べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑のカーテン2016完成に近づく

今年も1階の土耕プランターから2階の窓に向けてグリーンカーテンを育てています。
4月中旬に定植し、ここへ来てようやく2階の窓に到達。カーテンらしくなってきました。
160807 019

植えているのは、3種のパッションフルーツ、3種のゴーヤ、そして西洋朝顔。

グリーンカーテンの主力であるゴーヤは苦味の少ない白ゴーヤ
160418 004

沖縄特産?の島サンゴ…
160418 006

そして細長いチャンプルゴーヤ
160418 008

受粉してくれるハチや蝶があまり飛来しなかったためか、実の数は多くありません。それでも、今月に入りぼちぼち収穫できるようになってきました。

グリーンカーテンともなれば、手の届かない高さにも実をつけます。
160807 017

それを収穫するには…

こういうツールが必要になります。
160807 027
1.8メートルの高枝切り鋏。ホムセンで消費税込み約1800円。
鋏を入れる左右を間違えずに、すばやく切断するとキャッチ部分が実を枝ごと挟んで、落とさずに収穫できます。

本日は島サンゴとチャンプルゴーヤを1本ずつ収穫。
160807 021


西洋朝顔は、新たに播種したものではなく、去年のこぼれ種。昨シーズンのグリーンカーテンから無数に種がこぼれたので、春先以降、小石を敷いた地面をはじめ、ところかまわず芽を出します。このうち、プランターから発芽したのが2~3本生長し、ゴーヤをしのぐ大きさの葉を茂らせつつあります。

グリーンカーテンは、直射日光を遮るだけでなく、吸い上げた水を葉から蒸散することで周辺の気温を下げる効果があります。
しかし、それには水遣りを頻繁に行う必要があります。
容量の小さいプランター栽培ともなればなおさら。夏場は1日に朝晩2回の水遣りでも十分とはいえません。

そこで、グリーンカーテンの水遣りも自動化することにしました。

1日に最大4回の水遣り設定が可能なタイマー。
160807 032

各プランターに点滴のように水を供給する極細ホース。
160807 033

水不足で給水制限が行われたりする可能性がないとはいえないものの、何日か家を空けても水切れでグリーンカーテンを枯らせてしまう心配は大幅に軽減できます。

一方、こちらは3階ベランダトマト棚。
160807 003
30度を超える高い気温の日は、100リットルの養液タンクの養液が一日で半減していましたが、ベタな自動給水装置が順調に稼動してくれているため、とても楽チンです。
今のところ、高温が続く日に気をつけなければならないトマトサビダニのアウトブレイクもありません。
心配なのは、高温障害。
160807 008

暑い日に直射日光をまともに受けた実は、さわってみると、まるでゆであげたような温度。
これは本日朝方の涼しいうちに収穫したぜいたくトマト
160807 014
見た感じ、赤というよりオレンジがかった色をしています。
こんな暑さの日が続くと、株全体が弱り、病害虫により致命的な打撃を受けかねません。
トマトにとって最も過酷な8月。無事に乗り切れるかどうか…


☆関連記事
ベタな自動給水装置(3)
パッションが屋外越冬 & 新しい仲間
朝顔のカーテンほぼ完成

★ブログランキングに参加しています


スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

ベタな自動給水装置(2)

随所に木漏れ日や青空が顔をのぞかせる3階ベランダトマト棚。
160725 012
いい感じの眺めです。

東京はなかなか梅雨が明けません。
その方が、トマトサビダニも発生しにくくなるし…と油断していたら、複数の箇所が一斉にサビ色に。
昨日、茶色の葉を中心に、中くらいのビニール袋1袋分の葉かきをして、夜の帳が下りる頃、今シーズン最初のコロマイト砲を斉射しました。

このところの収穫は一日5~6個のペースを保っています。
160725 004

中央がデルモンテの「ぜいたくトマト」、残りはサントリーの「こいあじ」。
こいあじは枝の先の方についた実がやや小ぶりになってきている印象です。

これはサンドイッチ状態の小さな実。
160725 024
このまま生長したら楕円形に?

