べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトの根2m超えで最強装置
3階ベランダ東側のトマト棚の上で急速に枝葉を伸ばすデルモンテの「ぜいたくトマト」。
IMG_3150.jpg

トマト棚上の眺め。花の数も加速度的に増えてきました。
IMG_3161.jpg

これだけ茂ると、根詰まりを起こさないか心配になります。
空中トマト用タワー型栽培装置「ベランゲリオン四号機」は直径約20cmほど。
昨シーズンの経験から、内径いっぱいに根が張って養液の通り道がふさがることはないとは思いますが、長さはそろそろ、四号機の下に連結している栽培装置「ベランゲリオン弐号機」に届く頃合。

先週末、思い立ってカバーを開けると、予想通り、四号機の中に通した細長いビニール袋の下部にまで根が広がり先端はビニール袋の外に飛び出していました。
IMG_3145.jpg

ビニール袋は約2mの長さでした。この後は弐号機に根を展張させる計画だったものの、想定よりやや早いペース。5月8日の定植から約40日しか経過していません。このペースで根が伸びれば、弐号機の中もすぐに窮屈になってしまい、秋口どころか、ひと夏ももたないかもしれません。

そこで、四号機の延伸工事を実施することにしました。
参号機下部は工事前、ほぼストレートに下方に伸びていました。
IMG_2950_201406221330527b8.jpg
下半分を撤去し、ペットボトルを数本つないで養液循環ルートを横方向に増設しました。
工事終了後の上部。
IMG_3148.jpg
下部。
IMG_3149.jpg

これにより、長さは2.4mほどになり、空中トマト栽培装置史上、最強に強まりました。下部の弐号機は上段が「NFT式(薄膜水耕)」、下段が「DFT式(湛液水耕 )」の2段甲板方式で、参号機とあわせると、3.5mほどの長さは確保した計算です。

ところで、前シーズン育てた空中トマトは定植時期こそ今シーズンと同じだったものの、ペットボトルでの生育期間が長く、定植時にはかなり大きな株になっていました。これはちょうど1年前に育てていた空中トマトの写真。
IMG_0078_20140622130055b50.jpg

このため、肥大中の実がたくさんあったのに対し、今年は実が少なく、花ばかりが目立ちます。
ただ、枝葉に関する限り、今年は前シーズン以上。大きく展開した葉による光合成能力に期待をかけています。

ベランダ西側の「フルーツルビーEX」の生育も順調。
IMG_3158.jpg

東から西に勢力を伸ばすぜいたくトマトの枝葉はトマト棚の半分以上を占有。まもなくフルーツルビーEXと接触し、トマト棚全面にわたる緑のカーテンが完成します。
IMG_3153.jpg

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
空中トマト暴走…のミステリー
巨木トマト養成装置完成
巨木トマトの容積の壁





スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

サビダニ猛威 地上トマト撤収
3階のベランダ西側に設置した自作水耕栽培装置「ベランゲリオン弐号機」の1番機と2番機に植えていたトマト群にトマトサビダニが発生。あっという間に増殖して、撤収のやむなきに至りました。
IMG_0802.jpg

2番機には実生のロシア原産黒トマト「ノワール・ラッセ」、カネコ交配さんの「中玉フルーツトマト・レッドオーレ」、ケーヨーデイツーさんのオリジナルブランド「こくうま赤のミニトマト」の3種が育ち、そこそこの収穫がありました。

これに対し1番機にはノワール・ラッセとサカタのタネさんの大玉トマト「麗夏」を植えていましたが、装置の完成が遅れて定植タイミングを逃したことに加え日照がわるいため、泣かず飛ばずの状態が続いていました。
麗夏の第1果房がほとんど鳥害で全滅したこともあり、収穫はわずか1個でした。

