FC2ブログ
べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
空中トマトの巨木化
枝葉の大きさや果実の数など、すべてが想定を超えたペースで成長を続ける空中トマト
IMG_1277.jpg
花が咲きまくってますw。うーむ。こんなに生命力旺盛で果たして根っこは水耕栽培装置にきちんと収まっているのかと不安に。

実は、空中トマトを定植した自作水耕装置「ベランゲリオン四号機」には、これ以上根が伸びないようにするという終端ポイントを作っていませんでした。というのも、四号機製作に当たり、どれほどの内径が必要かと考えたとき、昨秋、ほとんど泣かず飛ばずだった初代空中トマト(秋トマト)の根の伸び方を想定のベースにしていたからです。

初代空中トマト用自作装置「ベランゲリオン零号機」の本体は当初、洗濯機用の排水ホースで製作。さすがにこれは内径が小さすぎ根詰まりを起こしました(そのときの様子)。
IMG_0570.jpg

このため、エアコン用ダクトでブロードバンド化(内径を拡大)した「ベランゲリオン零号機改」に移し替えました。それでも初代空中トマトは元気がなく、その内径でも装置の容積には十分な余裕があったのです(写真は昨年9月)。
IMG_0591.jpg

そして今シーズン、2リットルペットボトルで本体を作った空中トマト用自作装置「ベランゲリオン四号機」は容積にして10リットル弱と、零号機改の2倍以上を確保しました。よもや根詰まりを起こすことはあるまいと高をくくっていたのです。

しかし、四号機の空中トマトの急成長が、このまま続くとハイポニカの巨木トマト並みに根が増える可能性があります。そうなると、養液の排出パイプが詰まりかねず、とりあえず、四号機本体部分に終端機構を取り付けることにしました。

機構といえば大げさですが、要は防根透水シートで作った三角形のフィルター。四号機の最下層に固定し、それより下に根が伸びないようにします。
IMG_1300.jpg

さて、実際に四号機2番機のカバーをはずしてみると…
IMG_1298.jpg

なんと空中トマトの根は、四号機2番機の本体最下部にまで延びています。その中の異様に長い1本の根は1メートル以上の長さに達し、あろうことか、すでに下部の「ベランゲリオン参号機改」に養液を送る排水パイプ内にまで侵入しているではありませんか。恐るべき生命力。

ここに至り、新たな構想が…。この根を広いスペースに誘導し、思う存分に成長させれば、掛け値なしの巨木トマトができるのではないか。
(続く)

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
ベランダが樹海状態に
2013空中トマト発進!
空中トマト発進!






スポンサーサイト




テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

ベランゲリオン初号機(4) 第一次改装
初号機はその後、順調に稼動を続けましたが、誕生時から、いくつか不安を抱えていました。
大きく分けると
①(一部機種を除く)市販の水耕栽培装置と違い、養液貯水槽と栽培槽を一体構造にしている
②植物の根が成長したときに「NFT式(薄膜水耕)」ベッドの重みを支えきれなくなる
③3種類の苗を一つの栽培槽で育てている
-の3点です。

①についていえば、植物の根が成長し、栽培槽の「DFT式(湛液型)」部分に広がった場合、ポンプに根が吸い込まれて養液の流れが止まってしまう心配がありました。ポンプを根の侵入できない布で覆う選択肢もありますが、ポンプのカバー全体を根が覆ってしまえば同じです。上部のNFT式ベッドから根が下のDFT式槽に伸びてきた時点で、何らかの対応を迫られることは最初から分かっていたのです。
②についても、いずれ対処しようと考え、改装に向けたアイデアや素材探しを続けていました。

そして、6月下旬には、とうとう大規模な改装が必要なタイミングがやってきました。栽培槽内の根が急速に発達しベッドで重みを支えきれなくなったからです。

このときまでにまとめた改装プランがこれ。ベランゲリオン初号機の現在の姿です。
ベランゲリオン初号機断面図
巨木トマトに必要とされるのが、大容量の根の成長スペースの確保。しかも、単に水槽を大きくすれば良いわけではなく、養液の流れを確保する必要があることは、これまで見てきた通りです。

