べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中秋のトマト棚 キュウリが爆発的生長
あすは旧暦の8月15日、中秋だそうです。
例年なら9月は残暑の日が多いのに、今年はすっかり晩秋の気候が続きこのまま10月になだれ込もうとしています。

この冷涼な環境の中、3階ベランダ・トマト棚の空中トマトは、トマトサビダニの被害に遭わずに済んでいる半面、成長は超スローペース。
これは9月12日のトマト棚東側の空中トマト麗夏」(トマト棚の上部分)と地上トマト「つくつく房枝」(トマト棚の下部分)。
0926 015

こちらは本日26日。
0926 063
2週間もたつというのに、変化といえば着果した果房の実が生長しているのが見て取れる程度。
夏場の高度成長期との違いは歴然としています。
麗夏の実は、日照不足の中で1房に2~3個くらいが肥大を続けています。
0926 051

しかし、最近の気候は大誤算。
もともと8月に行った今回の夏秋トマトの定植は、12月の収穫開始に向けぎりぎりのタイミング。10月以降は日照、気温が徐々に弱まるものの、夏の余韻が続く9月の躍進を織り込んだ3カ月収穫計画でありました。
このままでは、実が赤熟する前に厳冬シーズンに突入する可能性が濃厚。

こちらはトマト棚西側。
0926 070
夏植えキュウリ「新北星」とミニトマト「チェリーメート」が乏しい日照の争奪バトルを繰り広げています。

ミニトマトの分が悪いのは明らか。何しろ、新北星の葉は直径30センチ以上と、団扇並みの大きさなのです。
0926 067

その葉陰で逼塞するチェリーメートの果房。
0926 029

それにしても、新北星は日照不足をものともせずに、よく葉を茂らせ、実をつけます。
0926 001
液肥はEC(導電率)2.0が3日ほどで1.0に下がってしまいました。
トマトは勢いが弱いため、爆食いしているのは主に新北星の方だと思われます。

新北星は雨続きの中、うどん粉病が出ていましたが、トマトサビダニ用にストックしている「モレスタン」(もともと、この薬はうどん粉病への効能の方を強くアピールしています)を撒布したところ、一発で効きました。
また、アリが黒いアブラーをしつこく放牧しています。
ある日、ニホシテントウが新北星の葉に着陸し、驚くほどのすばやさでアブラーに襲い掛かろうとしたものの、2匹のアリに撃退され、あっさり去っていきました。
この翌日、スズメが飛来。気取られぬよう観察していると、新北斗の葉の裏をしきりについばみ始めました。ネットで調べると、アブラーを食べることがあるそうです。
しかし、スズメはたいした役には立ちません。休日にデンプン由来の気門閉塞系「アーリーセーフ」を一日に2度ほど撒布すると、8~9割は駆除できました。それでも、翌日はまたアリが放牧。根気比べです。

新北斗はここへ来て、東側の麗夏の縄張りに侵入する構えを見せています。
0926 060


☆関連記事
トマトの配置転換
つくつく復活の兆し
空中トマト・リターンズ

★ブログランキングに参加しています


スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

コロマイトも無力…進撃のハダニ
台風18号の予想コースは日曜日から月曜日にかけ東京を通過する予想。直撃に備え、3階べランダトマト棚にトマトの枝を固定する作業を行おうとしたところ、ハダニが急速に増殖していました。
先週、コロマイトを散布したばかりなのに、ほとんど効果はなく、愕然としています。

おそらく、原因の一端は1階から2階に這わせていた緑のカーテンに。
というのは、このところ、朝顔に大量のハダニがつき始めたからです。
トマト棚のハダニを退治しても、緑のカーテンの朝顔から、糸を出したハダニが風に乗り空挺部隊のようにトマト棚に次々に飛来。増殖を続けている可能性があります。

というわけで、まずは、ハダニの巣窟と化した緑のカーテンを撤収することに。
IMG_4170_201410041605351e0.jpg
緑のカーテンのいたるところからショウリョウバッタやらカメムシやらが飛び出してきました。