そこそこの大きさの青い実もついています。
IMG_0808.jpg
しかし周囲の茎葉がほとんど枯れ、あきらめるほか、ありません。残念。

2番機の「NFT式(薄膜水耕)」ベッド1段目の様子。根が褐色になっていました。
IMG_0817.jpg

西側上部の空中トマト(マルマンド)にもサビダニがいますが、こちらは比較的軽症でした。
IMG_0823_20130806150653160.jpg
東側のトマト群はどうなっているのか。
トマト棚の上を覗くと…
IMG_0793.jpg
想像以上の被害でした。

被害を受けた枝葉はすべて廃棄。45リットルゴミ袋2袋分にもなりました。
その上でホームセンターに走り、住友化学園芸さんの「ダニ太郎」を購入。
IMG_0812.jpg
コロマイトを使いたかったのですが、実はすでにコロマイトの使用回数が上限の2回に達しているため、別の製品を使うしかないのです。ダニ太郎は上限1回の一発勝負。入念に散布しました。

散布に先駆け、赤い実はすべて収穫。
IMG_0818.jpg

東側地上部のトマト群は比較的元気です。
西側のノワール・ラッセ2株を撤収したことで最後の1株になった東側のノワール・ラッセ
先日の豪雨、突風で地上部が半分になっていましたが、根からの栄養が有り余っているためか、あちらこちらから脇芽を出しています。
IMG_0778.jpg

このノワール・ラッセを植えている「ベランゲリオン零号機改」には、いずれもデルモンテさんの中玉トマト「フルーツルビーEX」と「ビタミンエース」が同居していますが、この中玉2株もなお成長が続いています。
根は零号機改の「NFT式(薄膜水耕)」ベッドの3段目にまで到達。やはり養根スペースの広さが成長の鍵を握っているのでしょうか。

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
鳥害と生り疲れに新兵器投入へ
豪雨で黒トマト倒壊
売るほど獲れた






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

尻腐れ対策でケイ酸投入へ
3階ベランダのトマト棚で猛威を振るう「尻腐れ病」の撲滅に向け新たな対策に着手しました。

ホームセンターで「ミリオン」という名で売られているケイ酸を購入。
IMG_0753.jpg
尻腐れ防止効果があるという情報を知り探していましたが、欲しかった製品は15キロとロットが大きすぎ。当ブログのコメントで、ICHIさんに3キロ入り製品があることも教えていただきましたが、ミリオンはさらに小さな1キロパッケージ。

その代わり、値段は450円前後と、3キロ入り製品とほぼ同額。ということは単価は3倍。ただ、1キロ入りでも3キロ入りでも使い切れないという点は同じ。むしろ送料がかからない分だけ割安ということになります。

「ミリオン」には、ケイ酸のほか、カルシウムや微量要素が入っています。
IMG_0754_20130803124558320.jpg
ちょっと驚いたのが、アルミニウム。
一般的に、土の酸性が強くなると、アルミがイオンとして溶け出して根の成長を阻害するといわれており、アルミは有害物質との認識があるからです。

エイムネクストさんが運営されているサイト「みんなの栽培β」によると、アルミは8種類の微量要素に次ぐ「有用元素」(植物の生育に必須ではないものの、適切な量を与えてやることで生育にプラスになる要素)とされています。ケイ素やナトリウム、コバルトも有用元素だそうです。

土壌を酸性にしなければ、アルミの害は出ない?
ミリオンの説明書きには、酸性の土壌を中和すると書かれています。
IMG_0755.jpg
実際のところはどうなんでしょうか。

ミリオンは本来、土に混ぜて使う土耕用の製品。
水耕栽培でどう利用したものか。
ホームセンターの店員さんがメーカーさんに問い合わせてくれました。
それによると、「水耕用ではないが、水にはある程度溶ける」とのこと。

養液タンクに直接沈めるのはではなく、水溶液を作って大塚ハウス2号の代わりに葉面散布することを検討しています。養液に直接投入すると、どれだけの量が溶け出し、ECやPHをどう変化させるかわからないからです。

