べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013回顧 映像・台風で揺れるトマト棚
今年も残すところあと2日。2年目となった水耕栽培の一年を振り返ります。
ベランダ3階のトマトに幾多のトラブルが襲い掛かかった一年。
トマトたちは何とか年末まで生きながらえています。

1.トマト苗が増殖(3~4月)
昨シーズンは苗からのスタートでしたが、今年は実生に初挑戦。
三越本店さんでロシア原産大玉の黒トマト種「ノワール・ラッセ」とフランス原産大玉トマト「マルマンドVF」を購入し、苗作りに挑みました。
IMG_0418_20131229140901fbc.jpg
ところが、寒さのせいか、培地のせいか、苗を何度も枯らせてしまう失敗の連続。
ロックウールの培地で育てた幼苗がようやく3月に入り成長し始めました。
一方、シーズンを迎えたホームセンターで珍しい苗を大人買い。
IMG_0832.jpg
ベランダは十数株の苗で溢れかえりました。

2.大量栽培計画を始動(3~5月)
当然の帰結ながら増えた苗の栽培環境の整備に追われることに。
ゴールデンウイークにかけ空中トマト用のタワー型栽培装置「ベランゲリオン四号機」やIMG_0930_20131229142639aeb.jpg
地上に設置する簡易急造型の「ベランゲリオン弐号機」を量産。

ベランダの東部分から西側に養液を循環させる供給路も構築し、全面展開する準備を整えました。
養液の大量消費も予想され、初めて大塚ハウスの元袋を購入。
IMG_0523.jpg

真夏の水奴隷からの解放を目指し、1階の水道栓から3階まで水を供給するためのインフラも整備しました。

3.ベランダがジャングル化(5~7月)
トマトが想定以上に生長し、収拾がつかなくなりました。
IMG_1281_201312291437452fe.jpg
過密状態を解消するため成長していたトマトの引越しを断行。
トマトのジャングルにはテレビの取材も。
しばらくは大量収穫が続きました。
IMG_0531.jpg


4.相次ぐトラブル(6月~10月)
しかし、好事魔多し。トマトを思いがけないトラブルの数々が襲います。
野生の勘に頼っていた養液調整が失敗し、なんと養液タンクの中のEC(導電率)が20に到達。
枯れはしなかったものの、大玉トマトの実の9割以上が尻腐れになりました。
IMG_0361.jpg
さらに、鳥がベランダに襲来して残り少ないトマトをつつきました(涙)。
これに加え、猛暑でトマトサビダニが再三にわたり猛威をふるい、一時は絶滅の危機に。
なんとか命脈を保ったものの、立ち直りかけたトマトたちを今度は大型台風が直撃し大打撃を受けました。
これは台風26号で震えるトマト棚の様子です。
[広告] VPS

前日までトマト棚は鬱蒼としていましたが、この映像を撮影した時は、すでにすかすかになっています。
トマト棚の支柱に固定していなかった枝は吹き飛ばされて千切れたり屋根の影に押しのけられたりしたためです。
ちなみに左右を行ったり来たりしているのは、吊り下げタイプの虫除けですw

5.初の冬トマト(11~12月)
こうした幾多の試練を乗り越え、今シーズン、未だにトマトたちは枯れずにいます。(写真は12月28日時点)
IMG_2681.jpg
熱帯魚用ヒーターで養液温度を維持している効果でしょうか。
一体いつまで生き延びられるのか。
まかりまちがって越冬に成功したりすれば、来シーズンは4~5月あたりからの収穫も期待できます。
まあ、それは無理として、トマトの生命力の限界を見届けたいと思います。
IMG_2669.jpg

☆関連記事
2012回顧 ほろにが水耕デビュー
おフランスの冷やしトマト
おロシヤの冷やしトマト

★ブログランキングに参加しています






スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

しぶとく生きてるトマトたち
3階ベランダのトマト棚は先週までの猛暑で惨憺たる状態。
茶色く変色した葉の中に緑の葉を捜すのが困難なほどです。
IMG_1108_20130908171044e9e.jpg

