べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤棚に寒波の魔手
東京は寒波と強風に見舞われ、我が工房のベランダにも影響が及んでいます。

ベランダの温室は、ビニールをクリップで支柱に固定していますが、あまりの強風でビニールがあおられてクリップがはずれ、温室内に冷気が…(汗)。このため固定するクリップの数を増やすことにしました。

こんなこともあろうかと、ホームセンター「ホーマック大井競馬場前店」で余分に購入していたクリップ。ビニールハウスなどでも使われている「らくらくパッカー」です。
IMG_0205.jpg

一方、寒波の影響は意外なところに…。ベランダの藤棚(トマト棚)の支柱同士を固定していた結束バンドです(支柱の背景の電線とあいまって、どれが支柱だか結束バンドだかわからない写真にw)。
IMG_0200.jpg

このバンド、あろうことか寒さのため切れてしまうのです。こんなふうに。
IMG_0199.jpg

支柱の固定には百均ショップで購入した大中小3サイズの結束バンドを使いましたが、切れてしまうのは、このうち最も細いタイプだけ。バンドに圧力を加えるとパキッと音を立ててはじけます。昨年12月頃からこの現象が出ていましたが、本日は寒波と強風がセットでやってきたため、一挙に4~5本の結束バンドが破損したものと思われます。

支柱の固定は結束バンドだけでなく、ゴム製バンドなども併用し何重にも行っているので、ただちに藤棚が崩壊するわけではありませんが、補修が必要です。

当初は紫外線による劣化が原因と考えていました。そこで、ホーマック大井競馬場前店に耐侯性の結束バンドを買いに行くと、我が工房と同じように、自宅で園芸用支柱を使って藤棚を組まれているという女性店員さんがおり、いろいろとアドバイスしてくれました。

それによると、冬場に結束バンドが破損するのは、寒さのため弾力性を失うためだそうです。本来は多少よじれても素材が柔軟に伸縮して力を吸収できるようになっています。しかし一定以下の寒さになると固化してしまうのです。春になり気温が上がると弾力性が戻るそうです。

また、同じ素材ながら、サイズが大きければ、寒さで多少弾力が失われても破損することはほとんどないとのことで、大きなサイズを選ぶよう薦められました。
そこで、紫外線などにも強い、耐侯性のある大き目の結束バンドを購入することにしました。
IMG_0212.jpg
ネットで調べると、非耐侯性のものは寿命が1~2年に対し耐侯性のものは4~5年という感じでしょうか。どちらを使うにせよ、定期的なメンテナンスは欠かせません。

☆関連記事
藤棚(もどき)製作記4(完結編)
藤棚(もどき)製作記3
藤棚(もどき)製作記2

★ブログランキングに参加しています



☆今回の記事に登場したアイテム


スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

温室強化作戦を発動その3
日曜日は気温が高く、温室内の温度計は午前10時時点で10度超え。ヒーター類の稼働ペースを落とすことにしました。

日差しのある午前10時台から15時台までの6時間は稼動を取りやめ、16時台からは15分稼動して30分休止するペースに設定しました。

養液の水温は計っていませんが、使用している熱帯魚用ヒーターは最大20リットル水槽用で26度を確保するよう設計されているのに対し温室内の養液タンクは40リットル強と2倍の容量。単純計算すると、水温0度から暖める場合、常時通電して13度、3分の1の稼働ペースなら平均4度強程度を確保できることになります。

この設定で電気代を計算すると、セラミックファンヒーター(消費電力300ワット)は1時間当たりの電気代が6.6円と表示されているので、1日当たり電気代は稼動18時間×2.2円=39.6円。熱帯魚用ヒーター(50ワット)はセラミックファンヒーターの6分の1なので1日当たり約6.6円。月間の合計電気代は1584円です。これに対しわが工房で育てている植物は現状、ブロッコリー10株だけ。これが植物工場事業なら間違いなく経営破たんですw

さて本日の作業は、日照と温度の両方に寄与する太陽光反射鏡の設置。
反射鏡の素材をホームセンターで物色。候補として①本物の鏡②ステンレス板③額縁にアルミホイルを入れる-などの可能性も検討しましたが、いずれも1000円~数千円とコストがかさむため、結局、百均で入手できる水耕栽培用の定番素材2点(合計コストはたった210円w)でまかなうことにしました。

素材とは、ワイヤー板とアルミパネル。反射鏡の骨格となるワイヤー板を藤棚の支柱に固定しアルミパネルを巻き付けるだけ。普段使うアルミパネルは表面がざらざらする加工が施されて反射率が低いため、キャンドゥさんでよく光るパネルを調達しました。

