べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017空中トマト発進!
約8カ月ぶりの更新です。MSによるWIN7から10への強制グレードアップを元に戻したのを機にアイフォーンで撮った写真をパソコンに取り込むのに毎回アイフォーンのドライバー更新が必要になり、ブログ作りが億劫になっていました。アイフォーン新OSへの移行でようやく復旧しました。

今シーズンも例年とほぼ同時期の5月中旬、3階ベランダのトマト棚東側と西側に1基ずつ設置したタワー型水耕栽培装置「ベランゲリオン四号機」にそれぞれ1株ずつのトマト苗を定植。空中トマトの栽培を開始しました。
東側に定植したのは、昨年に続きサントリーさんの「こいあじ」。
IMG_7440.jpg
グルタミン酸が効いたお味は夏場の冷酒のおつまみにぴったり。大のお気に入りになりました。この苗はコンパクトにまとまった容姿ながら、すでに多くの果房をつけています。

そして、今シーズンの目玉は西側に定植したこの苗。
IMG_7453.jpg
初めて栽培に挑戦する「アロイトマト」です。大玉品種では最も糖度が高い品種の一つとされています。苗はホームセンターにも売られていないため実生からのスタートです。播種は1月下旬。これは1月31日の様子。
IMG_7387.jpg

実生は、過去に栽培したロシア原産の黒トマト「ノワールラッセ」や超大玉トマト「ブランディワイン」で経験済みだったものの、しばらくやっていなかったせいかコツを忘れて思いのほか苦戦しました。発芽からしばらくすると、立ち枯れてしまう苗が続出したのです。本葉が展開した頃から薄く作った養液を与えましたが、養液がロックウールの培地で乾燥することに伴い濃縮され、養液を吸収できなくなったためではないかとみています。

それでも、何とか2苗は命脈をつなぎ、遅霜の心配がなくなってからベランダに移してぶくぶくで育成。1本は水耕栽培で、もう1本は土耕で育てることにしました。
IMG_7450.jpg


本日のベランダの様子。わずか3週間あまりの間に、こいあじは十数本の穂を伸ばし、果房の数は20余りに達したでしょうか。
IMG_7491.jpg

第1、第2果房の実も順調に肥大。
IMG_7493.jpg

例年のことながら、水耕パワーの威力には驚かされます。

一方のアロイトマトは第1果房の着果に失敗したせいか、やや暴れ気味。果房の数もこいあじの3分の1ほどにとどまっています。
IMG_7486.jpg
梅雨入り前にいくつ果房をつけられるかが、収穫量を左右することになるでしょう。

☆関連記事
2016空中トマト発進!
2015空中トマト発進!
2013空中トマト発進!

★ブログランキングに参加しています



スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

ベタな自動給水装置(3)

3階ベランダトマト棚西側の空中トマトぜいたくトマト」もようやくエンジンがかかり…
160731 005

大玉が次々と収穫できるようになりました(小ぶりの実はサントリーの「こいあじ」です)。
160731 002

旅行が2週間後に迫り、それまで土日の休日はこの週末を含めてあと2回。留守の間にトマト棚のトマトに水やりをしてくれる自動給水装置の完成が待ったなしの状況となりました。
そんなわけで、本日、「ベタな自動給水装置」の製作と設置を一気呵成に進めることに。

まずは、ベタな自動給水装置の機構とこれまでの製作過程のレポ。

この図は、養液タンクの上部にベタな自動給水装置を配置し、水道と直結したときの断面図です。

養液タンクが満タン状態だと…
自動給水装置1

ノズルレバーに吊り下げた浮き兼おもり用のペットボトルは水面に顔を出し、ノズルレバーと直結したステンレス製の細いチェーンはたわみ、レバーが上がってノズルは閉まった状態となっています。

しかし、養液が減少してタンク内の水位が下がると…

自動給水装置2

ペットボトルの重みでレバーが押し下げられ、ノズルが開いて水道の水がタンク内に流れ込む、というわけ。
何のことはない。レバーを手で握る動作をペットボトルに任せただけ。
この機構のベタさかげんがネーミングの由来です。

材料も、ノズルレバーを除けば、簡単に手に入るものばかり。

ホームセンターや百均で購入したパーツ。
160725 028

上から
ノズルレバー(1000円ちょっと。ノズル部分は使用せず)
T字型ユニクロ板、その穴にぴったりの小ネジやナット、Oリング、ステンレスのチェーン(合計で1000円くらい?)。