猛暑が一段落した日曜日、雨模様の中、枯れた枝葉の整理を行いました。
これは空中トマト4号。
IMG_1105_201309081715572c8.jpg
3号とともに切り戻しによる再生を目指していましたが、枝葉を一気に整理したためか回復の気配はありません。

比較的元気だった黒トマト「ノワール・ラッセ」もお亡くなりになったようです。合掌。
IMG_1107.jpg

こんな中で、黒トマトと同じ5段甲板の水耕栽培装置「ベランゲリオン初号機改」で育てているデルモンテの中玉トマト2株はなお新しい枝葉を伸ばしています。
IMG_1111_20130908171837032.jpg
右が「ビタミンエース」、左が「フルーツルビーEX」。フルーツルビーEXの方は葉が黄変しているものの、気温がこのまま安定すれば復活の可能性があります。

そしてこれも復活しつつある空中トマト1号(品種は「マルマンドVF」)。
IMG_1112.jpg
上部の「ベランゲリオン四号機」から下方に枝を垂らしたままベランダ外側に向けて元気な枝葉を展開し始めていました。他の空中トマトが相次いで猛暑の前に討ち死にするなか、なぜこの1株だけが元気なのか、驚きです。

そして、シーズン終了間際のホームセンターのバーゲンセールで手に入れた「ホーム桃太郎」4株のうち2株。

IMG_1120_20130908172520ddc.jpg
ベランダの西側で、辛くも生き延びました。よく見ると、枝が上部に伸びて数十センチ上にも枝葉を展開しています。全景はこんな感じ。
IMG_1121.jpg

最初から1本仕立てで売られていましたが、こんな奇妙な形になったのは、定植後にトマトサビダニにやられ、中段辺りの枝葉はすべて枯れてしまったからです。これから晩秋にかけて、この位置は影になってしまうので、この桃太郎2株は空中トマトにする方向です。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
猛暑に白旗
猛暑再来で壊滅的被害
トマト群が復活!






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

新芽が続々 5段甲板の底力?
このところ連日40度超えの灼熱空間、3階ベランダではトマトサビダニがしぶとく生きながらえています。
これは西側の空中トマト
IMG_0953.jpg
大被害を受け撤収した地上トマトほどではないにせよ、かなりの数のサビダニがまとわりついているようです。これまでに、防除剤の「コロマイト乳剤」を2回、「ダニ太郎」を1回散布したにもかかわらず、殲滅できませんでした。

この2つは使用上限に達しているため新たに「モレスタン水和剤」を購入しました。
効能書きにはトマトサビダニに有効と書かれているものの、パッケージにうたわれているのは「庭木・花のうどんこ病に」という文句。これまでに商品棚に陳列してあるのを何度かみかけましたが、サビダニに効くとは思わず、スルーしていました。使用上限が5回であることからも、効果がこれまでの2つに比べマイルドであることがうかがえます。
IMG_0947.jpg
今回、初めて「展着剤」なるものを使いました。住友化学園芸さんの「ダイン」。防除剤にこれを添加することで粘度が上がり、散布場所に一定時間とどまるため効果が数倍に高まるそうです。

これまで展着剤の存在を知りませんでした。コロマイトなどに添加して散布していれば、あるいは早い段階でサビダニを殲滅できていたかもしれません。約1リットル分を散布し、しばらく様子を見ることにします。

猛暑が続いているにもかかわらずトマト群は比較的元気で、当面の脅威であるサビダニさえ殲滅できれば、秋まで寿命をまっとうできそうな気がしています。

これはベランダ東側に設置している自作水耕栽培装置「ベランゲリオン初号機改」に定植しているデルモンテ製中玉トマト「ビタミンエース」の実。
IMG_0954_20130815125203249.jpg
装置から3メートル以上も枝を伸ばし、トマト棚の中央にまで進出。さらにこの株の根元付近にも新たな脇芽が出て花を咲かせています。
IMG_0959_20130815125308322.jpg
どこかのサイトで、「暑さには弱い」と読んだ記憶があるので、この生命力の強さはちょっと意外です。