これらの要請を満たすべく、NFT式ベッドを2層構造にするとともに、3段目にDFT式ケースを設置することで、広い根の成長スペースを確保しました。この点こそが、ベランゲリオン初号機の最大の特徴といえるでしょう。根の成長スペースに比べて、装置の設置面積(建坪ベース)を極めて小さく抑えられるのです。
例えば、巨木トマトは縦3メートル×横1メートルと3平方メートルもの面積が必要(逆に深さはたった10センチ)で一般家庭で大きな面積を確保するのは至難の業です。しかしベランゲリオン初号機の構造なら、理論的には、ベッドを何層も構築できるため、ベランダのような狭い空間でも巨木トマト並みの根の成長スペースを確保できるはずです。

さらに、根のほとんどが空気に触れているため、潤沢に酸素を供給でき、成長の支援や根腐れ病予防に有効です。
また、この構造はDFT式ケースの養液排出をオーバーフロー方式とすることで、根が成長しても直接、ポンプに届くことを阻止できるという利点もありました。

これは以前、ハイポニカの協和さんの幹部の方に直接うかがった話ですが、オーバーフロー方式の場合、一本の根がオーバーフローのパイプの中に巻き込まれてしまうと、直径1センチほどの太さに肥大して養液の流れをせき止めてしまうことすらあり、複数の層を重ねて根の育成スペースを確保するのは難しいそうです。
その点、この構造のように、ベッドの距離を近づけて自然に根が下に伸びる環境を整えてやれば、可能性は無限に広がるのではないかと考えています。

☆関連記事
ベランゲリオン初号機(3) 建造開始その2
ベランゲリオン初号機(2) 建造開始
ベランゲリオン初号機(1)

★ブログランキングに参加しています






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ LED アーリーセーフ ベランゲリオン初号機改 LED装置零号機 麗夏 ゴーヤ ブロッコリー こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス ポンプ 温室 DFT式 ベランゲリオン四号機改 セラミックファンヒーター 緑のカーテン パッションフルーツ コロマイト オーバーフロー 朝顔 アスパラガス ハダニ 秋トマト ベランゲリオン零号機改 LED装置初号機 トマト 巨木トマト 新北星 エーハイム 猛暑 養液タンク チェリーメイト ケーヨーデイツー つくつく チューリップ アブラムシ ベジタブルライフA ロックウール アイリスオーヤマ モレスタン 防根透水シート ベランゲリオン参号機改 レッドオーレ レジナ 台風 ケンマート ハイポネックス うどん粉病 ベタな自動給水装置 尻腐れ 桃太郎 ダニ太郎 タカノツメ ヘンルーダ ハイビスカス 結束バンド 花工場 アブラー 窒素 栽培槽 ハイポニカ オオゼキ カリ カルシウム リン酸 タバコガ ダイン 断根 コーナン マイクロナノバブル 西洋朝顔 トマトトーン チョコちゃん 三越本店 オーバーフロー装置 ケイヨーデイツー レッド・オーレ 完熟王 越冬計画 ヒーター LED装置零号機 就眠運動 アゲハチョウ 高リコピントマト ホップ 就眠活動 太陽光反射パネル LED装置初号機 室外機 プランター ペットボトル 水耕栽培装置 エキナセア アルミニウム 養液 栽培層 ワイヤー棚 鉄分 マグネシウム インパチェンス ミリオン 唐辛子焼酎 珪酸カルシウム イオウフロアブル 噴霧器 白ゴーヤ NFT アロイトマト F1 チェリーメート DFT カダンセーフ 捻枝 トマト棚 べランゲリオン初号機改 べランゲリオン弐号機 プチプチ インシュロック クエン酸回路 「フルーツルビーEX 「ベランゲリオン四号機改 熱帯魚用ヒーター こくうま赤のミニトマト 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者