さらに、百均で購入したまな板台。
160725 040
ノズルを養液タンク上部の空間にインストールするのに使います。

まずはノズルレバーにドリルで2箇所の穴を空けて、T字型ユニクロ板をとりつけられるようにします。
おもりの重力をレバーに伝えるだけでなく、支点からの力点の距離がより長くなり、小さな力でレバーが動くようになります。
160725 030

レバーの内側にドライバーが入らないため、外側からネジ締めできる蝶ナットでレバーにT字型ユニクロ板を固定(逆向きにネジを差し込むと、余ったネジ部分がノズル本体に当たってレバーが十分に下がらなくなる恐れがありました)。

次にT字型ユニクロ板の左右両方の穴に、Oリング、ステンレスのチェーンを取り付け。
160725 033

なぜT字型ユニクロ板かといえば、おもりがノズル本体の下にあるため、両側からチェーンを通し干渉を回避する必要があるのです。

Oリングを小さなチェーンの目に通すのにちょっと苦労したものの、何とかチェーンとつながりました。
160725 037

台座にインシュロックで固定して肝になる部分が完成。
160725 047
なかなか、戦闘的なフォルムです。

満を持して、養液タンク上部へのインストール。
160731 010
1階の地下水栓から3階ベランダまでホースを引き回し、さらにシャワーノズルと自動給水装置向けに分岐させます。

次に、おもり兼浮きの接続。
160731 017

今回はポカリスウェット1.5リットルペットボトル。

事前のテストでは1キロの重量でレバーが押し下げられましたが、手元に1リットルボトルがありませんでした。
上部に少し空気部分を残して水を注入。吊り下げると、余裕でレバーが動きます。
160731 021
ペットボトルを吊り下げる高さは、チェーンとペットボトルの固定位置で調整します。

最後に、養液タンク上部への設置と、ホースの接続。
160731 018
養液タンク内の養液は、テストにはおあつらえ向きに、半分以下に減っていました。

元栓を開けると、勢いよく水がタンク内に流入。
わずか1分ほどで十分な水位となり、水は止まりました。…完璧です。

夕立の後、ベタな自動給水装置の完成を祝福するかのように東の空に現れた虹。
160731 025

しばし達成感にひたった夏の日の夕刻でありました。

☆関連記事
ベタな自動給水装置(2)
ベタな自動給水装置(1)
簡易給水機を設置へ

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

トマト棚で果房量産

梅雨の晴れ間の強い陽射しを受け、3階ベランダトマト棚を独占する勢いを見せているサントリー製大玉トマト「こいあじ」。
160626 030

雨天、曇天続きで、このところ、生長ペースが落ち込んでいるようでもありましたが、つぶさに観察してみると、着実に成長している様子が確認できました。

驚かされるのが、生殖生長の旺盛さ。どんどん花房をつけて、ほとんどの花が結実します。
この狭い範囲でさえ、これだけ果房がひしめいています。
160626 038

おそらく結実した果房は50房ほどはありそう。実の数ではすでに100個は超えているでしょう。中玉トマト級の量産が期待できそうです。

前回紹介したように、同じ花房の中で先に開いた花から一定のインタバルをあけて順番に肥大。
160626 047
後から咲いた花は長幼の序を重んじ、なかなか大きくなろうとしません。

順風満帆のようですが、心配事がないわけではありません。
それは尻腐れ。確認できたのは2個と、ごくわずかではありますが、今後、気温が上昇するにつれ、症状が広がる懸念がなきにしもあらず。
160626 044

今シーズン、尻腐れ対策として秘密兵器のマイクロナノバブルを購入したことはすでに紹介した通り。しかし本格的な夏が到来する梅雨明けに稼動させる計画でした。尻腐れ果の発生を受け本日、前倒しで投入。効果はいかに(比較実験は無理ですが・・・)
これと同時に、これまで3強で運用していた養液の導電率(EC)を2未満に下げ、尻腐れが起きにくくなるようにしました。

一方、こちらはトマト棚西側で地味に生長している「ぜいたくトマト」。
160626 034

こいあじに奪われたアドバンテージを取り戻すのは容易ではありません。

トマト棚の上の世界はどうなっているかというと…
160626 052

総じて見れば今シーズンはこれまでのところ、順調といってもよいでしょう。
本当の勝負は梅雨が明け、本格的な夏が到来するこれから。
このトマトたちに、どんな試練が待ち受けているのでありましょうか。

