べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活動限界まで15日?
定植から約5週間目を迎えた空中トマト。2株のうち1株は、一時的に養液が流れなくなるというトラブルに見舞われ、元気がなくなりました。もう1株は多くの花をつけ、脇芽を伸ばしています。これが比較的、元気がある方の株。定植部からも脇芽が伸びているのがわかるでしょうか。
IMG_0752.jpg
ただ、このところ朝夕は肌寒いほど気温が低下しています。そのせいか、勢いがあるとはいえません。元々、秋トマトは10月末までと予想していましたが、実際に活動限界まではあと15日くらいしかないのでしょう。
というわけで、空中トマトは近々、ベランゲリオン零号機ともどもビニールハウス内に退避させようと思います。

ビニールハウス内は暖かくなるのでしょうが、午後は建物の影に入り、直射日光が当たらなくなります。ビニールハウスの支柱に成長促進用のLEDを設置すれば、日照がなくても光合成ができるだけでなく、夜間の保温にも貢献するはず。早めに取り付けたいのですが、半田ごてすら持っていない電気音痴なので、ただいまオームの法則などを改めて勉強中ですw

☆関連記事
ビニールハウス計画その4
たぎる野望
空中トマト2週間

★ブログランキングに参加しています






スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

たぎる野望
空中トマト4週間目の定期報告。花こそつけているものの、脇芽も大きく伸びず、成長はやや停滞気味です。
IMG_0684.jpg
下からは見えない藤棚上に手首を突き出して空中トマト定植部を乱れ撮り。写った画像を見てびっくりしました。
IMG_0686.jpg
これは、ポンプから養液を受けとる二股パイプ(上部は苗の定植部、下部は養液供給部)の上部の様子。空中トマトの根をよく見ると、乾燥しているようです。当初は養液中で成長していました。しかし株の根元が肥大化してパイプを塞いでしまうことを恐れ、必要以上に苗をパイプの外に引き出してしまったためと思われます。

定植部をパイプの奥にやや深く押し込んで、根元から生えた根をきちんと養液の供給路に載せました。これで元気を取り戻してくれればよいのですが…。ちなみに、予備役として地上のベランゲリオン初号機で勤務していた空中トマトの同期生、秋トマト3番株は葉と枝がすべてしおれて危篤状態となり、とりあえず1階のプランターに緊急避難(?)しました。

さて、水耕栽培は10月末にはシーズン終了と思っていましたが、インフラさえ整えればシーズンオフにもさまざまな実験ができることに気づきました。インフラの一つは、暖かい気温を保つためのビニールハウスであり、もう一つは日陰でも光合成を促進する植物育成LEDです。

この2つのインフラがそろえば、単に冬シーズン植物を育てられるだけでなく、来春スタートする巨木トマトの発射台を高くすることもでき、ほぼ最強。冬場に苗を一定の大きさまで育成し、最盛期にかけ、一気呵成に成長させることも可能になります。狭いベランダで巨木トマトを目指す以上、この2つのインフラ整備の実現に向けた挑戦は宿命といっても過言ではないでしょうw

というわけでホームセンターに…。しかし、またも試練が(続く)

☆関連記事
秋なのに不穏な構想
撤収&新プロジェクト
夏植えキュウリ崩壊

★ブログランキングに参加しています






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

ベランゲリオン零号機が暴走
空中トマトを育てていた、ベランゲリオン零号機が突如として暴走しました。
空中トマト2株のうち、1株の苗を挿してあるホース部分から養液があふれ、外部に漏れ出したのです。
IMG_0565.jpg
とりあえずポンプを止めて、苗の状態を確認すると、根がホースの内部いっぱいに張って、養液の流れを阻害しています。
IMG_0566.jpg
養液が勢いよく根にぶつかって外に出たものとみられます。

ホースから苗を引き抜いてみると根は20センチほどの円柱型に。
IMG_0570.jpg
ホース内部で根詰まりが起きる可能性は、半ば予想していた事態ではありました。
早晩、もう一本の苗も同様の根詰まりを起こすことでしょう。早急な対策が必要になりました。

暫定的に、引き抜いた苗はベランゲリオン初号機に挿し、代わりに、しおれかかっている第3の秋トマトを零号機に挿すことにしました。第3の秋トマトは根が細く、当面は根詰まりを起こす心配がありません(というか、枯れそうです)。

零号機を改装し、元の位置に戻す計画です。

実は、ゼロ号機からの養液漏れは前にも一度経験していました。前回は、苗の位置をちょっとずらしただけで養液漏れが止まったので、さほど気にしていませんでした。
しかし前回も今回と同様に不思議な状況下で養液漏れが起きました。零号機の養液タンクの機能も持つ初号機に、5リットルジョウロで養液を入れた途端に上部のホースから養液が漏れ出したのです。

理由としては
①養液の量が増えたことでポンプの養液汲み上げスピードが速くなった
②養液の微妙な変化を感じ取り、トマトの根が膨らんだ
の2つしか考えられません。こんなことが起きるのかと驚きますが、どちらかでしょう。

いずれにせよ、洗濯機用ホースが栽培槽として適さないことが判明し、零号機の構造を基本から見直す必要が出てきました。改装は大掛かりなものとなりそうです。

☆関連記事
ベランゲリオン零号機の建造その2
空中トマト定植から1週間
空中トマト発進!

