FC2ブログ
べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
ビニールハウス計画その2
ビニールハウス用の資材の買い出しに出かけ、予定外の物を買ってしまいました。頑丈な造りのワイヤー棚。「ニューワイヤーシェルフ4段90 WSD9015-4」(巾91.5x奥行46x高さ151cm)。
IMG_0707.jpg
当初は園芸用支柱を使いビニールハウスの骨組みから自作する考えでした。ただ、決して易きに流れたわけではありません。
計画通り、ホームセンター「ホーマック大井競馬場前店」の園芸用支柱コーナーをのぞいたところ、ちょっとした誤算が。支柱は縦(150センチ)×4本、横(1メートル)×7本、奥行き(40センチ)×6本による急造設計図を基に、園芸用支柱を物色したのですが、意外にも、切りのよい1メートルの寸法の支柱はなく、前後は90センチか120センチ。こうなると、長い支柱を自分で切断しなければなりません。切断のための道具もあるのですが、7本分を切断する労力に加え、切断面には樹脂のカバーがなくなり、さびが出るので、できれば避けたいところです。

1メートルの長さの細長いものを探して店内の売り場をウロウロ。すると、店内の各所の壁に垂直に設置されている丈夫なワイヤー棚板(脚立吊り下げ用)を発見しました。最初から面の組み合わせであるワイヤー棚板を使えば、支柱を組み合わせる作業を省けます。店員さんに同じ商品がほしいと伝えると「特注品の什器なので同じものは売ってません」とのこと。「でも、似たようなものがあるのでは」と食い下がったところ、確かにあるにはありました。ただ店員さんからは「水耕栽培用途では頑丈さが足りないでしょう」との鋭い指摘。そして勧められたのが、「ニューワイヤーシェルフ」製品群でした。
店員さんに礼を言い、しばし熟考。値段は150ミリの支柱2本だけで1780円。これを2セットと棚板を何枚か買うと軽く1万円を超えます。ふと後ろの陳列棚を振り向くと、「生活応援フェア」と銘打ち、150ミリ支柱4本と棚板4枚セットがなんと3980円で売られているではありませんか。

説明書きには「棚板重量80キロ」とあります。4枚の棚板それぞれに80キロの物を載せられる頑丈な構造。園芸用支柱で骨組みを作った場合、こういうわけにはいきません。80キロといえば、養液80リットル分。この大きさの栽培槽をそれぞれ4枚の棚に乗せられるということです。むろん高い位置にも。このワイヤー棚さえあれば、来春以降、トマトの発射台を高くして、藤棚上部にいきなり枝葉を展開することも可能になるというわけです。

すでにベランゲリオン零号機空中トマトを栽培していますが、根を展張できるスペースには限りがあります。大型栽培槽を高い位置に設置できればこの問題も解決します。

こんなわけで、ビニールハウス計画は最強に強まりました。ビニールハウス用のビニール生地は予定通りネット通販で注文。届き次第(注文販売のため到着は1週間後とのこと)、製作に取り掛かることにしています。

☆関連記事
ビニールハウス計画始動
たぎる野望
秋なのに不穏な構想

★ブログランキングに参加しています



☆関連アイテム

スポンサーサイト




テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

ベランゲリオン零号機の建造その2
空中トマトを育てるための水耕栽培装置ベランゲリオン零号機」の設計で最も頭を悩ませたのが、養液供給パイプ(往路)と栽培槽兼養液回収パイプ(復路)の接点(頂上部分)の構造です。
当初は往路の養液をペットボトルを加工して作る「苗受け(苗を直角に立てるための部品)」を検討していました(ペランゲリオン零号機の建造 参照)。しかし、空中トマトの場合、垂直に苗を立てる必要はなく(むしろ寝かせて水平に枝を伸ばすのが理想)、加えて、苗受けは機能的に意味がないとの結論に達し、構造をシンプル化することにしました。シンプルにするのは、問題が発生する確率を減らす最良の方法ですが、どうしたらシンプルにできるか散々悩みました。

