べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サビダニ猛威 地上トマト撤収
3階のベランダ西側に設置した自作水耕栽培装置「ベランゲリオン弐号機」の1番機と2番機に植えていたトマト群にトマトサビダニが発生。あっという間に増殖して、撤収のやむなきに至りました。
IMG_0802.jpg

2番機には実生のロシア原産黒トマト「ノワール・ラッセ」、カネコ交配さんの「中玉フルーツトマト・レッドオーレ」、ケーヨーデイツーさんのオリジナルブランド「こくうま赤のミニトマト」の3種が育ち、そこそこの収穫がありました。

これに対し1番機にはノワール・ラッセとサカタのタネさんの大玉トマト「麗夏」を植えていましたが、装置の完成が遅れて定植タイミングを逃したことに加え日照がわるいため、泣かず飛ばずの状態が続いていました。
麗夏の第1果房がほとんど鳥害で全滅したこともあり、収穫はわずか1個でした。

そこそこの大きさの青い実もついています。
IMG_0808.jpg
しかし周囲の茎葉がほとんど枯れ、あきらめるほか、ありません。残念。

2番機の「NFT式(薄膜水耕)」ベッド1段目の様子。根が褐色になっていました。
IMG_0817.jpg

西側上部の空中トマト(マルマンド)にもサビダニがいますが、こちらは比較的軽症でした。
IMG_0823_20130806150653160.jpg
東側のトマト群はどうなっているのか。
トマト棚の上を覗くと…
IMG_0793.jpg
想像以上の被害でした。

被害を受けた枝葉はすべて廃棄。45リットルゴミ袋2袋分にもなりました。
その上でホームセンターに走り、住友化学園芸さんの「ダニ太郎」を購入。
IMG_0812.jpg
コロマイトを使いたかったのですが、実はすでにコロマイトの使用回数が上限の2回に達しているため、別の製品を使うしかないのです。ダニ太郎は上限1回の一発勝負。入念に散布しました。

散布に先駆け、赤い実はすべて収穫。
IMG_0818.jpg

東側地上部のトマト群は比較的元気です。
西側のノワール・ラッセ2株を撤収したことで最後の1株になった東側のノワール・ラッセ
先日の豪雨、突風で地上部が半分になっていましたが、根からの栄養が有り余っているためか、あちらこちらから脇芽を出しています。
IMG_0778.jpg

このノワール・ラッセを植えている「ベランゲリオン零号機改」には、いずれもデルモンテさんの中玉トマト「フルーツルビーEX」と「ビタミンエース」が同居していますが、この中玉2株もなお成長が続いています。
根は零号機改の「NFT式(薄膜水耕)」ベッドの3段目にまで到達。やはり養根スペースの広さが成長の鍵を握っているのでしょうか。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
鳥害と生り疲れに新兵器投入へ
豪雨で黒トマト倒壊
売るほど獲れた





スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

トマトの樹海、お引越しその2
ベランダ東側の地上トマトの引越し作業は予想通り、困難を極めました。
引越しするのは、自作水耕装置「ベランゲリオン参号機」に植えてあるロシア原産黒トマト「ノワール・ラッセ」、中玉トマト「レッドオーレ」、ケイヨーデイツーさんオリジナルブランド「こくうま赤のミニトマト」の3株。しかし、隣り合わせた「ベランゲリオン初号機改」に定植したトマト3株とのクリンチ状態を解消するのに、1時間近くかかりました。
ほどけない枝葉は思い切りよくカット。支柱の隙間から外側に大きく展張した枝葉もバサバサッと。

大きく伸びたトマトの枝葉。支柱に固定していた結束ワイヤータイをはずすと、さまざまな方向にバタリ、バタリと倒れます。その数二十数本。ようやく周囲の束縛から解放され、西側に運べる状態になりました。

右手で水耕装置のふたを持ち、左手で倒れた枝を抱き抱えて運ぼうとすると、左手にぽきりという、いやな感触が…
さらにベランダの床にコツンと何かが落ちてころころという音が…
枝折れまくりの実落ちまくりをものともせずに西側に運び「ベランゲリオン弐号機」(1番機)にセット。