同じ装置のロシア原産黒トマト「ノワール・ラッセ」も、先月、豪雨・突風で折れた枝の根元から次々に新芽を吹き出しています。
IMG_0956.jpg
5段甲板を備え、根が伸びるスペースが広い初号機改が、底力を発揮しているようです。

こちらは枝垂れトマト化した東側の空中トマトマルマンドVF」。
IMG_0946_20130815125709496.jpg
枝の先についていた2つの果房の実はすべて収穫していましたが、垂れ下がった枝の最下部から新芽が…。栄養の送り先である果実がなくなり、行き場を失った栄養分が新芽になったものでしょうか。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
トマトも焼ける?42度の灼熱地獄
サビダニ猛威 地上トマト撤収
豪雨で黒トマト倒壊






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

サビダニ猛威 地上トマト撤収
3階のベランダ西側に設置した自作水耕栽培装置「ベランゲリオン弐号機」の1番機と2番機に植えていたトマト群にトマトサビダニが発生。あっという間に増殖して、撤収のやむなきに至りました。
IMG_0802.jpg

2番機には実生のロシア原産黒トマト「ノワール・ラッセ」、カネコ交配さんの「中玉フルーツトマト・レッドオーレ」、ケーヨーデイツーさんのオリジナルブランド「こくうま赤のミニトマト」の3種が育ち、そこそこの収穫がありました。

これに対し1番機にはノワール・ラッセとサカタのタネさんの大玉トマト「麗夏」を植えていましたが、装置の完成が遅れて定植タイミングを逃したことに加え日照がわるいため、泣かず飛ばずの状態が続いていました。
麗夏の第1果房がほとんど鳥害で全滅したこともあり、収穫はわずか1個でした。

そこそこの大きさの青い実もついています。
IMG_0808.jpg
しかし周囲の茎葉がほとんど枯れ、あきらめるほか、ありません。残念。

2番機の「NFT式(薄膜水耕)」ベッド1段目の様子。根が褐色になっていました。
IMG_0817.jpg

西側上部の空中トマト(マルマンド)にもサビダニがいますが、こちらは比較的軽症でした。
IMG_0823_20130806150653160.jpg
東側のトマト群はどうなっているのか。
トマト棚の上を覗くと…
IMG_0793.jpg
想像以上の被害でした。

被害を受けた枝葉はすべて廃棄。45リットルゴミ袋2袋分にもなりました。
その上でホームセンターに走り、住友化学園芸さんの「ダニ太郎」を購入。
IMG_0812.jpg
コロマイトを使いたかったのですが、実はすでにコロマイトの使用回数が上限の2回に達しているため、別の製品を使うしかないのです。ダニ太郎は上限1回の一発勝負。入念に散布しました。

散布に先駆け、赤い実はすべて収穫。
IMG_0818.jpg

東側地上部のトマト群は比較的元気です。
西側のノワール・ラッセ2株を撤収したことで最後の1株になった東側のノワール・ラッセ
先日の豪雨、突風で地上部が半分になっていましたが、根からの栄養が有り余っているためか、あちらこちらから脇芽を出しています。
IMG_0778.jpg

このノワール・ラッセを植えている「ベランゲリオン零号機改」には、いずれもデルモンテさんの中玉トマト「フルーツルビーEX」と「ビタミンエース」が同居していますが、この中玉2株もなお成長が続いています。
根は零号機改の「NFT式(薄膜水耕)」ベッドの3段目にまで到達。やはり養根スペースの広さが成長の鍵を握っているのでしょうか。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
鳥害と生り疲れに新兵器投入へ
豪雨で黒トマト倒壊
売るほど獲れた