☆関連記事
神速初収穫! こいあじインプレッション
D社対S社 今季は軽量級大玉トマト空中戦
尻腐れ対策でマイクロナノバブル

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

神速初収穫! こいあじインプレッション

3階ベランダトマト棚東側に展開している空中トマト、サントリー製「こいあじ」は早くも第1果房に完熟果が。
160616 005

4月半ばに着花してからわずか2カ月のスピード収穫となりました。
トマトは開花から収穫までの積算温度(一日の平均気温の累積)の目安が1000度といわれますが、初夏のこの時期までに1000度に到達するのは、異例の速さといえます。比較的日照に恵まれ、何日か夏日を記録するなど気温が高かったためでしょう。

実の成熟ペースだけでなく、今年はトマトの木全体の生長ペースが例年以上に速いように思えます。
こいあじはすでにトマト棚の3分の1超の面積に。
IMG_6661.jpg

遅れて定植した西側のデルモンテ製「ぜいたくトマト」。
160616 025

初収穫にはなお時間がかかりそうですが、それでも水耕栽培ならではの急生長スイッチがカチリと入り、グングングンと、日々大きくなっています。

さて、初収穫したこいあじ
160616 019

インプレッションなどをまとめてみたいと思います。

まず目に付いた特徴が、生り方。
これまで育てたトマトは同じ果房の実が、ほんの少しの時間差で赤熟するため、緑から赤色にとグラデーションのような色彩になることが多かったように思います。
これに対し、こいあじは最初の果実だけが赤熟し、残りは緑のまま。このタイムラグは、同じ房の花が一個ずつ一定の時間差を置いて着花していたことが原因です。だからどうというわけでもありませんが、強いて言えばドカ生りで獲れすぎた実をもてあますリスクは多少軽減されるかもしれません。

次に大きさ。
重さは約100グラムでした。
160616 012
サントリーさんのパンフレットに記されているカタログ値(80~120グラム)の中央値。
大玉トマトに分類されているものの、一般に150グラム以上とされる基準に比べると軽量級です。


3番目はお約束の水没実験。
160616 017

見事にコップの底に沈みました。
それも、ゆらゆらとゆっくり沈むのではなく、即座にストンと行きました。
これは糖度を図る目安の一つですから、味には期待できそう…

しかし、我が家には糖度計などというハイテク機材はありません。

最後の試験、お味見は、きりりと冷えた冷酒とともに…
160616 024
アジシオを一振りして、ぱくり…

うみゃい。確かに濃いお味です。

サントリーさんのキャッチは「甘さ、うまみ、酸味 すべてが濃い!」ですが、グルタミン酸系のうま味が勝ち、「甘い!」という印象はありません。カタログ値では「7~9度」の高糖度だそうです。糖度計で図れば、あるいは高い値なのかもしれません。

しかし、冷酒との相性は抜群。おつまみとしては文句なく、高糖度トマトを凌ぎます。
今年の夏は、ついつい冷たいお酒が進んでしまいそうな危ない予感が…

☆関連記事
D社対S社 今季は軽量級大玉トマト空中戦
おフランスの冷やしトマト
おロシヤの冷やしトマト

★ブログランキングに参加しています




テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

ヘビのおもちゃの鳥よけ効果

ベランダ3階のトマト棚東側の空中トマトこいあじ」は相変わらず早いペースの成長が続いています。
160605 009

じゃんじゃん脇芽を伸ばすなど暴れ気味。この先、枝葉の整理が大変そうです。

遅れて西側に定植した「ぜいたくトマト」はまだ調子が出ない様子。
160605 008
こいあじと比べ収穫には大きな差が出そう。

さて、本日は、鳥害対策として昨シーズン、トマト棚に配置したゴム製のへびのおもちゃ(当時の記録はこちら)についてレビューしたいと思います。
160214 033

ネットで探し当てた香港の会社に注文し、国際便で届いたヘビのおもちゃ。
実はこの製品、日本でも入手できたのです。

売っているのは、百均チェーン大手ダイソーさんのお店。
160214 066

香港から送られてきたものと色付けこそ微妙に違うものの、形はまったく同じ。同じ金型から作られたものであるのは明白です。
しかも、値段は一匹108円也。
わざわざ香港に3倍の値段で注文を出していた私。灯台下暗しとはこのことです。

