べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013空中トマト発進!
ベランダ東側のトマト工場竣工に伴い、何とかトマト苗を定植することができました。空中トマトもようやく発進です。

空中トマトはベランダ東側の道路寄りと窓寄りの2カ所に1つずつ。それぞれの装置からの養液還流パイプを接続する「NFT式(薄膜水耕)」栽培槽の「ベランゲリオン初号機改」と「ベランゲリオン参号機」には、それぞれ3株を定植しました。1台のポンプで合計8株(空中トマト×2、NFT式栽培槽の株×6)に養液を送ることになります。

東側に展開する空中トマトは当初、フランス産伝統トマト「マルマンドVF」とロシア原産黒トマト「ノワール・ラッセ」1株ずつにしようかと考えていたのですが、マルマンドの成長ぶりが著しかったため、マルマンド2株とし、ノワール・ラッセは初号機改と参号にそれぞれ1株ずつ定植しました。

空中トマトマルマンドはすでに、プクプク(エアレーション)での栽培段階で着果していました。
茎も太く、花数も多い生命力溢れる株です。

ただ、これだけの大きさに成長すると、空中トマトの定植計画にも誤算が生じていました。当初は2リットルペットボトルを素材にしたタワー型装置「ベランゲリオン四号機(1番機)」を窓寄りに、道路よりには比較的口径の小さい「ベランゲリオン零号機改」に配置する予定でしたが、空中トマトの根が大きく成長しすぎて、零号機改にはセットできなくなっていたのです。
IMG_1030_20130513000005.jpg

やむなく、西側用に製作済みだった四号機(2番機)を東側に投入することに。このため、今季は零号機改の活用をあきらめ、西側用に、新たに四号機の3番機と4番機を建造する可能性を検討中(資材の2リットルペットボトルが不足していますw)。

窓寄りに定植したマルマンドはトマト棚上部には達しているものの、発射台(水耕栽培装置の設置ポイント)が低すぎたため、トマト棚に横たわることはできず、あさっての方向に成長しそうな予感。
IMG_1032.jpg
あさっての方向を向いている主枝の生長点をカットし、トマト棚上部を向いている脇芽を成長させるなどのサポートが必要です。


一方、道路寄りのマルマンドは中心に向かい素直に伸びそうです。
IMG_1035.jpg

ところで、トマト苗の定植作業を進めていると、ある異変に気づきました。あの低性「レジナ」がいないのです。確か、ブクブクなしの幅広トレーにマルマンドと一緒にして育てていたような…。よもやと思い、ベランダ西側のエアコン室外機の裏側を見ると、レジナとマルマンドの変わり果てた姿が…(画像は自粛)

先週、関東地方を襲った強風により吹き飛ばされたもののようです。
合掌。

さらに、ブクブクなしで育てていたマルマンドのうち1株は養液が腐敗し、枯れかかっています。
とりあえず、1階部分の土に植えましたが再起は微妙。

そんなこんなで18株あったトマト苗は14株に。定植した苗を除く6株はブクブクで育成中。西側の工事完了とともに、最低6株は水耕装置に定植する計画。
何とか今週末には西側の設備も稼動させたいものです。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
トマト工場の東側が稼動
GW水耕装置製作5 プチプチで薄膜
空中トマト発進!



スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

2013年春夏の水耕設備
たび重なる衝動買いで18株に増殖したトマト苗。これを狭いベランダにどう配置するか。
すべては無理でも、過半は現在の簡易型ブクブク装置から大型装置に移行する計画。これを実現するための水耕設備の整備計画が何とかまとまりました。
定植施設工事計画B


まず、トマト棚の四隅から中央に向け4株の空中トマトを展開します。4株はいずれも必要日照量が大きい大玉苗にする計画です。
大玉はフランスのトマト「マルマンドVF」が7株、ロシア原産の黒トマト「ノワール・ラッセ」が3株、「麗夏」が1株の計11株。
このうち、マルマンドノワール・ラッセをそれぞれ2株ずつ空中トマトとして展開します。

