べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマト棚が再びジャングルに
これはびっくり。10月というのに、3階ベランダのトマト棚は、まるで初夏の頃のようなにぎわい。
IMG_1408_2013100901363743a.jpg
風が吹くと、わさわさっと音がしてトマト棚が揺れるような気がします。
火曜日はついに、養液タンクの減少量が初夏並みの30リットルに達しました。

中でも、初代空中トマト2号(仏原産マルマンド)が倒れた後に定植した2代目空中トマト2号(ホーム桃太郎)の成長ペースは、この時期としては尋常ではありません。
IMG_1416.jpg
支柱のない道路側に太い枝を伸ばしています。太すぎて誘引したら折れそう。このまま伸びたらどうなってしまうのか。

こちらは、2代目の空中トマト2号と同時に地上の水耕栽培装置「ベランゲリオン参号機改」に定植したホーム桃太郎の花穂。
IMG_1391.jpg
着々と実をつけています。
ここで素朴な疑問が…。

これはありし日の初代空中トマト2号の6月1日時点の様子。
IMG_1273_20131009014716d8e.jpg
定植してからの日数はほぼ同じだと思われますが、2代目空中トマト2号の現状はこれをはるかに凌駕しています。

もとから元気な苗であったのなら成長が早いのもうなずけます。
しかし、2代目空中トマト2号は、家庭菜園シーズン最後の投げ売りで購入したものでした。
これが購入後数日を経て水耕栽培装置に定植。やや元気が出てきた時の様子。
IMG_1063.jpg
長く伸びた枝の中段に葉がまったくついていないといういびつな苗でした。写真に写っている赤いのは、熟した実。大玉品種にもかかわらず、ピンポン玉より小さく、いかにひ弱な苗だったかが分かります。

しかも、前回のエントリーで報じた養液切れ事故で瀕死の状態でした。
それが、なぜこんなにも元気になったのか。

猛暑などの環境面の変化は別にして、設備面での変化は以下の2つ。
①養液の流量増加(養液切れ事故を機に、以前のポンプ1台で4つの栽培槽に供給する体制からポンプ2台に増強した)
②プクプクによる溶液中の酸素量増加(春夏トマトは酸素量十分とみなしエアレーションは行っていなかった)
来シーズンからはたとえ無駄でも、養液と酸素の大量供給を実践しようと思います。

それにしても、いったん勢いが止まった苗は、その後、生育が順調に進まないとの先入観は完全に誤りであることを思い知りました。水耕栽培は、本当に奥が深い…

さて、地上部がこれだけ旺盛に育っていれば、気になるのは、地下(栽培槽内部)部分。
果たして、枝葉と同様に、わさわさになっているのでありましょうか。

地上桃太郎を定植しているベランゲリオン参号機改の内部は…
IMG_1402.jpg
太っ。通常の細い根の中で、枝のように太い根が数本発達していました。春夏トマトでは見たことがないような根。すでに4段甲板を装備した参号機改の2段目の甲板に根を展張させています。

そして、元気パワーは空中トマト1号(初代、品種はマルマンド)にまで…
IMG_1400.jpg
空中トマトが元気になると、お約束のようにベランゲリオン四号機で発生する暴走。
下部のベランゲリオン初号機改に養液を送るためのホースに根が展張して養液が逆流したのです。
写真上部に映っている太い部分がペットボトルで作った栽培槽内で育った根。その下の細い部分が、養液を送るためのホース内部で育った根です。根の長さは1.5メートルを超えています。

とりあえず、緊急避難的な工事で養液の循環路を確保しました。
IMG_1403.jpg
晩秋にかけてこの根はさらに伸びそう。どうなることやら…

☆関連記事
空中トマト危機一髪
トマトの花畑
蘇ったトマト棚

★ブログランキングに参加しています






スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

蘇ったトマト棚
今夏の猛暑の中、トマトサビダニの猛攻にさらされ、茶色く変色していた3階ベランダのトマト棚上のトマト群。気温の低下とともに何とか緑色の景色を取り戻しました。
IMG_1142.jpg