ケイ素の投入に合わせ、養液タンクにブクブクを導入しました。
養液中の酸素(溶存酸素)濃度が薄くなると、根腐れと根の老化につながる、との記述を見たためです。
ポンプは60センチ水槽用を新たに購入。980円。写真は箱だけ。
IMG_0748_20130803124903c5f.jpg

これまでポンプを設置していなかったのは、わが工房の栽培マシンの構造が、たえず根が空気に触れている「NFT式(薄膜水耕)」であるためです。
これに加え、わが工房のベランダは養液循環路が長く、循環の過程で相当量の酸素が養液に混入されていると思われ、プクプクは不要と考えていました。

しかし
1.根が消費する酸素量は想像以上に多い
2.水温が上昇すると酸素が養液に溶けにくくなる
ことを知り、さらに、養液補給の際の水道水の塩素を短時間で抜くためにもプクプクはあったほうが良いとの判断に傾きました。

尻腐れ対策の新機軸、果たして、効果は…
しかし、このところ、花は咲けどもなかなか着果せず。これでは効果も確かめようがありませんw

これは本日の収穫。
IMG_0784.jpg

生り疲れでだいぶ小振りになってきています。


★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
売るほど獲れた
大塚ハウス2号の葉面散布
続・大塚ハウスのお点前






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

巨木トマト養成装置完成
ベランダ東側の地上トマトの半分を西側に移動させたことにより、東側には空中トマトを巨木トマトにするための準備が整いました。

これまでトマト3株を育てていた水耕栽培装置「ベランゲリオン参号機」がとりあえず利用可能になったのです(実際はミニトマトが1株差してありますが…)。

空中トマト用の栽培装置「ベランゲリオン四号機」(2番機)を参号機と連結し、大型の装置として運用することで、空中トマトの根を膨大なスペースで展開できるようになります。

まずは四号機を参号機に連結するための工作。四号機の最下部の2リットルPETボトルをはずし、空中トマトの根を止めていた終端機構を撤去。さらに四号機の下部に、新たに2リットルPETボトル3本を連結。参号機の養液導入部に直接、根を伸ばすルートを作りました。

四号機に使った2リットルPETボトルは5本でしたが、最下部に3本をつなぎ合計8本に。ストレートにつなげるのではなく、曲がりくねらせて参号機に誘導しました。
完成写真。横から。
IMG_1369.jpg

やや上から。
IMG_1357.jpg
四号機は1番機から4番機まで4機製作しましたが、今回改装したのは2番機だけ。以後、この2番機は「ベランゲリオン四号機改」と改称します。

さて、その四号機改、2リットルPETボトル8本を使っているとはいえ、上下部分を切り落として連結しているため容量は16リットルに届きません。でも、12リットルくらいはあるでしょう。さらに、3号機は「NFT式(薄膜水耕)」ベッド3枚と最下部は「DFT式(湛液水耕 )」になっているため、4段まで根をつづら折りして育成できます。

養根スペースとトマトがどこまで大きくなるかは必ずしも比例するわけではないようです。ただ、養根スペースに余裕があり、どんどん根を伸ばせるぞとトマトを安心させることで、成長のペースが加速するような気もします。逆に終端機構を取り付けたりすると、トマトは萎縮して成長を止めてしまうかもしれません。

これが四号機改と参号機の連結マシンで育てる空中トマト(品種はフランス産大玉トマト「マルマンドVF」)。
IMG_1355.jpg
大きな葉を展張し、花や実を着けまくる生命力旺盛な株。広大な養根スペースを与えられたことで、狙い通り巨木トマトに育つのかどうか…

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
トマトの樹海、お引越しその2
自作水耕装置フル稼働
巨木トマトの容積の壁