支柱に固定するため、こんがらがった枝をていねいに解きほぐしながら引き起こそうとするとまたも、ぽきり、ころころ…。で、死屍累々。
IMG_1338.jpg
老婆心ながら、大きく育ったトマトの株を引っ越すのはやめておいた方がよいですw

何とか引越しを完了した西側のトマト群。
IMG_1347_20130610004529.jpg
左の弐号機(2番機=左側)には、成長が遅いフランス産「マルマンドVF」と大玉トマト「麗夏」がちんまりと生えています。

こちらはベランダの東側。
IMG_1340.jpg
引越しのためこんがらがった枝葉を整理したため、だいぶスリムになりました。(というか、切り過ぎて成長が鈍るかも…)。大塚ハウス1号を増強して葉っぱを増やそうかと考えています。

左側の参号機は空中トマトの根を誘導する予定ですが、とりあえず行き場のない黒いミニトマト「チョコちゃん」を差してあります。

ともあれ、樹海状態は何とか解消できたようです。
が、1カ月もすると単に樹海が増殖しただけに終わりそうな予感w

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
トマトの樹海、お引越し
空中トマトの巨木化
ベランダが樹海状態に






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

急造型栽培装置を量産
タネから育てた苗が順調に生育したことに加え、ホームセンターでの衝動買いでトマト苗だらけになってしまったわが工房。現状、ロシア原産の黒トマト「ノワール・ラッセ」3株と、仏マルマンド地方のトマト「マルマンドVF7株の合計10株、それにいずれも都心のホームセンター「ケーヨーデイツー三田店」さんで購入した大玉トマト「麗夏」、デルモンテさんの中玉「フルーツルビーEX」、カネコ交配さんの「中玉フルーツトマト・レッドオーレ」、ケーヨーデイツーさんのオリジナルブランド「こくうま赤のミニトマト」、低性ミニトマト「レジナ」の計15株がいます。

大型の水耕栽培装置の準備が整うまでのつなぎとして先週末、ペットボトル(PB)を使ったブクブク方式の栽培装置を量産しました。
IMG_0783.jpg

急場しのぎのPB装置を作る時間があるのなら、大型の栽培装置作りを急げばいいという判断もありました。ただ、わが工房では、植物工場のようにベランダ中に養液を循環させ効率的にトマト苗を育成する計画を進めており、環境を整備するのには時間がかかるのです。

その間に、一つのトレーの中で同居しているトマト苗同士が根や葉を絡ませあったりするのはまずいので、とりあえずそれぞれの苗にPB装置の一軒家を与え、お引越ししてもらおうというわけです。

それに、比較的大型の本格的な「NFT式(薄膜水耕)」の水耕栽培装置に定植できるのは7~8株が限度。残りの株にはいずれPB装置が必要になります(これとて大きくなったら設置場所に困るのですが…汗)

実はブクブク方式のPB装置製作は今回が初めてだったりします。

ホームセンター「ホーマック大井競馬場前店」さんのペットコーナーで、エアーポンプ用の分岐装置やチューブ、チューブの先端につけるプラストーンを購入しました。

一つのエアーポンプからまずエアーを2つに分岐。さらにそれぞれを3つに分岐させ、とりあえず6本に酸素を供給できるようにします。本当はもっと作りたかったのですが、空のPBが足りませんでした。

PBの上部を切り取って真ん中に穴を開け、ひっくり返して下部にセット。PBの周囲には遮光のためのアルミホイルを巻いてビニール袋のカバーをかぶせるだけの急造型。
IMG_0773_20130417101937.jpg

酸素を供給することで、これまでより成長ペースは加速するのでしょうが、栽培装置の数が増えたことにより、日々の養液供給が面倒になりました(汗)

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
「ベランダぐるぐる」構想
続・透水シートがやってきた
ベランゲリオン弐号機完成





テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

デルモンテのトマト苗購入
都心のホームセンター「ケーヨーデイツー三田店」さんで、トマト苗を調達しました。
2~3株の心積もりだったのですが、ついつい買いすぎてしまいました。
わがスーパーママチャリのかごには溢れんばかりのトマト苗群w
IMG_0738.jpg