ただ、ダイソーさんの店舗でこの製品を置いているのは、一部の大型店。私の場合、1時間以内に自転車で往復できる数店舗に電話で問い合わせ、在庫があったのは5店舗中、1店舗だけでした。
早速、買い付け。子供向けのおもちゃコーナーに置かれていたへびのおもちゃを大人買い。


香港での購入分を合わせ、これだけあれば、トマト棚の配置したいところに思う存分、配置することができます。
160214 092


鳥におもちゃだと見破られないか心配だったため、すべて違う形のへびをそろえたかったのですが、種類は限られ、色違いのものを選びました。それにしても、なぜ日本にいないコブラなど作ったのか。
「鳥目」などという言葉から鳥は視力が弱いという印象があります。色違いなどにこだわっても無意味?
豈図らんや、何と、色の識別能力は人間を上回るのだそうです。多くの哺乳類が2原色、人間が3原色なのに対し、繁殖時には色で異性にアピールする鳥は4原色(RGB+紫外線)を識別するのだとか…。
ハデハデのへびの方がより鳥よけ効果が高いというわけ。

さて、実際にどれほどの効果があったのか…
ある日、ベランダに飛来したヒヨドリがトマト棚に止まろうとする寸前にへびに気づき、悲鳴を上げながら逃げていく様子を目にしました。

効果覿面と喜んだのもつかの間、へびの鳥よけ効果には大きな落とし穴があったのです。それは「馴れ」。
最初の数日はへびのいる場所に近づいてきませんが、5~7日後には、へびのいる目の前の手すりに鳥の糞がありました。
160214 053

どうやら、数日、動かさないままだと、へびが景色の一部に溶け込み、脅威だとは感じなくなるようです。

これを防ぐには、2~3日くらいの一定周期でローテーションを組んでへびの設置場所を変えるなどの対策(名づけてヘビーローテーション作戦w)が必要でしょう。ただ、わがトマト棚にへびを置いた昨シーズンの厳冬期は、ベランダに出るのが億劫だったため試していません。
今シーズン、暖かい時期に鳥がやってくるようなら試してみようと思っています。

☆関連記事
カラスの襲撃・・・トマト苗大打撃
ヒヨドリ猛威
2014夏秋の鳥害対策

★ブログランキングに参加しています





テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ アーリーセーフ LED装置零号機 ベランゲリオン初号機改 LED 麗夏 ブロッコリー ゴーヤ こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター DFT式 ポンプ 温室 ベランゲリオン四号機改 コロマイト パッションフルーツ 緑のカーテン ハダニ 朝顔 アスパラガス オーバーフロー 秋トマト LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 新北星 巨木トマト トマト エーハイム チェリーメイト 猛暑 ケーヨーデイツー 養液タンク 防根透水シート チューリップ レジナ モレスタン アイリスオーヤマ つくつく ベジタブルライフA ベランゲリオン参号機改 アブラムシ レッドオーレ ロックウール ケンマート 桃太郎 ダニ太郎 うどん粉病 ベタな自動給水装置 ハイポネックス 台風 尻腐れ ハイビスカス ハイポニカ 栽培槽 ヘンルーダ カリ カルシウム リン酸 窒素 花工場 タカノツメ オオゼキ ケイヨーデイツー オーバーフロー装置 チョコちゃん 三越本店 西洋朝顔 ダイン マイクロナノバブル トマトトーン 断根 タバコガ コーナン レッド・オーレ 結束バンド アブラー 就眠運動 太陽光反射パネル イオウフロアブル プランター アルミニウム 養液 捻枝 カダンセーフ ペットボトル 噴霧器 水耕栽培装置 DFT チェリーメート LED装置零号機 F1 NFT 白ゴーヤ 「フルーツルビーEX ミリオン 珪酸カルシウム 唐辛子焼酎 LED装置初号機 室外機 こくうま赤のミニトマト 就眠活動 アゲハチョウ プチプチ インパチェンス エキナセア 栽培層 ワイヤー棚 ホップ 高リコピントマト べランゲリオン弐号機 べランゲリオン初号機改 越冬計画 クエン酸回路 熱帯魚用ヒーター アロイトマト インシュロック トマト棚 ヒーター 鉄分 マグネシウム 完熟王 「ベランゲリオン四号機改 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。