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

トマトの樹海、お引越し
樹海のようなベランダ東側地上部のトマト群。
IMG_1324.jpg

密生を解消すべく、半分を西側に分散することにしました。
引越し先は自作水耕装置「べランゲリオン弐号機」(2段甲板)。
IMG_1334_20130608195702.jpg
西側のトマトは成長ペースが遅く、このまま栽培していても大量の収穫は期待薄。
日照に飢えた東側のトマトに場所を譲ろうというわけです。

目的は3つ。
①収穫量の増加
(分散で生育密度が低くなることで日照や成長スペースが確保できるようになる)
②作業スペースの確保
(密生が進んで奥まで手が届かず受粉作業などができなくなっている)
空中トマト用の接続水域確保
(長く伸びている空中トマト2号の根を、引越しで空になった水耕装置に誘導し巨木トマトに育てる計画)

東側地上部のトマトの草丈はすでに1メートルに達し、「べランゲリオン初号機改」(5段甲板)に定植したトマト3株の根は怒涛のごとく「NFT式(薄膜水耕)」ベッドの2段目になだれ込んでいます。
IMG_1316.jpg
これを動かすのは容易ではありませんが、「べランゲリオン参号機」(4段甲板)に定植したトマト3株の根は信じられないほど控えめ。ようやく1段目の淵に届こうかという段階で、引越しも可能です。
IMG_1313.jpg

問題は地上部。初号機改の3株と参号機の3株の枝が入り組んでいるため、引き離さなければなりません。
IMG_1320.jpg
支柱の狭い隙間から外側に大きく伸びている枝葉をどうするかも難題。

また、移動する3株は水耕装置内で根が一体化しているため、1株ずつ動かせません。3株合計の重量はおそらく10キロを超え、東側から西側への短い距離とはいえ気を抜けません。

さらに、西側の引越し先のスペースも、いったん邪魔になる水平方向の支柱を撤去しなければなりません。気が遠くなるような作業です。
(続く)

★ブログランキングに参加しています


☆関連記事
空中トマトの巨木化
ベランダが樹海状態に
日照争奪バトルが始まった





テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ アーリーセーフ LED装置零号機 ベランゲリオン初号機改 LED 麗夏 ブロッコリー ゴーヤ こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター DFT式 ポンプ 温室 ベランゲリオン四号機改 コロマイト パッションフルーツ 緑のカーテン ハダニ 朝顔 アスパラガス オーバーフロー 秋トマト LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 新北星 巨木トマト トマト エーハイム チェリーメイト 猛暑 ケーヨーデイツー 養液タンク 防根透水シート チューリップ レジナ モレスタン アイリスオーヤマ つくつく ベジタブルライフA ベランゲリオン参号機改 アブラムシ レッドオーレ ロックウール ケンマート 桃太郎 ダニ太郎 うどん粉病 ベタな自動給水装置 ハイポネックス 台風 尻腐れ ハイビスカス ハイポニカ 栽培槽 ヘンルーダ カリ カルシウム リン酸 窒素 花工場 タカノツメ オオゼキ ケイヨーデイツー オーバーフロー装置 チョコちゃん 三越本店 西洋朝顔 ダイン マイクロナノバブル トマトトーン 断根 タバコガ コーナン レッド・オーレ 結束バンド アブラー 就眠運動 太陽光反射パネル イオウフロアブル プランター アルミニウム 養液 捻枝 カダンセーフ ペットボトル 噴霧器 水耕栽培装置 DFT チェリーメート LED装置零号機 F1 NFT 白ゴーヤ 「フルーツルビーEX ミリオン 珪酸カルシウム 唐辛子焼酎 LED装置初号機 室外機 こくうま赤のミニトマト 就眠活動 アゲハチョウ プチプチ インパチェンス エキナセア 栽培層 ワイヤー棚 ホップ 高リコピントマト べランゲリオン弐号機 べランゲリオン初号機改 越冬計画 クエン酸回路 熱帯魚用ヒーター アロイトマト インシュロック トマト棚 ヒーター 鉄分 マグネシウム 完熟王 「ベランゲリオン四号機改 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。