べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
トマトの配置転換
記録的な雨天曇天続きの中、昨日は東京に久しぶりに青空が顔を見せたのもつかの間、わずかのうちに曇り空に戻りました。
日照不足の影響は明らかで、3階ベランダ・トマト棚のトマトの生長ペースも精彩を欠いています。
東側に定植した麗夏
0905 012
花こそつけているものの、枝は細く、樹勢は良好とはいえません。
写真左の実は西側から枝を伸ばしている中玉「つくつく房枝」のもの。

つくつくは、8月の猛暑による瀕死状態から回復し、ここへきていくつか新しい芽が出ています。
0905 013

この機に、西側の空中トマト用タワー型栽培装置「ベランゲリオン四号機」にセットしてあるつくつくと、東側の地上栽培装置「ベランゲリオン弐号機」にセットしてあるミニトマト「秋どりミニトマト・チェリーメイト」のコンバートを行うことにしました。

というのも、ベランダは秋以降、徐々に屋根の影に入り、やがてトマト棚上部を除いて日照がなくなってしまいます。チェリーメイトは背が低く、日に当てるにはトマト棚での育成が必須。これに対し、つくつくは1メートル以上も伸びた枝の先から葉を出しているため、地上栽培装置に定植しても、トマト棚の上部に葉を展開させることができるのです。

タワー型装置からつくつくを抜いてみると、1メートル以上ある根は猛暑に痛めつけられ褐色に変わっていました。
しかし、気温の低下の中で新たな白い根が伸び始めています。
0905 020

東側にセット。
0905 028
しかし、これはパッと見、枯れ木。撤収せずに、ここまでやる意味があるのか、と思ったりもします。

並んだ麗夏とつくつくの記念撮影。
0905 024

一方、つくつくを定植していた位置にあったチェリーメイトは、西側のタワー型装置に。
0905 034
写真下半分に写っている大きな葉は、夏植えキュウリ「新北星」。

タワー型装置のパイプ部分を遮光するグリーンカーテンの完成です。
0905 029
この目的でパッションフルーツを植えたりしましたが、これがやりたかったのです。
惜しむらくは、猛暑が去ったこの時期、ぜんぜん役に立っていないこと。

それにしても、日照不足をものともしない、新北星の生長力のすごさ。
新北星を定植している「ベランゲリオン弐号機」は上段が「NFT式(薄膜水耕)」、下段が「DFT式(湛液水耕 )」の2段甲板方式ですが、上段の栽培ベッドから下段に伸ばした根が養液の中で広がりまくっています。
0905 031
太い根から酸素を吸収するための細い根が伸び、水面から顔を出しています。水耕栽培業界でいうところのいわゆる「根が活性化している」状態。

ただ、曇天が続いているためか、一部にうどんこ病が発生しているのに加え、少数ながらアブラーもいます。
0905 033
アーリーセーフでケアをしているものの、乗り切れるかどうか。

☆関連記事
つくつく復活の兆し
空中トマト・リターンズ
つくつくも熱波で危篤

★ブログランキングに参加しています


スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

つくつくも熱波で危篤
先週、一週間にわたり東京を襲った熱波は3階ベランダ・トマト棚で孤軍奮闘していた中玉トマト「つくつく房枝」をも蝕み、瀕死の状態に陥れました。
0809 019

葉はからから。空中トマト用タワー型栽培装置「ベランゲリオン四号機」の直下に連結している栽培装置「ベランゲリオン弐号機」の中に伸びた根も高温のため褐色に。
0809 017

先週金曜日は都心で37.7度を記録。その時間はオフィスにいましたが、ベランダの気温は気象庁の観測気温プラス5度程度なので、おそらく42~43度に達していたと思われます。

ただ、つくつくは完全にお亡くなりになったわけでもありません。
ベランダの床からの照り返しによる熱の被害が比較的穏やかな上方の枝葉には、 毛茸(もうじ)も見え、なお生体機能は維持しているようにもみえます。
0809 022
猛暑が一段落すれば持ち直す可能性も。
このため、枯れ上がった枝と実を整理して様子を見ることにしました。

撤収した実。
0809 026
半分以上は廃棄。

お亡くなりになった超大玉「ブランディワイン」の装置に定植していた「サングランデ」も瀕死の容態となり、現在1階の土耕環境で養生中。土日は暑さが和らいだものの、週明けには熱波が再来するとの予報。当面は逼塞しているほかはありません。
猛暑が去った暁には、ひそかに入手したトマト苗で再起を図る計画です。


☆関連記事
超大玉、壮烈な最期
梅雨明け即44度!! 灼熱のベランダ
気温37度…ベランダの高温対策

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

梅雨明け即44度!! 灼熱のベランダ
本日の関東地方の梅雨明け宣言とともに、3階ベランダの灼熱地獄シーズンが幕を開けました。
空中トマトの上に降り注ぐ強烈な陽射し。
0719 032

この空間は、ほとんど生物が生存できる環境とはいえません。
EC(導電率)メーターとして使っているTDS(総電解物質)メーターのスイッチを入れると、ディスプレー下段に表示されている温度(気温)はグングンと上がり…
0719 038
何と44度に。