★ブログランキングに参加しています






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

空中トマト2週間
猛暑が終わったかと思うと急に秋らしくなってきました。藤棚上の空中トマトが活発に光合成できる日数も限られてきました。

定植から2週間が過ぎ、2株とも順調に生育しています。1本の株は花をつけたので、トマトトーンを一吹きしました。
IMG_0557.jpg
よく見ると、しっかりと脇芽も伸ばし始めています。
IMG_0555.jpg
一方、地上のベランゲリオン初号機空中トマトにトラブルが起きたときのために待機している3本目の秋トマトが、どうしたことかしおれ始めています。
IMG_0558.jpg

原因はまったくわかりません。同じ養液で育っている空中トマトや夏植えキュウリにめだった障害はありません。ただ、空中トマトも葉がやや内向きなので窒素過多の可能性があり、養液を薄めにして様子を見守ることにしました。

☆関連記事
ベランゲリオン零号機の建造その3
空中トマト定植から1週間
空中トマト発進!

★ブログランキングに参加しています






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

空中トマト定植から1週間
空中トマト2株はベランゲリオン零号機への定植から1週間が過ぎ、藤棚の上で水平方向に勢力を広げつつあります。
IMG_0505.jpg
よく見ると、花穂もつけ始めました。
IMG_0506.jpg
ただ、成長のペースは春トマトに比べると、やや緩やかに感じます。今シーズン中にどこまで育つのでしょうか。

こちらは、空中トマトと同時購入し、ベランゲリオン初号機で育成中のトマト。朝夕は直射日光が当たらず環境は空中トマトに比べ悪いのですが、今のところ大きな差はありません。むしろこちらの方が一足早く小さな花を咲かせました。
IMG_0507.jpg

☆関連記事
空中トマト発進!
空中トマト計画の基本構想
空中トマト計画、早くも暗礁

★ブログランキングに参加しています






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 フルーツルビーEX 藤棚 つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ホーマック ベランゲリオン零号機 ベランゲリオン参号機 サングランデ アーリーセーフ LED ベランゲリオン初号機改 LED装置零号機 キュウリ 麗夏 ゴーヤ ブロッコリー ビタミンエース こいあじ ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター ベランゲリオン四号機改 ポンプ 温室 DFT式 コロマイト 緑のカーテン パッションフルーツ 朝顔 オーバーフロー ハダニ アスパラガス LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 秋トマト エーハイム 新北星 巨木トマト トマト チェリーメイト ケーヨーデイツー 猛暑 養液タンク ロックウール チューリップ アイリスオーヤマ 防根透水シート アブラムシ レジナ モレスタン ベランゲリオン参号機改 ベジタブルライフA レッドオーレ つくつく ベタな自動給水装置 ダニ太郎 ケンマート 桃太郎 うどん粉病 ハイポネックス 尻腐れ 台風 タカノツメ カリ 窒素 ハイポニカ 栽培槽 リン酸 ハイビスカス 花工場 カルシウム ヘンルーダ オオゼキ タバコガ 三越本店 トマトトーン コーナン チョコちゃん オーバーフロー装置 西洋朝顔 レッド・オーレ ケイヨーデイツー ダイン アブラー 断根 マイクロナノバブル 結束バンド 水耕栽培装置 カダンセーフ アルミニウム チェリーメート 捻枝 養液 「ベランゲリオン四号機改 「フルーツルビーEX F1 噴霧器 イオウフロアブル プランター 室外機 ペットボトル 唐辛子焼酎 白ゴーヤ ミリオン DFT NFT 珪酸カルシウム トマト棚 インパチェンス 就眠運動 就眠活動 栽培層 ワイヤー棚 アゲハチョウ ヒーター 完熟王 LED装置初号機 太陽光反射パネル 越冬計画 ホップ 高リコピントマト マグネシウム LED装置零号機 インシュロック クエン酸回路 鉄分 べランゲリオン初号機改 エキナセア こくうま赤のミニトマト プチプチ べランゲリオン弐号機 熱帯魚用ヒーター 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。