プランターに植えていたトマトにもハダニがついています。
定期的に「アーリーセーフ」を散布していたものの、まったく効果なし。
IMG_4173.jpg
キュウリの葉の裏にはアリがアブラムシ牧場を運営していました。
トマトはいくつか青い実をつけていたものの、潔くすべて撤収。
IMG_4176.jpg

1階部分の撤収を終え、3階ベランダのハダニ被害部署の整理。
ハダニは、ほとんどトマト棚の半分ほどに蔓延していました。
さらに、トマトサビダニも部分的に生き残っています。
コロマイトに続き、アーリーセーフの散布も続けていたというのに、ダニの生命力、繁殖力には瞠目せざるを得ません。

生育自体は順調なのに、肥大を続ける緑の実はへたの部分にびっしりとハダニが。
IMG_4181.jpg

これもダニの影響?
IMG_4185.jpg
今シーズン、すでに複数個見つかっている奇形果。

とり憑かれた枝葉は思い切ってばっさりといきました。
IMG_4183.jpg
廃棄したのはスーパーの大袋に2袋分。撤去した肥大中の実の数はおそらく100個を下らないでしょう。
今シーズン、残された時間を考えると、ダメージは小さくありません。

それ以前に、このままハダニの増殖を食い止められなければ秋冬トマトとして育てている「ぜいたくトマト」と「フルーツルビーEX」の壊滅は免れません。
伝家の宝刀コロマイトの2発目が不発に終わり、「ダニ太郎」も1回の枠を使い切り、手元の武器は上限が5回の「モレスタン」(残り使用枠は3回)とアーリーセーフのみという、何とも心許ない状況。

すかすかになってしまったトマト棚。
IMG_4179.jpg

あまり来てほしくはないものの、台風18号がやって来るとすれば、ハダニを残らず吹き飛ばしていってほしいものです。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
イオウ殺ダニ剤の隠された効果
空中トマトにハダニ・アウトブレイク?
お手柄、アーリーセーフ





テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

トマトサビダニ殲滅へ新兵器
いよいよ8月。3階ベランダのトマト棚の実も一気に赤くなり、収穫が忙しくなってきました。
IMG_3599.jpg

しかし、いいことだけではありません。猛暑続きでトマトサビダニの脅威が再び高まっているのです。
IMG_3579.jpg

このところ、

殺ダニ剤散布→小康状態→わずか半日で増殖→殺ダニ剤散布→小康状態

という循環。

サビダニ増殖を受け、殺ダニ剤を散布する直前にはサビダニの被害に遭った枝葉を大量に切り落とします。このため、トマト株は高温時の蒸散ができなくなる上、光合成能力も一挙に低下します。サビダニ増殖の循環に何の手も打たなければ、トマト株はボディブローのように体力を奪われ、やがては力尽きてしまうでしょう。

昨シーズンは秋冬トマトに挑戦したものの、実が熟す前に立ち枯れてしまいました。
このため今シーズンは何とか春夏トマトに猛暑を乗り切らせ、秋冬シーズンにつなげる計画です。
春夏トマトを生き残らせるには、トマトサビダニを殲滅するしかありません。
失敗すればトマトが枯れる。まさに、やるかやられるか…。

しかし殺ダニ剤はできれば使いたくはありません。
また、殺ダニ剤はコロマイトが2回、ダニ太郎が1回、モレスタンが5回と、それぞれ散布回数に限度もあります。

このため、使用上限がなく、天然素材系の「カダンセーフ」を毎晩のようにスプレーしていました。
IMG_3305.jpg
これは水分が蒸発するとデンプンなどが固まってサビダニを物理的に窒息させる仕組みで、化学薬品のような高い殺ダニ能力はありません。そのため、一定の効果を上げるには、トマト棚全体に満遍なく、大量に散布する必要があります。
さらに、この製品にはもうひとつ問題が。1.1リットル入りで約1000円強(消費税込み)というコストです。
トマト棚全体への散布が必要なため、あっという間になくなってしまいました。