切り戻しで復活に期待をかけていた西側の空中トマト3号、4号は、その後も新芽が出ず。再生は断念。
IMG_1155.jpg

一方で西側の地上部(トマト棚の下部分)には、ホームセンターなどで春夏家庭菜園向けのシーズン終了間際に4株購入した「ホーム桃太郎」4株のうちの2株を植えていましたが、このスペースはこれから晩秋にかけてほとんど陽光が当たらなくなるため、東側に移動。これにより、ホースと塩ビパイプで東側から養液を循環させていたベランダ西側の苗は、すべて撤収となりました。

東側に移植した1株は空中トマト用自作水耕栽培装置「ベランゲリオン四号機改」(大容量型)に定植。
IMG_1141.jpg

もう1株はその直下に設置している「ベランゲリオン参号機改」に定植しました。
IMG_1159.jpg

本日時点で定植からほぼ1週間たっていますが、これが予想以上のペースで成長しています。購入時は元気がないとの印象でしたが、さすがに新しい株は根の成長も早いようです。相変わらず、2株とも、最頂部と根元の2カ所に枝葉が茂り、その中間の枝は丸坊主状態。

一方、春夏の空中トマトのうち唯一生き残っている空中トマト1号(品種は仏原産のマルマンドVF)は活発に枝葉を伸ばしています。
IMG_1166.jpg
写真右下の方から手前に向けて展開。トマト棚右半分を覆っています。

その直下にある5段甲板の「ベランゲリオン初号機改」に植えている中玉トマト「ビタミンエース」と「フルーツルビーEX」もトマト棚中央にまで進出し順調に育っています。数週間ほど前は、4~5つの果房に20個前後の実が成っていました(8月31日時点)。
IMG_1067_20130914182150836.jpg

しかし、熟して赤くなった実から次々と消えていき、とうとう1個も収穫しないまま残り2~3個に。
IMG_1162.jpg
鳥に食べられたのなら、ついばまれた痕のある実が残っているはず。丸ごと消えていくので最初は妻が収穫しているのだと思いましたが、さにあらず。カラスが丸ごと口にくわえ、持ち去っていくのでしょうか。

一方で、トマト棚の上では次々と新しい花が咲いています。
IMG_1167.jpg
これはホーム桃太郎の頂部の穂についた花。数こそ多いものの、やや元気がない感じ。このところEC1を切る水準にしていた養液濃度を1.5ほどに上げてみました。また、今年の春夏は、手で花に振動を与えて受粉させていましたが、実着きが心配なため、今季初めてトマトトーンを使いました。

これはトマト棚上部の様子。
IMG_1164.jpg
5月頃のように伸び盛りの枝葉で覆われつつあります。

さて、こんな状況下で、台風18号が刻々と東京に近づいているようです。
今回はトマトの枝葉が強風で打撃を受けないようにするだけでなく、トマト棚の補強も必要になりました。というのも、トマト棚を構成する園芸用支柱を結束していたインシュロックが猛暑の中で次々と破損していたからです。破損したインシュロックはすべて細いタイプ。十字に組み合わせた支柱同士を結束する場合、細い方が柔軟性が高く、固定しやすいのですが、半面、気温の変化や紫外線の影響を受けやすく、今夏は自然にプチッと切れて毎日のようにベランダの床に落ちていました。
IMG_1153.jpg
そこで、補強には耐久性の高い、大き目のインシュロックを使いました。トマトの枝は強風に吹かれても折れないよう、支柱にしっかりと固定しました。何とか、最小限の被害で済みますように…

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
しぶとく生きてるトマトたち
猛暑に白旗
猛暑再来で壊滅的被害




テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

しぶとく生きてるトマトたち
3階ベランダのトマト棚は先週までの猛暑で惨憺たる状態。
茶色く変色した葉の中に緑の葉を捜すのが困難なほどです。
IMG_1108_20130908171044e9e.jpg

猛暑が一段落した日曜日、雨模様の中、枯れた枝葉の整理を行いました。
これは空中トマト4号。
IMG_1105_201309081715572c8.jpg
3号とともに切り戻しによる再生を目指していましたが、枝葉を一気に整理したためか回復の気配はありません。