東側から見たトマト棚。
160725 022



さて、「ベタな自動給水装置」はどうなってるのかというと。

着々と製作が進み…
160725 044
何とか稼動のめどがつきました。

製作記は後日。

☆関連記事
ベタな自動給水装置(1)
簡易給水機を設置へ
苦節1カ月 養液環状線開通

★ブログランキングに参加しています





テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

簡易給水機を設置へ

3階ベランダトマト棚ではかなりの数の実が肥大中です。
160710 021


ここへ来て自動給水装置設置が急務となりました。
8月に1週間ほど予定している海外旅行が目前に迫ってきたためです。

先日の猛暑日には、100リットルのタンク内の養液がほぼ1日で半減。自動給水機なしでは、2日ともちません。

一般的なのは、水洗トイレのロータンク用のボールタップを養液タンクにとりつける方法。
ただ、現在、運用中のタンクへの取り付けは、工作できる場所に移動するだけでも大変。とりあえず簡易的な方法を探りました。
大型のボールタップではなく、コンパクトな装置はないかとネット検索したところ、うってつけのガジェットが。
160710 022

タカギさんの「バスピッターL B023LG」

水面が下がると、そこそこの重さの浮きが垂れ下がって水道の水路が開き、水面が上昇すると、浮きの重さがなくなるため遮断されるという、ボールタップと同じ原理。特筆すべきは、そのコンパクトなつくり。通常のボールタップはサイズの大きさだけでなく、横方向に動くため設置面積がかさばる上、養液タンクの壁面にきっちり固定する必要があります。これに対し、この製品は垂直方向に動作するため、うまくいけば、養液タンクの外に固定して浮き部分だけをタンク内にぶら下げることも可能。タンクへの穴あけなどの工作をしなくても設置できるかもしれません。

ベランダに引き回してあるスリムホースとの接続や外部への固定さえうまくいけば何とかなりそう。来週以降、ホームセンターで適合部品を物色する計画です。


このアイテムは止水機能しかないことが判明したため、現在、別のオプションを準備中です。

本日はトマト棚西側に定植したデルモンテ「ぜいたくトマト」を初収穫しました。
160710 014

東側のサントリー「こいあじ」も2個収穫。先行したこいあじに大きく後れを取っていましたが、ようやく軽量級大玉トマト対決が実現する運びとなりました。
160710 016
左2個がぜいたくトマト、右がこいあじ
レビューはまた後日。

160710 003
目下の悩みは、梅雨も明けていないというのに、トマト棚の一部に出現した天敵のサビー。アーリーセーフのメガシャワー作戦でアウトブレイクを阻止することにしています。

☆関連記事
神速初収穫! こいあじインプレッション
D社対S社 今季は軽量級大玉トマト空中戦
2016空中トマト発進!

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

中秋のトマト棚 キュウリが爆発的生長
あすは旧暦の8月15日、中秋だそうです。
例年なら9月は残暑の日が多いのに、今年はすっかり晩秋の気候が続きこのまま10月になだれ込もうとしています。

この冷涼な環境の中、3階ベランダ・トマト棚の空中トマトは、トマトサビダニの被害に遭わずに済んでいる半面、成長は超スローペース。
これは9月12日のトマト棚東側の空中トマト麗夏」(トマト棚の上部分)と地上トマト「つくつく房枝」(トマト棚の下部分)。
0926 015

こちらは本日26日。
0926 063
2週間もたつというのに、変化といえば着果した果房の実が生長しているのが見て取れる程度。
夏場の高度成長期との違いは歴然としています。
麗夏の実は、日照不足の中で1房に2~3個くらいが肥大を続けています。
0926 051

しかし、最近の気候は大誤算。
もともと8月に行った今回の夏秋トマトの定植は、12月の収穫開始に向けぎりぎりのタイミング。10月以降は日照、気温が徐々に弱まるものの、夏の余韻が続く9月の躍進を織り込んだ3カ月収穫計画でありました。
このままでは、実が赤熟する前に厳冬シーズンに突入する可能性が濃厚。

こちらはトマト棚西側。
0926 070
夏植えキュウリ「新北星」とミニトマト「チェリーメート」が乏しい日照の争奪バトルを繰り広げています。

ミニトマトの分が悪いのは明らか。何しろ、新北星の葉は直径30センチ以上と、団扇並みの大きさなのです。
0926 067

その葉陰で逼塞するチェリーメートの果房。
0926 029

それにしても、新北星は日照不足をものともせずに、よく葉を茂らせ、実をつけます。
0926 001
液肥はEC(導電率)2.0が3日ほどで1.0に下がってしまいました。
トマトは勢いが弱いため、爆食いしているのは主に新北星の方だと思われます。