また、ハンドスプレー型容器でトマト棚全域にシュシュッとかけるには、時間と根気、それに握力が必要。さらに、トマト棚上部の高い位置には届かないという決定的な弱みがあります。

そこで、カダンセーフに代わる新たな資材を調達しました。
IMG_3594.jpg
同じ天然素材系ながら単価が数百分の一で済む「アーリーセーフ」。
カダンセーフと同じ系列ながら、こちらはトマトサビダニへの効能もうたっています。

さらに、トマト棚全体に満遍なく、大量に散布するため、新たに強力なツールを導入しました。
IMG_3581.jpg
蓄圧式噴霧器(4リットルタンク)の「ハイパーグリーン」。1950円(税込み)。

タンクに液体を入れ、ポンプのレバーをパコパコパコと押すとタンク内の空気が圧縮されます。噴霧するためのパイプについているレバーをぎゅっと握ることでパイプ先端の2カ所の噴霧口から霧状の液体が静かに拡散する仕組み。箱裏側の説明書き。
IMG_3583.jpg

これを使い1リットル分のアーリーセーフ400倍の希釈液を主に枝葉の下側から噴射。手動式スプレーでは届かなかったトマト株の最上部までスプレーできました。わずかな時間で大量のアーリーセーフを散布でき、トマト棚から雨のように滴り落ちます。まるでトマト株全体にアーリーセーフのシャワーを浴びせているようです。

これなら散布漏れもなく、効果が全体に行き渡ります。
徹底して散布することで殺ダニ剤としての効果の低さを埋め合わせる、いわゆるひとつの物量作戦。

夏場は朝から強い陽射しがあるため、赤いトマトの実に水分がかかると割れてしまいます。
このため散布は帰宅後の夜。念には念を入れ、2夜連続でアーリーセーフのハイパー散布を実行しました。
成果は追ってリポートします。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
超高速肥大 トマトの捻枝パワー
気温37度…ベランダの高温対策
早くもサビダニ…冷凍殺虫剤は使える?







テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

巨木トマト完成?
3階ベランダの空中トマト2株が長さ3メートル弱、幅2メートル弱のトマト棚をほぼ埋め尽くしました。
西側からの眺め。

IMG_3368.jpg
これ以上大きくしたくても、もうスペースがないところまで来ました。
本家には及ばないものの、まあ、「巨木トマト(Home Premium)」くらいの称号なら許されるでしょう。

これは約1年前の様子。
IMG_0259.jpg
垂直方向はモサモサですが、トマト棚は3分の1ほどが空いた状態でした。今年は水平方向に広がった分、トマト棚での展開が加速したようです。

いわゆる水平放任栽培状態ですが、相次いで棚からはみ出ようとする枝が…。
これは屋根の方角に向かうデルモンテ製「ぜいたくトマト」の枝。
IMG_3347.jpg
これ以上伸びると、実が生っても届かなくなります。
2本ほど摘芯。

こちらも棚からはみ出して道路側に枝を伸ばすデルモンテ製「フルーツルビーEX」。
IMG_3374.jpg
これも摘芯。

トマト棚上部の中央は文字通り立錐の余地もない状況。水平に寝かせようにも、もはやスペースがありません。何本かの枝は1メートルほどの高さで直立不動の体勢。
IMG_3364.jpg
北上中の台風の直撃を受けたらひとたまりもなく、ぽきりといきそう。

さて、地上部がこれだけ旺盛に茂ると、根の方も…。
ぜいたくトマトを植えている空中トマト用栽培装置は、上部のタワー部分「ベランゲリオン四号機」のパイプを増設し長くしたにもかかわらず、根は終端部分から下部に連結した2段甲板の栽培装置「ベランゲリオン弐号機」に到達しました。
IMG_3329.jpg
最も長い根は3メートル近い長さになった計算。でも栽培槽の容量にはまだまだ余裕があります。