一方、ミニトマトと中玉トマト類は下部に設置する「NFT式(薄膜水耕)」栽培装置1つにつき2~3株をセットし、上方向に成長させます。
最終的に下部にはNFT式栽培装置を4つ設置する方向なので、8~12株がセットできる計算。
中玉、ミニトマトは低性ミニトマト「レジナ」を除くと6株。これを植えても2~6カ所が空きます。このスペースに、残りの大玉トマト7株のうち数株を定植します。

大玉トマトの残りとレジナは、予備役としてプクプク装置で有事に備える構想。

このように計画案をカタチにすると、不可能と思えた大量のトマトの定植も、何となくうまく行きそうに思えてくるから不思議です。
成長に伴い徐々に収拾がつかなくなるような気がしなくもないのですが、とりあえず、このプランに沿ってベランダの工事を進めてみることにします。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
急造型栽培装置を量産
「ベランダぐるぐる」構想
空中トマト計画の基本構想






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

急造型栽培装置を量産
タネから育てた苗が順調に生育したことに加え、ホームセンターでの衝動買いでトマト苗だらけになってしまったわが工房。現状、ロシア原産の黒トマト「ノワール・ラッセ」3株と、仏マルマンド地方のトマト「マルマンドVF7株の合計10株、それにいずれも都心のホームセンター「ケーヨーデイツー三田店」さんで購入した大玉トマト「麗夏」、デルモンテさんの中玉「フルーツルビーEX」、カネコ交配さんの「中玉フルーツトマト・レッドオーレ」、ケーヨーデイツーさんのオリジナルブランド「こくうま赤のミニトマト」、低性ミニトマト「レジナ」の計15株がいます。

大型の水耕栽培装置の準備が整うまでのつなぎとして先週末、ペットボトル(PB)を使ったブクブク方式の栽培装置を量産しました。
IMG_0783.jpg

急場しのぎのPB装置を作る時間があるのなら、大型の栽培装置作りを急げばいいという判断もありました。ただ、わが工房では、植物工場のようにベランダ中に養液を循環させ効率的にトマト苗を育成する計画を進めており、環境を整備するのには時間がかかるのです。

その間に、一つのトレーの中で同居しているトマト苗同士が根や葉を絡ませあったりするのはまずいので、とりあえずそれぞれの苗にPB装置の一軒家を与え、お引越ししてもらおうというわけです。

それに、比較的大型の本格的な「NFT式(薄膜水耕)」の水耕栽培装置に定植できるのは7~8株が限度。残りの株にはいずれPB装置が必要になります(これとて大きくなったら設置場所に困るのですが…汗)

実はブクブク方式のPB装置製作は今回が初めてだったりします。

ホームセンター「ホーマック大井競馬場前店」さんのペットコーナーで、エアーポンプ用の分岐装置やチューブ、チューブの先端につけるプラストーンを購入しました。

一つのエアーポンプからまずエアーを2つに分岐。さらにそれぞれを3つに分岐させ、とりあえず6本に酸素を供給できるようにします。本当はもっと作りたかったのですが、空のPBが足りませんでした。

PBの上部を切り取って真ん中に穴を開け、ひっくり返して下部にセット。PBの周囲には遮光のためのアルミホイルを巻いてビニール袋のカバーをかぶせるだけの急造型。
IMG_0773_20130417101937.jpg

酸素を供給することで、これまでより成長ペースは加速するのでしょうが、栽培装置の数が増えたことにより、日々の養液供給が面倒になりました(汗)

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
「ベランダぐるぐる」構想
続・透水シートがやってきた
ベランゲリオン弐号機完成





テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

デルモンテのトマト苗購入
都心のホームセンター「ケーヨーデイツー三田店」さんで、トマト苗を調達しました。
2~3株の心積もりだったのですが、ついつい買いすぎてしまいました。
わがスーパーママチャリのかごには溢れんばかりのトマト苗群w
IMG_0738.jpg