頂上部分をどうするかの結論は結局、「頂上部分には何も作る必要がない」というものでした。要は、養液の循環路の途中のどこかに苗があればいいわけで、極端な話、往路と復路を区別する必要さえありません。そんなわけで、往路のパイプを復路のパイプに直結し、頂上部分の近辺に苗を定植するための穴を開けるだけという原始的構造を採用しました。
IMG_0447.jpg
実は、この構造を思いついたのは、必要な部品を調達しに出かけたホームセンター「ホーマック大井競馬場前店」さんの店内を歩き回っていたときのことです。当初は一つのパイプに2株のトマト苗を定植する計画でしたが、ベランゲリオン初号機で育成していた空中トマト用苗の根は想像以上に大きくなっており、1本の復路で2株を育成するのは不可能であることがわかりました。配管コーナーを見ていたところ、パイプを2つに分けるY字型の部品を見つけ、急遽、復路を二分してそれぞれに1株ずつ定植する形にしました。

Y字型部品と、復路の出口部分に接続する部品です。頂上部分と初号機に養液を戻す部分の2カ所に使用。養液を戻すための配管のうち1本と、パッキンは使いませんでした。
IMG_0438.jpg
ホーマックの店員さんにお聞きしたところ、このY字型部品は洗濯機用ホースをそのままねじ込むだけでよいとのことでした。洗濯機用ホース1本ずつに1株を定植することにしたため5メートル分の復路を2.5メートルずつに二分しました。この2.5メートルであっても、果たしてトマトが全体に根を張るかは分かりません。仮に2.5メートルでは足りず、復路の出口から根が伸びてくるようなことがあれば新たな栽培槽を用意する計画です。

☆関連記事
べランゲリオン零号機の建造
空中トマト計画の基本構想
ベランゲリオン初号機(序章)

★ブログランキングに参加しています



☆アイテム情報




テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ LED アーリーセーフ ベランゲリオン初号機改 LED装置零号機 麗夏 ゴーヤ ブロッコリー こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス ポンプ 温室 DFT式 ベランゲリオン四号機改 セラミックファンヒーター 緑のカーテン パッションフルーツ コロマイト オーバーフロー 朝顔 アスパラガス ハダニ 秋トマト ベランゲリオン零号機改 LED装置初号機 トマト 巨木トマト 新北星 エーハイム 猛暑 養液タンク チェリーメイト ケーヨーデイツー つくつく チューリップ アブラムシ ベジタブルライフA ロックウール アイリスオーヤマ モレスタン 防根透水シート ベランゲリオン参号機改 レッドオーレ レジナ 台風 ケンマート ハイポネックス うどん粉病 ベタな自動給水装置 尻腐れ 桃太郎 ダニ太郎 タカノツメ ヘンルーダ ハイビスカス 結束バンド 花工場 アブラー 窒素 栽培槽 ハイポニカ オオゼキ カリ カルシウム リン酸 タバコガ ダイン 断根 コーナン マイクロナノバブル 西洋朝顔 トマトトーン チョコちゃん 三越本店 オーバーフロー装置 ケイヨーデイツー レッド・オーレ 完熟王 越冬計画 ヒーター LED装置零号機 就眠運動 アゲハチョウ 高リコピントマト ホップ 就眠活動 太陽光反射パネル LED装置初号機 室外機 プランター ペットボトル 水耕栽培装置 エキナセア アルミニウム 養液 栽培層 ワイヤー棚 鉄分 マグネシウム インパチェンス ミリオン 唐辛子焼酎 珪酸カルシウム イオウフロアブル 噴霧器 白ゴーヤ NFT アロイトマト F1 チェリーメート DFT カダンセーフ 捻枝 トマト棚 べランゲリオン初号機改 べランゲリオン弐号機 プチプチ インシュロック クエン酸回路 「フルーツルビーEX 「ベランゲリオン四号機改 熱帯魚用ヒーター こくうま赤のミニトマト 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者