養液タンク内の水温は39.6度(ちなみに上段の数値はTDS値=EC値に換算すると、679/500=1.358)。
0719 040
これはトマトにとって活動限界の水準。根が溶けたり、尻腐れに直結したりしかねない危険な温度です。

この高温下で新たな問題が発覚。
養液に酸素が溶け込みにくくなる日中の時間帯だけ稼動しているエアポンプがかなりの高温に達していたのです。
0719 047
触って「熱い」と感じるほど。50度以上はあるでしょう。
エアを送るビニールのパイプもポンプの接続部分が熱のため黒ずんでいました。
このポンプと24時間タイマーは防水のため大型ペットボトルを利用したケースに入れていました。
運転により熱を持つポンプが、高い気温の中で普段以上の熱を持ち、さらに空気が滞留するケース内部に蓄熱したものと思われます。
この熱い空気を養液に送り込んでいたわけですから外気が伝わる以上に水温が上がっていたと考えられます。
これを防ぐには空冷ファンを当てる必要がありますが、防水仕様でファンつきケースを作るとなると一仕事。とりあえずエアポンプの運転は見合わせることに。
高温のため、ただでさえカルシウムが吸収しにくくなっている中で、ポンプの運転停止で溶存酸素まで低下すれば尻腐れのリスクが一段と高まります。

悩みの種はポンプだけではありません。
空中トマト用タワー型栽培装置「ベランゲリオン四号機」のパイプ部分に当たる直射日光。
表面には遮光用のアルミ素材を張ってあるため、日光の反射率は高いはずですが、熱は跳ね返すことができず触ってみるとかなりの高温になっています。
パイプ部分内部の根が熱で致命的なダメージを受けかねません。
これは、東側で超大玉トマト「ブランディワイン」を定植している四号機のパイプ部分。
0719 042
このパイプを遮光する目的で下部に連結している「ベランゲリオン弐号機」に定植したパッションフルーツ(写真右)と今シーズン第3のトマト「サングランデ」(左)はいずれも想定外の超鈍足生長ペース。緑のカーテンによるパイプ遮光計画は構想倒れに。パッションフルーツの誘引用にと、パイプ上部に黒いビニール皮膜の針金を張りましたが、徒労に終わりました。

新たに細長いすだれを百均ショップで購入。
0719 046

それでも、パイプの全長の半分ほどは直射日光にさらされてしまいます。
0719 043

すだれは西側の中玉「つくつく房枝」用のパイプにも。
0719 029

これは、トマト棚東側のブランディワイン
0719 031
トマトサビダニ対策でのヘアカット後、枝葉の展張ペースは鈍く、上空はがらんとしています。
大きな実は、梅雨明けとともに一気に赤熟が加速しそう。

☆関連記事
気温37度…ベランダの高温対策
猛暑再来で壊滅的被害
トマトも焼ける?42度の灼熱地獄

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

矮性大玉トマト?
直径4センチ程度の育ち盛りの実を3つもぶら下げているにもかかわらず、草丈はわずか30センチほどのトマト株。
029.jpg
このまま実が肥大し続けれはその重さで主茎が折れてしまいそう。

1段目の実。
030.jpg
大きな実の回りには、着果しながら肥大のスイッチを入れていない実もあります。

2段目。
031.jpg

トマトは通常、このような場合は自身の判断で落花させ、実が株全体の生長に負担をかけるのを防ぐものだと思われます。
子孫繁栄のため果敢にリスクをとりにいく姿勢は立派です。

この背丈の小さい大玉トマトの正体は、2株の空中トマトに次ぐ今シーズン第3のトマトとして購入したサントリーさんの大玉トマト「サングランデ」。5月6日に苗を購入しました。
IMG_4734.jpg
このように、当初から繊細な感じではありましたが、1カ月半以上が経過したというのに、草丈はあまり伸びていません。
前後してトマト棚に定植した日々巨木化している空中トマトとは対照的です。
とはいっても、おそらく、これがサングランデの「仕様」というわけではないでしょう。

ひょっとして、定植前に根元をチョキンとやってしまったのが原因かも。
IMG_4941_20150625110014769.jpg
3階ベランダの循環式水耕栽培装置「ベランゲリオン弐号機」への定植に備えプクプクしていたら土耕根が褐色になり、代わりに茎の部分からきれいな水耕根が生長。定植の邪魔になるため長すぎる茎をカットしたものです。

定植後に2本仕立てにするため、脇芽を早期に摘み取ってしまい、光合成能力が落ちたことも矮性になった要因と思われます。

第3のトマトの役割は、同じ栽培槽に定植したパッションフルーツと力を合わせ、空中トマト栽培用のタワー型装置「ベランゲリオン四号機」のパイプ部分を遮光すること。矮性のままではこの任務を果たせません。

ただ、第3のトマトを育成することにしたのには、もう一つ理由があります。
それは空中トマトが枯れてしまったときの補欠要員。

とくに、病害虫に弱いとされるブランディワインにはいつ不測の事態が起きないともかぎりません。
そのときにはサングランデをトマト棚に進出させる計画。この意味では、むしろモバイルサイズの方が有利かも。