こちらは同じ構造を持つフルーツルビーEXを植えている装置の下部。
IMG_3328.jpg
上部のパイプ部分の長さが、ぜいたくトマトの装置に比べ1メートルほど短いため、その分だけ根を長く下部に張り出しています。

これだけ成長していても、収穫できたのは、ぜいたくトマトフルーツルビーEXも、第一果房だけ。トマト祭りはもうしばらく先になりそう。
これは初収穫したフルーツルビーEX
IMG_3335.jpg
沈みました。

こちらは初収穫のぜいたくトマト
IMG_3295.jpg
水没試験をする前に食べちゃいました。
中玉トマト並みの大きさでしたが、甘みがあり予想以上のおいしさでした。

ところで、ぜいたくトマトの根元付近にとりついたトマトサビダニ
カダンセーフを朝晩スプレーしてけん制していましたが、土曜の夜、「モレスタン水和剤」を投入し一気に鎮圧を図ることにしました。あまり使いたくはなかったのですが、周りに広がる兆候を見せ、日曜日の梅雨の晴れ間で気温が上がって、被害が急拡大する心配があったためです。
IMG_0947.jpg
昨シーズンも展着剤「ダイン」と組み合わせたモレスタンで、春夏トマトが九死に一生を得た経緯があります。
モレスタンは使用回数の規制が5回までと比較的緩やか。今回1回使っても、コロマイト(使用上限2回)-モレスタン-ダニ太郎(同1回)-モレスタン-コロマイト-モレスタンというローテーションなら同じ薬剤の連続使用なしで7回まではいける計算。
とはいえ、願わくば、トマトサビダニとのご縁は、これっきりにしてもらいたいものです。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
ロケットスタート 2014空中トマト
巨木トマト的眺めに
蘇ったトマト棚





テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ アーリーセーフ LED装置零号機 ベランゲリオン初号機改 LED 麗夏 ブロッコリー ゴーヤ こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター DFT式 ポンプ 温室 ベランゲリオン四号機改 コロマイト パッションフルーツ 緑のカーテン ハダニ 朝顔 アスパラガス オーバーフロー 秋トマト LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 新北星 巨木トマト トマト エーハイム チェリーメイト 猛暑 ケーヨーデイツー 養液タンク 防根透水シート チューリップ レジナ モレスタン アイリスオーヤマ つくつく ベジタブルライフA ベランゲリオン参号機改 アブラムシ レッドオーレ ロックウール ケンマート 桃太郎 ダニ太郎 うどん粉病 ベタな自動給水装置 ハイポネックス 台風 尻腐れ ハイビスカス ハイポニカ 栽培槽 ヘンルーダ カリ カルシウム リン酸 窒素 花工場 タカノツメ オオゼキ ケイヨーデイツー オーバーフロー装置 チョコちゃん 三越本店 西洋朝顔 ダイン マイクロナノバブル トマトトーン 断根 タバコガ コーナン レッド・オーレ 結束バンド アブラー 就眠運動 太陽光反射パネル イオウフロアブル プランター アルミニウム 養液 捻枝 カダンセーフ ペットボトル 噴霧器 水耕栽培装置 DFT チェリーメート LED装置零号機 F1 NFT 白ゴーヤ 「フルーツルビーEX ミリオン 珪酸カルシウム 唐辛子焼酎 LED装置初号機 室外機 こくうま赤のミニトマト 就眠活動 アゲハチョウ プチプチ インパチェンス エキナセア 栽培層 ワイヤー棚 ホップ 高リコピントマト べランゲリオン弐号機 べランゲリオン初号機改 越冬計画 クエン酸回路 熱帯魚用ヒーター アロイトマト インシュロック トマト棚 ヒーター 鉄分 マグネシウム 完熟王 「ベランゲリオン四号機改 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。