比較的元気だった黒トマト「ノワール・ラッセ」もお亡くなりになったようです。合掌。
IMG_1107.jpg

こんな中で、黒トマトと同じ5段甲板の水耕栽培装置「ベランゲリオン初号機改」で育てているデルモンテの中玉トマト2株はなお新しい枝葉を伸ばしています。
IMG_1111_20130908171837032.jpg
右が「ビタミンエース」、左が「フルーツルビーEX」。フルーツルビーEXの方は葉が黄変しているものの、気温がこのまま安定すれば復活の可能性があります。

そしてこれも復活しつつある空中トマト1号(品種は「マルマンドVF」)。
IMG_1112.jpg
上部の「ベランゲリオン四号機」から下方に枝を垂らしたままベランダ外側に向けて元気な枝葉を展開し始めていました。他の空中トマトが相次いで猛暑の前に討ち死にするなか、なぜこの1株だけが元気なのか、驚きです。

そして、シーズン終了間際のホームセンターのバーゲンセールで手に入れた「ホーム桃太郎」4株のうち2株。

IMG_1120_20130908172520ddc.jpg
ベランダの西側で、辛くも生き延びました。よく見ると、枝が上部に伸びて数十センチ上にも枝葉を展開しています。全景はこんな感じ。
IMG_1121.jpg

最初から1本仕立てで売られていましたが、こんな奇妙な形になったのは、定植後にトマトサビダニにやられ、中段辺りの枝葉はすべて枯れてしまったからです。これから晩秋にかけて、この位置は影になってしまうので、この桃太郎2株は空中トマトにする方向です。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
猛暑に白旗
猛暑再来で壊滅的被害
トマト群が復活!






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

新芽が続々 5段甲板の底力?
このところ連日40度超えの灼熱空間、3階ベランダではトマトサビダニがしぶとく生きながらえています。
これは西側の空中トマト
IMG_0953.jpg
大被害を受け撤収した地上トマトほどではないにせよ、かなりの数のサビダニがまとわりついているようです。これまでに、防除剤の「コロマイト乳剤」を2回、「ダニ太郎」を1回散布したにもかかわらず、殲滅できませんでした。

この2つは使用上限に達しているため新たに「モレスタン水和剤」を購入しました。
効能書きにはトマトサビダニに有効と書かれているものの、パッケージにうたわれているのは「庭木・花のうどんこ病に」という文句。これまでに商品棚に陳列してあるのを何度かみかけましたが、サビダニに効くとは思わず、スルーしていました。使用上限が5回であることからも、効果がこれまでの2つに比べマイルドであることがうかがえます。
IMG_0947.jpg
今回、初めて「展着剤」なるものを使いました。住友化学園芸さんの「ダイン」。防除剤にこれを添加することで粘度が上がり、散布場所に一定時間とどまるため効果が数倍に高まるそうです。

これまで展着剤の存在を知りませんでした。コロマイトなどに添加して散布していれば、あるいは早い段階でサビダニを殲滅できていたかもしれません。約1リットル分を散布し、しばらく様子を見ることにします。

猛暑が続いているにもかかわらずトマト群は比較的元気で、当面の脅威であるサビダニさえ殲滅できれば、秋まで寿命をまっとうできそうな気がしています。

これはベランダ東側に設置している自作水耕栽培装置「ベランゲリオン初号機改」に定植しているデルモンテ製中玉トマト「ビタミンエース」の実。
IMG_0954_20130815125203249.jpg
装置から3メートル以上も枝を伸ばし、トマト棚の中央にまで進出。さらにこの株の根元付近にも新たな脇芽が出て花を咲かせています。
IMG_0959_20130815125308322.jpg
どこかのサイトで、「暑さには弱い」と読んだ記憶があるので、この生命力の強さはちょっと意外です。

同じ装置のロシア原産黒トマト「ノワール・ラッセ」も、先月、豪雨・突風で折れた枝の根元から次々に新芽を吹き出しています。
IMG_0956.jpg
5段甲板を備え、根が伸びるスペースが広い初号機改が、底力を発揮しているようです。

こちらは枝垂れトマト化した東側の空中トマトマルマンドVF」。
IMG_0946_20130815125709496.jpg
枝の先についていた2つの果房の実はすべて収穫していましたが、垂れ下がった枝の最下部から新芽が…。栄養の送り先である果実がなくなり、行き場を失った栄養分が新芽になったものでしょうか。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
トマトも焼ける?42度の灼熱地獄
サビダニ猛威 地上トマト撤収
豪雨で黒トマト倒壊