新北星は雨続きの中、うどん粉病が出ていましたが、トマトサビダニ用にストックしている「モレスタン」(もともと、この薬はうどん粉病への効能の方を強くアピールしています)を撒布したところ、一発で効きました。
また、アリが黒いアブラーをしつこく放牧しています。
ある日、ニホシテントウが新北星の葉に着陸し、驚くほどのすばやさでアブラーに襲い掛かろうとしたものの、2匹のアリに撃退され、あっさり去っていきました。
この翌日、スズメが飛来。気取られぬよう観察していると、新北斗の葉の裏をしきりについばみ始めました。ネットで調べると、アブラーを食べることがあるそうです。
しかし、スズメはたいした役には立ちません。休日にデンプン由来の気門閉塞系「アーリーセーフ」を一日に2度ほど撒布すると、8~9割は駆除できました。それでも、翌日はまたアリが放牧。根気比べです。

新北斗はここへ来て、東側の麗夏の縄張りに侵入する構えを見せています。
0926 060


☆関連記事
トマトの配置転換
つくつく復活の兆し
空中トマト・リターンズ

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

つくつくも熱波で危篤
先週、一週間にわたり東京を襲った熱波は3階ベランダ・トマト棚で孤軍奮闘していた中玉トマト「つくつく房枝」をも蝕み、瀕死の状態に陥れました。
0809 019

葉はからから。空中トマト用タワー型栽培装置「ベランゲリオン四号機」の直下に連結している栽培装置「ベランゲリオン弐号機」の中に伸びた根も高温のため褐色に。
0809 017

先週金曜日は都心で37.7度を記録。その時間はオフィスにいましたが、ベランダの気温は気象庁の観測気温プラス5度程度なので、おそらく42~43度に達していたと思われます。

ただ、つくつくは完全にお亡くなりになったわけでもありません。
ベランダの床からの照り返しによる熱の被害が比較的穏やかな上方の枝葉には、 毛茸(もうじ)も見え、なお生体機能は維持しているようにもみえます。
0809 022
猛暑が一段落すれば持ち直す可能性も。
このため、枯れ上がった枝と実を整理して様子を見ることにしました。

撤収した実。
0809 026
半分以上は廃棄。

お亡くなりになった超大玉「ブランディワイン」の装置に定植していた「サングランデ」も瀕死の容態となり、現在1階の土耕環境で養生中。土日は暑さが和らいだものの、週明けには熱波が再来するとの予報。当面は逼塞しているほかはありません。
猛暑が去った暁には、ひそかに入手したトマト苗で再起を図る計画です。


☆関連記事
超大玉、壮烈な最期
梅雨明け即44度!! 灼熱のベランダ
気温37度…ベランダの高温対策

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 フルーツルビーEX 藤棚 つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ホーマック ベランゲリオン零号機 ベランゲリオン参号機 サングランデ アーリーセーフ LED ベランゲリオン初号機改 LED装置零号機 キュウリ 麗夏 ゴーヤ ブロッコリー ビタミンエース こいあじ ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター ベランゲリオン四号機改 ポンプ 温室 DFT式 コロマイト 緑のカーテン パッションフルーツ 朝顔 オーバーフロー ハダニ アスパラガス LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 秋トマト エーハイム 新北星 巨木トマト トマト チェリーメイト ケーヨーデイツー 猛暑 養液タンク ロックウール チューリップ アイリスオーヤマ 防根透水シート アブラムシ レジナ モレスタン ベランゲリオン参号機改 ベジタブルライフA レッドオーレ つくつく ベタな自動給水装置 ダニ太郎 ケンマート 桃太郎 うどん粉病 ハイポネックス 尻腐れ 台風 タカノツメ カリ 窒素 ハイポニカ 栽培槽 リン酸 ハイビスカス 花工場 カルシウム ヘンルーダ オオゼキ タバコガ 三越本店 トマトトーン コーナン チョコちゃん オーバーフロー装置 西洋朝顔 レッド・オーレ ケイヨーデイツー ダイン アブラー 断根 マイクロナノバブル 結束バンド 水耕栽培装置 カダンセーフ アルミニウム チェリーメート 捻枝 養液 「ベランゲリオン四号機改 「フルーツルビーEX F1 噴霧器 イオウフロアブル プランター 室外機 ペットボトル 唐辛子焼酎 白ゴーヤ ミリオン DFT NFT 珪酸カルシウム トマト棚 インパチェンス 就眠運動 就眠活動 栽培層 ワイヤー棚 アゲハチョウ ヒーター 完熟王 LED装置初号機 太陽光反射パネル 越冬計画 ホップ 高リコピントマト マグネシウム LED装置零号機 インシュロック クエン酸回路 鉄分 べランゲリオン初号機改 エキナセア こくうま赤のミニトマト プチプチ べランゲリオン弐号機 熱帯魚用ヒーター 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。