まずはワイヤー板をインシュロック(結束バンド)で支柱に固定。
IMG_1576.jpg

次にワイヤー板の外側にアルミパネルを固定して完成。
IMG_1582.jpg
うーむ。どこまで効果を挙げるものやら…
見栄えは決して良いとはいえません。風雨が強い日に騒音を立てたりしたら即、家人から撤去勧告が来そうな気配w

☆関連記事
温室強化作戦を発動その2
温室強化作戦を発動
温室強化の構想

★ブログランキングに参加しています








テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

トマト類補完計画
ベランゲリオン零号機改藤棚上に展開していた最後の空中トマトビニールハウス内に設置したベランゲリオン弐号機に移管したものの、その後の生育状況は芳しくありません。これはビニールハウスの奥にデジカメを持った手を差し入れ、反対側から撮った写真。
IMG_0984.jpg
おおっ、ビニールハウスの中はやっぱりあったかい。写真手前はブロッコリー。中央の枝葉が空中トマト。中央上部やや右寄りに青い実があるのがわかるでしょうか。ただ、成長点も判別が難しい状況で、復活は難しそうです。

このままでは、我が工房からトマトが絶滅してしまいます。冬に向かうこの時期に新たなトマト株を育てるのは無謀かもしれませんが、ビニールハウス設置に続きLED増強を計画している我がベランダなら多少の無理もききそうな気がしています。

ただ、季節はずれのトマト苗はネット通販でも売られておらず、季節を問わずありそうな種さえホームセンターに置いていません。そんなわけで、希望を担う救世主がこれ(ちょっとピンボケ)。
IMG_0976.jpg
近くのスーパー「オオゼキ 戸越公園店」さんで買った完熟の大玉トマト。「トマト相場高騰」とのエクスキューズ付きで1個238円で売られていました。完熟なら種取りには好都合と判断。たぶん桃太郎とは思いますが、店員さんに品種を確かめることもせず購入しました。しかし包丁を入れてみると完熟した大玉の割に、種は意外に小さめ。「絶対無理」と断言する妻子を前に種6粒を選り分けて乾燥が完了。いよいよガーゼに水を含ませ発芽を待ちます…
IMG_0978.jpg
てゆーか、本当に発芽するのでしょうか。

☆関連記事
越冬計画着々
活動限界まで15日?
養液タンク建造

★ブログランキングに参加しています







テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

ビニールハウス計画始動
冬季用水耕栽培のインフラ整備に本格的に着手しました。
計画の柱は
藤棚の一部ビニールハウス
②光合成促進用LEDの設置
-の2つ。同時にベランダの床部分に設置しているベランゲリオン初号機を養液タンク槽と植物栽培槽に分離。栽培槽部分を高い位置に設置してより多くの日光が当たるようにする計画です。
ビニールハウス1

LEDについては秋葉原の東京ラジオデパート1階奥のお店で植物の光合成を促進する670ナノの砲弾型赤色LED(1個600円!!)を売っていました。他のLEDと組み合わせて追々、藤棚の支柱に設置し夜間だけ照射する構想です。
その前に、まずはビニールハウス。可能ならベランダ全面をビニールハウス化してしまいたいのですが、 そうすると洗濯物が干せなくなってしまうので部分改装です。
ホームセンター「ホーマック大井競馬場前店」に秋季・冬季用栽培施設整備に向けた材料の買い出しに。買い物リストは次の3つ
ビニールハウス用のビニール生地
②園芸用支柱にビニールを固定するためのクリップ
③栽培槽を設置するための棚増設のための支柱や板

店員さんに「ビニールハウスを作りたい」と相談したところ、最初に案内してくれたのは、園芸用小型ビニールハウスセットの売り場。棚板が2~4段の3タイプの商品があり、約2000~4000円と格安です。
しかし、今回は、ベランダに組み立て済みの藤棚の支柱を活用する計画であるため、ビニール生地だけほしいと伝えたところ、案内されたのはテーブルクロス売り場。量り売りで透明のビニールクロスは一番薄い0.06ミリでもメートル当たり(幅は1.2メートルだったかな)約600円。高杉。
今回はたぶん5メートルほどは必要になります。それに、強風時のことを考えるともう少し厚手のものを使いたいので、総額5000円超と、想定以上に値が張る計算です。

これに対し、セット商品は安いだけでなく、ビニールハウスの骨組み付き。時間も手間もかからないことを考えれば断然こちらです。しかし、藤棚の骨組みの中にもう一つ別の骨組みを設置するという重複感にはちょっと抵抗がありました。そして何より、素人工作プロガーとして、出来合いのものはなるべく使いたくないとの矜持も。というわけで、手作り路線でセット商品にも負けない低コスト化の可能性を探ることにしました。