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

豪雨で黒トマト倒壊
本日、ベランダに出てみると、鬱蒼としていた東側のトマトのカーテンがやけにすっきりしています。
心なしか、心地よい風までそよぎ…

って、真ん中に穴あいとるやん。
IMG_0703.jpg

自作水耕栽培装置「ベランゲリオン初号機改」で育てているロシア原産黒トマト「ノワール・ラッセ」。
何と、その枝のうち、7~8本が一斉に、トマト棚の反対側(ベランダの外側)に反り返っているではありませんか。
IMG_0686_20130728184615.jpg

手を伸ばして横から撮影。
IMG_0688.jpg
右のベランダから黒トマトの枝が滝のように下方に垂れ下がっている様子です。

実は昨夜、短時間ですが、豪雨がありました。
黒トマトの枝の一部はトマト棚の上で水平放任栽培に移行しているものの、多くは垂直、上方向に枝を伸ばしていました。
それらが、豪雨か、あるいは風でなぎ倒されたもののようです。

水耕装置から伸びた枝は、トマト棚を支えている支柱の枠のところで外側に折れ曲がり、一部の枝は切断されています。

しかし、曲がっているだけで、復旧できそうな枝もありました。
慎重に枝を引き戻しましたが、約半分はポキッと…Orz

折れてベランダから道路に落ちた枝。
IMG_0728.jpg

折れた枝にくっついたままのトマトの実。
IMG_0720.jpg

惨憺たる状態。それでも何とか3~4本はトマト棚の上部に誘引できました。
IMG_0730.jpg

ところで、この黒トマトの地上部の勢力は、ほとんど半減。でも根は元のままです。
こういうケースでは、根が送る栄養が残った枝葉に集中し、生長が加速することになるのでしょうか。

トマト棚の上の空中トマトはいくつも花をつけ、生育状況は一見、順調そう。
IMG_0718.jpg
しかし連日の猛暑で、なかなか着果しません。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
売るほど獲れた
枝垂れトマト
トマトの樹海、お引越しその2







テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 フルーツルビーEX 藤棚 つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ホーマック ベランゲリオン零号機 ベランゲリオン参号機 サングランデ アーリーセーフ LED ベランゲリオン初号機改 LED装置零号機 キュウリ 麗夏 ゴーヤ ブロッコリー ビタミンエース こいあじ ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター ベランゲリオン四号機改 ポンプ 温室 DFT式 コロマイト 緑のカーテン パッションフルーツ 朝顔 オーバーフロー ハダニ アスパラガス LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 秋トマト エーハイム 新北星 巨木トマト トマト チェリーメイト ケーヨーデイツー 猛暑 養液タンク ロックウール チューリップ アイリスオーヤマ 防根透水シート アブラムシ レジナ モレスタン ベランゲリオン参号機改 ベジタブルライフA レッドオーレ つくつく ベタな自動給水装置 ダニ太郎 ケンマート 桃太郎 うどん粉病 ハイポネックス 尻腐れ 台風 タカノツメ カリ 窒素 ハイポニカ 栽培槽 リン酸 ハイビスカス 花工場 カルシウム ヘンルーダ オオゼキ タバコガ 三越本店 トマトトーン コーナン チョコちゃん オーバーフロー装置 西洋朝顔 レッド・オーレ ケイヨーデイツー ダイン アブラー 断根 マイクロナノバブル 結束バンド 水耕栽培装置 カダンセーフ アルミニウム チェリーメート 捻枝 養液 「ベランゲリオン四号機改 「フルーツルビーEX F1 噴霧器 イオウフロアブル プランター 室外機 ペットボトル 唐辛子焼酎 白ゴーヤ ミリオン DFT NFT 珪酸カルシウム トマト棚 インパチェンス 就眠運動 就眠活動 栽培層 ワイヤー棚 アゲハチョウ ヒーター 完熟王 LED装置初号機 太陽光反射パネル 越冬計画 ホップ 高リコピントマト マグネシウム LED装置零号機 インシュロック クエン酸回路 鉄分 べランゲリオン初号機改 エキナセア こくうま赤のミニトマト プチプチ べランゲリオン弐号機 熱帯魚用ヒーター 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。