリオン四号機」に定植した夏秋大玉品種「麗夏」が早くも収穫期を迎えました。
1024 091

初収穫は先週の17日。
1024 043
中玉くらいの小ぶりの実でしたが、後続の果房が順番に色づき始めています。

麗夏を定植したときに想定していた「早くて12月」という収穫開始のタイミングは大幅に前倒しされました。
これが定植時の(8月15日)の写真。
0817 023
わずかに花をつけ始めた程度でした。
このときから2カ月で初収穫に至ったのは、麗夏が早生種であるためでしょうか。

全体に鬱蒼としてきたトマト棚。
1024 096

目を凝らすと、多くの実が葉や枝の間に隠れています。
1024 044
このペースなら厳冬期入り前にそれなりの収穫が望めそう。

一方、こちらは、猛暑のダメージから立ち直り、このところ、赤丸急上昇中の大玉トマト「サングランデ」。
1024 088

四号機直下に連結した地上トマト用栽培装置で力強く枝葉を伸ばし、大きな花を咲かせています。
1024 094
脇芽が随所から噴出。地上トマトのため脇芽かきは欠かせず、それなりに手間がかかります。

勢いはあるものの、収穫は1カ月以上先のことになりそう。肥大が止まって赤熟に向かう時点を100とした場合の肥大率は先発隊の果房でも、50%程度というところでしょうか。
1024 093

ところで、ベランダ西側のトマト棚上部に進出していた夏植えキュウリ「新北星」は相変わらずコンスタントに実をつけています。
収穫ポイントが広がり、気づきにくい死角で大きくなっていることも。
1024 040

本日、トマト棚上部の様子をiPhoneで撮影してみてびっくり。
1024 111
このあたり一帯のほとんどの葉が、うどん粉病にやられています。
ここまで来ると、アーリーセーフをいくらスプレーしてもリカバリーは難しく、真っ白な葉はバッサリいきました。

爆発的拡大こそないものの、アリによるアブラー牧場も収束せず。そろそろ撤収の潮時かもしれません。

☆関連記事
大玉「麗夏」肥大中…
中秋のトマト棚 キュウリが爆発的生長
トマトの配置転換

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ アーリーセーフ LED装置零号機 ベランゲリオン初号機改 LED 麗夏 ブロッコリー ゴーヤ こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター DFT式 ポンプ 温室 ベランゲリオン四号機改 コロマイト パッションフルーツ 緑のカーテン ハダニ 朝顔 アスパラガス オーバーフロー 秋トマト LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 新北星 巨木トマト トマト エーハイム チェリーメイト 猛暑 ケーヨーデイツー 養液タンク 防根透水シート チューリップ レジナ モレスタン アイリスオーヤマ つくつく ベジタブルライフA ベランゲリオン参号機改 アブラムシ レッドオーレ ロックウール ケンマート 桃太郎 ダニ太郎 うどん粉病 ベタな自動給水装置 ハイポネックス 台風 尻腐れ ハイビスカス ハイポニカ 栽培槽 ヘンルーダ カリ カルシウム リン酸 窒素 花工場 タカノツメ オオゼキ ケイヨーデイツー オーバーフロー装置 チョコちゃん 三越本店 西洋朝顔 ダイン マイクロナノバブル トマトトーン 断根 タバコガ コーナン レッド・オーレ 結束バンド アブラー 就眠運動 太陽光反射パネル イオウフロアブル プランター アルミニウム 養液 捻枝 カダンセーフ ペットボトル 噴霧器 水耕栽培装置 DFT チェリーメート LED装置零号機 F1 NFT 白ゴーヤ 「フルーツルビーEX ミリオン 珪酸カルシウム 唐辛子焼酎 LED装置初号機 室外機 こくうま赤のミニトマト 就眠活動 アゲハチョウ プチプチ インパチェンス エキナセア 栽培層 ワイヤー棚 ホップ 高リコピントマト べランゲリオン弐号機 べランゲリオン初号機改 越冬計画 クエン酸回路 熱帯魚用ヒーター アロイトマト インシュロック トマト棚 ヒーター 鉄分 マグネシウム 完熟王 「ベランゲリオン四号機改 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。