ところで、「サングランデ」って、大玉トマトのネーミングとしては、それっぽいのですが、一体どんな意味?
苗についていたプレートのデザインはイタリア国旗の配色なので、おそらくイタリア語。
だとすれば「グランデ」は形容詞「大きい」。となると「サン」は名詞でなければなりませんが、おそらく「san(聖なる)」。
これでは意味を成しません。イタリアにはこんな地名も存在しないようだし…
まさか英語の「サン」にイタリア語の形容詞をくっつけた「大きな太陽」とか?
本当のところはどうなんでしょうか→サントリーフラワーズさん

☆関連記事
土耕期のトマトの根元を切断する
開花続々 超大玉の風格
第3のトマトを探しに

★ブログランキングに参加しています



続きを読む

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

水耕パッションがフリーズ…

「水耕パワーの前に敵なし」という信念を揺るがす現象を目の当たりにしています。

3階ベランダの東西に1セットずつ設置している空中トマト栽培用のタワー型装置「ベランゲリオン四号機」のパイプ部分を遮光するため、その直下に連結している栽培装置「ベランゲリオン弐号機」に定植したパッションフルーツ。なぜかほとんど育たないのです。
定植の瞬間のまま時間が止まってしまったかのような西側のパッションフルーツ
125.jpg
枯れずに葉もシャキッとしているものの、新たな葉は育たず、上部の葉のふちは風にあおられてぎざぎざになってきています。

苗を購入した段階で本葉が7~8枚以上ついており、この枚数に達したら早めに摘心するというパッションフルーツ栽培の定石通り摘芯していました。しかし新たなつるは出てきません。

こちらは東側に植えた、もう1株のパッションフルーツ
121.jpg

これは摘芯していませんでした。
ここへ来て、ようやく生長点に動意がみられるものの、生長ペースは牛歩の如し。
大きな葉を広げ、それなりに光合成を行った成果物を一体どこに使っているのか。

成長が早いといわれるパッションフルーツを植えておけば、梅雨明けまでに、パイプ部分を遮光する緑のカーテンが完成すると期待していたのに大誤算です。

この2株は、苗の勢いが弱かった先代パッションフルーツ2株の代わりにこの位置に定植した2代目。
先代は鉢植えにして様子を見ていました。
先代がどうなったかというと…
166.jpg
1株は植え替えのストレスのためか枯れつつある(写真左側)ものの、もう1株は新しい葉を3~4枚つけて生長を加速しています。

ひょっとしてパッションフルーツは水耕栽培に向いていないのか…

筑波大学農林技術センターは2013年に、冬季にもパッションフルーツの水耕栽培が可能であることを実証しています。
そのリポートによると、EC(導電率)は1.0と、トマト栽培に比べると極めて低い水準で運用していました。

コツをつかむには、時間と経験が必要なようです。

☆関連記事
パッションフルーツを刷新
パッションフルーツの水耕に挑戦
緑のカーテン2015始動

★ブログランキングに参加しています


テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ アーリーセーフ LED装置零号機 ベランゲリオン初号機改 LED 麗夏 ブロッコリー ゴーヤ こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター DFT式 ポンプ 温室 ベランゲリオン四号機改 コロマイト パッションフルーツ 緑のカーテン ハダニ 朝顔 アスパラガス オーバーフロー 秋トマト LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 新北星 巨木トマト トマト エーハイム チェリーメイト 猛暑 ケーヨーデイツー 養液タンク 防根透水シート チューリップ レジナ モレスタン アイリスオーヤマ つくつく ベジタブルライフA ベランゲリオン参号機改 アブラムシ レッドオーレ ロックウール ケンマート 桃太郎 ダニ太郎 うどん粉病 ベタな自動給水装置 ハイポネックス 台風 尻腐れ ハイビスカス ハイポニカ 栽培槽 ヘンルーダ カリ カルシウム リン酸 窒素 花工場 タカノツメ オオゼキ ケイヨーデイツー オーバーフロー装置 チョコちゃん 三越本店 西洋朝顔 ダイン マイクロナノバブル トマトトーン 断根 タバコガ コーナン レッド・オーレ 結束バンド アブラー 就眠運動 太陽光反射パネル イオウフロアブル プランター アルミニウム 養液 捻枝 カダンセーフ ペットボトル 噴霧器 水耕栽培装置 DFT チェリーメート LED装置零号機 F1 NFT 白ゴーヤ 「フルーツルビーEX ミリオン 珪酸カルシウム 唐辛子焼酎 LED装置初号機 室外機 こくうま赤のミニトマト 就眠活動 アゲハチョウ プチプチ インパチェンス エキナセア 栽培層 ワイヤー棚 ホップ 高リコピントマト べランゲリオン弐号機 べランゲリオン初号機改 越冬計画 クエン酸回路 熱帯魚用ヒーター アロイトマト インシュロック トマト棚 ヒーター 鉄分 マグネシウム 完熟王 「ベランゲリオン四号機改 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者