何を買ったかというと…。
まずは2種の中玉フルーツトマト対決。
IMG_0734.jpg
これはデルモンテさんの中玉「フルーツルビーEX」。298円。同社のサイトの説明によると、「糖度がとても高いので、一口含むと果物のような甘さが広がる」とあります。



IMG_0737.jpg
対するは、カネコ交配さんの「中玉フルーツトマト・レッドオーレ」。198円。同社のサイトでは「最大の特徴はフルーティな食味にあり、高糖度かつ低酸度で粘質な食感はこれまでのトマトの常識からはかけ離れた素晴らしさです」と最大限に自画自賛。果たして、どちらに軍配が上がるのでしょうか。


次は大玉。
IMG_0733.jpg
サカタのタネさんの大玉トマト「麗夏」。198円。果肉がしっかりしていて完熟させられるので、リコピンやグルタミン酸の含有量が多い。昔ながらのトマトの味がするそうです。


さらにミニトマト2種。
IMG_0736.jpg
ケーヨーデイツーさんのオリジナルブランド「こくうま赤のミニトマト」。198円。これはネット上にほとんど情報がありません。


IMG_0731.jpg
低性ミニトマト「レジナ」。68円。低価格のため、説明ラベルさえついていません。購入後にネットで調べると、観賞用品種とも位置づけられています。実際に育てた人のブログなどを見ると、味についての評価は二分しているようです。好みにも左右されるんでしょうが、どんなもんでしょうか。
それぞれの種類の中から、節間が短く、茎が太い苗を選びました。

今回5株のトマト苗を半ば衝動買いしたことにより、わが工房のトマト苗はロシア原産黒トマト「ノワール・ラッセ」、仏「マルマンドVF」の2種10株を合わせて15株に。
こんなに多くのトマトを定植するスペースが、一体どこにあるというのか…。途方にくれる、きょうこのごろでありました。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
F1から撤退…高リコピントマト
トマト祭り@KYD2
解禁!三越本店のトマト苗





テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ アーリーセーフ LED装置零号機 ベランゲリオン初号機改 LED 麗夏 ブロッコリー ゴーヤ こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター DFT式 ポンプ 温室 ベランゲリオン四号機改 コロマイト パッションフルーツ 緑のカーテン ハダニ 朝顔 アスパラガス オーバーフロー 秋トマト LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 新北星 巨木トマト トマト エーハイム チェリーメイト 猛暑 ケーヨーデイツー 養液タンク 防根透水シート チューリップ レジナ モレスタン アイリスオーヤマ つくつく ベジタブルライフA ベランゲリオン参号機改 アブラムシ レッドオーレ ロックウール ケンマート 桃太郎 ダニ太郎 うどん粉病 ベタな自動給水装置 ハイポネックス 台風 尻腐れ ハイビスカス ハイポニカ 栽培槽 ヘンルーダ カリ カルシウム リン酸 窒素 花工場 タカノツメ オオゼキ ケイヨーデイツー オーバーフロー装置 チョコちゃん 三越本店 西洋朝顔 ダイン マイクロナノバブル トマトトーン 断根 タバコガ コーナン レッド・オーレ 結束バンド アブラー 就眠運動 太陽光反射パネル イオウフロアブル プランター アルミニウム 養液 捻枝 カダンセーフ ペットボトル 噴霧器 水耕栽培装置 DFT チェリーメート LED装置零号機 F1 NFT 白ゴーヤ 「フルーツルビーEX ミリオン 珪酸カルシウム 唐辛子焼酎 LED装置初号機 室外機 こくうま赤のミニトマト 就眠活動 アゲハチョウ プチプチ インパチェンス エキナセア 栽培層 ワイヤー棚 ホップ 高リコピントマト べランゲリオン弐号機 べランゲリオン初号機改 越冬計画 クエン酸回路 熱帯魚用ヒーター アロイトマト インシュロック トマト棚 ヒーター 鉄分 マグネシウム 完熟王 「ベランゲリオン四号機改 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。