ホームセンターは家庭向け中心なので仕方ないとあきらめ、ネットで農家向けのビニールハウス資材を物色することに。ぐぐってトップに出てきたのが、「通販で買うパイプハウス&農業資材」という宮田物産さんのサイト。

汎用外張りビニールは1.35メートル×0.1ミリでメートル当たり156円。最低購入単位の5メートルで総額800円弱。送料630円を入れても1500円未満です。これをまずはビニールハウスの壁部分にぐるりと巻いて園芸用支柱クリップで固定し、屋根部分をかぶせればよいでしょう。後は栽培槽設置用の棚板を増設するだけ。ビニールハウス工事には、なんとかめどが立ちました。

☆関連記事
たぎる野望
秋なのに不穏な構想
撤収&新プロジェクト

★ブログランキングに参加しています






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

たぎる野望
空中トマト4週間目の定期報告。花こそつけているものの、脇芽も大きく伸びず、成長はやや停滞気味です。
IMG_0684.jpg
下からは見えない藤棚上に手首を突き出して空中トマト定植部を乱れ撮り。写った画像を見てびっくりしました。
IMG_0686.jpg
これは、ポンプから養液を受けとる二股パイプ(上部は苗の定植部、下部は養液供給部)の上部の様子。空中トマトの根をよく見ると、乾燥しているようです。当初は養液中で成長していました。しかし株の根元が肥大化してパイプを塞いでしまうことを恐れ、必要以上に苗をパイプの外に引き出してしまったためと思われます。

定植部をパイプの奥にやや深く押し込んで、根元から生えた根をきちんと養液の供給路に載せました。これで元気を取り戻してくれればよいのですが…。ちなみに、予備役として地上のベランゲリオン初号機で勤務していた空中トマトの同期生、秋トマト3番株は葉と枝がすべてしおれて危篤状態となり、とりあえず1階のプランターに緊急避難(?)しました。

さて、水耕栽培は10月末にはシーズン終了と思っていましたが、インフラさえ整えればシーズンオフにもさまざまな実験ができることに気づきました。インフラの一つは、暖かい気温を保つためのビニールハウスであり、もう一つは日陰でも光合成を促進する植物育成LEDです。

この2つのインフラがそろえば、単に冬シーズン植物を育てられるだけでなく、来春スタートする巨木トマトの発射台を高くすることもでき、ほぼ最強。冬場に苗を一定の大きさまで育成し、最盛期にかけ、一気呵成に成長させることも可能になります。狭いベランダで巨木トマトを目指す以上、この2つのインフラ整備の実現に向けた挑戦は宿命といっても過言ではないでしょうw

というわけでホームセンターに…。しかし、またも試練が(続く)

☆関連記事
秋なのに不穏な構想
撤収&新プロジェクト
夏植えキュウリ崩壊

★ブログランキングに参加しています






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ アーリーセーフ LED装置零号機 ベランゲリオン初号機改 LED 麗夏 ブロッコリー ゴーヤ こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター DFT式 ポンプ 温室 ベランゲリオン四号機改 コロマイト パッションフルーツ 緑のカーテン ハダニ 朝顔 アスパラガス オーバーフロー 秋トマト LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 新北星 巨木トマト トマト エーハイム チェリーメイト 猛暑 ケーヨーデイツー 養液タンク 防根透水シート チューリップ レジナ モレスタン アイリスオーヤマ つくつく ベジタブルライフA ベランゲリオン参号機改 アブラムシ レッドオーレ ロックウール ケンマート 桃太郎 ダニ太郎 うどん粉病 ベタな自動給水装置 ハイポネックス 台風 尻腐れ ハイビスカス ハイポニカ 栽培槽 ヘンルーダ カリ カルシウム リン酸 窒素 花工場 タカノツメ オオゼキ ケイヨーデイツー オーバーフロー装置 チョコちゃん 三越本店 西洋朝顔 ダイン マイクロナノバブル トマトトーン 断根 タバコガ コーナン レッド・オーレ 結束バンド アブラー 就眠運動 太陽光反射パネル イオウフロアブル プランター アルミニウム 養液 捻枝 カダンセーフ ペットボトル 噴霧器 水耕栽培装置 DFT チェリーメート LED装置零号機 F1 NFT 白ゴーヤ 「フルーツルビーEX ミリオン 珪酸カルシウム 唐辛子焼酎 LED装置初号機 室外機 こくうま赤のミニトマト 就眠活動 アゲハチョウ プチプチ インパチェンス エキナセア 栽培層 ワイヤー棚 ホップ 高リコピントマト べランゲリオン弐号機 べランゲリオン初号機改 越冬計画 クエン酸回路 熱帯魚用ヒーター アロイトマト インシュロック トマト棚 ヒーター 鉄分 マグネシウム 完熟王 「ベランゲリオン四号機改 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。