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

豪雨で黒トマト倒壊
本日、ベランダに出てみると、鬱蒼としていた東側のトマトのカーテンがやけにすっきりしています。
心なしか、心地よい風までそよぎ…

って、真ん中に穴あいとるやん。
IMG_0703.jpg

自作水耕栽培装置「ベランゲリオン初号機改」で育てているロシア原産黒トマト「ノワール・ラッセ」。
何と、その枝のうち、7~8本が一斉に、トマト棚の反対側(ベランダの外側)に反り返っているではありませんか。
IMG_0686_20130728184615.jpg

手を伸ばして横から撮影。
IMG_0688.jpg
右のベランダから黒トマトの枝が滝のように下方に垂れ下がっている様子です。

実は昨夜、短時間ですが、豪雨がありました。
黒トマトの枝の一部はトマト棚の上で水平放任栽培に移行しているものの、多くは垂直、上方向に枝を伸ばしていました。
それらが、豪雨か、あるいは風でなぎ倒されたもののようです。

水耕装置から伸びた枝は、トマト棚を支えている支柱の枠のところで外側に折れ曲がり、一部の枝は切断されています。

しかし、曲がっているだけで、復旧できそうな枝もありました。
慎重に枝を引き戻しましたが、約半分はポキッと…Orz

折れてベランダから道路に落ちた枝。
IMG_0728.jpg

折れた枝にくっついたままのトマトの実。
IMG_0720.jpg

惨憺たる状態。それでも何とか3~4本はトマト棚の上部に誘引できました。
IMG_0730.jpg

ところで、この黒トマトの地上部の勢力は、ほとんど半減。でも根は元のままです。
こういうケースでは、根が送る栄養が残った枝葉に集中し、生長が加速することになるのでしょうか。

トマト棚の上の空中トマトはいくつも花をつけ、生育状況は一見、順調そう。
IMG_0718.jpg
しかし連日の猛暑で、なかなか着果しません。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
売るほど獲れた
枝垂れトマト
トマトの樹海、お引越しその2







テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 フルーツルビーEX 藤棚 つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ホーマック ベランゲリオン零号機 ベランゲリオン参号機 サングランデ アーリーセーフ LED ベランゲリオン初号機改 LED装置零号機 キュウリ 麗夏 ゴーヤ ブロッコリー ビタミンエース こいあじ ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター ベランゲリオン四号機改 ポンプ 温室 DFT式 コロマイト 緑のカーテン パッションフルーツ 朝顔 オーバーフロー ハダニ アスパラガス LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 秋トマト エーハイム 新北星 巨木トマト トマト チェリーメイト ケーヨーデイツー 猛暑 養液タンク ロックウール チューリップ アイリスオーヤマ 防根透水シート アブラムシ レジナ モレスタン ベランゲリオン参号機改 ベジタブルライフA レッドオーレ つくつく ベタな自動給水装置 ダニ太郎 ケンマート 桃太郎 うどん粉病 ハイポネックス 尻腐れ 台風 タカノツメ カリ 窒素 ハイポニカ 栽培槽 リン酸 ハイビスカス 花工場 カルシウム ヘンルーダ オオゼキ タバコガ 三越本店 トマトトーン コーナン チョコちゃん オーバーフロー装置 西洋朝顔 レッド・オーレ ケイヨーデイツー ダイン アブラー 断根 マイクロナノバブル 結束バンド 水耕栽培装置 カダンセーフ アルミニウム チェリーメート 捻枝 養液 「ベランゲリオン四号機改 「フルーツルビーEX F1 噴霧器 イオウフロアブル プランター 室外機 ペットボトル 唐辛子焼酎 白ゴーヤ ミリオン DFT NFT 珪酸カルシウム トマト棚 インパチェンス 就眠運動 就眠活動 栽培層 ワイヤー棚 アゲハチョウ ヒーター 完熟王 LED装置初号機 太陽光反射パネル 越冬計画 ホップ 高リコピントマト マグネシウム LED装置零号機 インシュロック クエン酸回路 鉄分 べランゲリオン初号機改 エキナセア こくうま赤のミニトマト プチプチ べランゲリオン弐号機 熱帯魚用ヒーター 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。