何を買ったかというと…。
まずは2種の中玉フルーツトマト対決。
IMG_0734.jpg
これはデルモンテさんの中玉「フルーツルビーEX」。298円。同社のサイトの説明によると、「糖度がとても高いので、一口含むと果物のような甘さが広がる」とあります。



IMG_0737.jpg
対するは、カネコ交配さんの「中玉フルーツトマト・レッドオーレ」。198円。同社のサイトでは「最大の特徴はフルーティな食味にあり、高糖度かつ低酸度で粘質な食感はこれまでのトマトの常識からはかけ離れた素晴らしさです」と最大限に自画自賛。果たして、どちらに軍配が上がるのでしょうか。


次は大玉。
IMG_0733.jpg
サカタのタネさんの大玉トマト「麗夏」。198円。果肉がしっかりしていて完熟させられるので、リコピンやグルタミン酸の含有量が多い。昔ながらのトマトの味がするそうです。


さらにミニトマト2種。
IMG_0736.jpg
ケーヨーデイツーさんのオリジナルブランド「こくうま赤のミニトマト」。198円。これはネット上にほとんど情報がありません。


IMG_0731.jpg
低性ミニトマト「レジナ」。68円。低価格のため、説明ラベルさえついていません。購入後にネットで調べると、観賞用品種とも位置づけられています。実際に育てた人のブログなどを見ると、味についての評価は二分しているようです。好みにも左右されるんでしょうが、どんなもんでしょうか。
それぞれの種類の中から、節間が短く、茎が太い苗を選びました。

今回5株のトマト苗を半ば衝動買いしたことにより、わが工房のトマト苗はロシア原産黒トマト「ノワール・ラッセ」、仏「マルマンドVF」の2種10株を合わせて15株に。
こんなに多くのトマトを定植するスペースが、一体どこにあるというのか…。途方にくれる、きょうこのごろでありました。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
F1から撤退…高リコピントマト
トマト祭り@KYD2
解禁!三越本店のトマト苗





テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ アーリーセーフ LED装置零号機 ベランゲリオン初号機改 LED 麗夏 ブロッコリー ゴーヤ こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター DFT式 ポンプ 温室 ベランゲリオン四号機改 コロマイト パッションフルーツ 緑のカーテン ハダニ 朝顔 アスパラガス オーバーフロー 秋トマト LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 新北星 巨木トマト トマト エーハイム チェリーメイト 猛暑 ケーヨーデイツー 養液タンク 防根透水シート チューリップ レジナ モレスタン アイリスオーヤマ つくつく ベジタブルライフA ベランゲリオン参号機改 アブラムシ レッドオーレ ロックウール ケンマート 桃太郎 ダニ太郎 うどん粉病 ベタな自動給水装置 ハイポネックス 台風 尻腐れ ハイビスカス ハイポニカ 栽培槽 ヘンルーダ カリ カルシウム リン酸 窒素 花工場 タカノツメ オオゼキ ケイヨーデイツー オーバーフロー装置 チョコちゃん 三越本店 西洋朝顔 ダイン マイクロナノバブル トマトトーン 断根 タバコガ コーナン レッド・オーレ 結束バンド アブラー 就眠運動 太陽光反射パネル イオウフロアブル プランター アルミニウム 養液 捻枝 カダンセーフ ペットボトル 噴霧器 水耕栽培装置 DFT チェリーメート LED装置零号機 F1 NFT 白ゴーヤ 「フルーツルビーEX ミリオン 珪酸カルシウム 唐辛子焼酎 LED装置初号機 室外機 こくうま赤のミニトマト 就眠活動 アゲハチョウ プチプチ インパチェンス エキナセア 栽培層 ワイヤー棚 ホップ 高リコピントマト べランゲリオン弐号機 べランゲリオン初号機改 越冬計画 クエン酸回路 熱帯魚用ヒーター アロイトマト インシュロック トマト棚 ヒーター 鉄分 マグネシウム 完熟王 「ベランゲリオン四号機改 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。