べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中秋のトマト棚 キュウリが爆発的生長
あすは旧暦の8月15日、中秋だそうです。
例年なら9月は残暑の日が多いのに、今年はすっかり晩秋の気候が続きこのまま10月になだれ込もうとしています。

この冷涼な環境の中、3階ベランダ・トマト棚の空中トマトは、トマトサビダニの被害に遭わずに済んでいる半面、成長は超スローペース。
これは9月12日のトマト棚東側の空中トマト麗夏」(トマト棚の上部分)と地上トマト「つくつく房枝」(トマト棚の下部分)。
0926 015

こちらは本日26日。
0926 063
2週間もたつというのに、変化といえば着果した果房の実が生長しているのが見て取れる程度。
夏場の高度成長期との違いは歴然としています。
麗夏の実は、日照不足の中で1房に2~3個くらいが肥大を続けています。
0926 051

しかし、最近の気候は大誤算。
もともと8月に行った今回の夏秋トマトの定植は、12月の収穫開始に向けぎりぎりのタイミング。10月以降は日照、気温が徐々に弱まるものの、夏の余韻が続く9月の躍進を織り込んだ3カ月収穫計画でありました。
このままでは、実が赤熟する前に厳冬シーズンに突入する可能性が濃厚。

こちらはトマト棚西側。
0926 070
夏植えキュウリ「新北星」とミニトマト「チェリーメート」が乏しい日照の争奪バトルを繰り広げています。

ミニトマトの分が悪いのは明らか。何しろ、新北星の葉は直径30センチ以上と、団扇並みの大きさなのです。
0926 067

その葉陰で逼塞するチェリーメートの果房。
0926 029

それにしても、新北星は日照不足をものともせずに、よく葉を茂らせ、実をつけます。
0926 001
液肥はEC(導電率)2.0が3日ほどで1.0に下がってしまいました。
トマトは勢いが弱いため、爆食いしているのは主に新北星の方だと思われます。

新北星は雨続きの中、うどん粉病が出ていましたが、トマトサビダニ用にストックしている「モレスタン」(もともと、この薬はうどん粉病への効能の方を強くアピールしています)を撒布したところ、一発で効きました。
また、アリが黒いアブラーをしつこく放牧しています。
ある日、ニホシテントウが新北星の葉に着陸し、驚くほどのすばやさでアブラーに襲い掛かろうとしたものの、2匹のアリに撃退され、あっさり去っていきました。
この翌日、スズメが飛来。気取られぬよう観察していると、新北斗の葉の裏をしきりについばみ始めました。ネットで調べると、アブラーを食べることがあるそうです。
しかし、スズメはたいした役には立ちません。休日にデンプン由来の気門閉塞系「アーリーセーフ」を一日に2度ほど撒布すると、8~9割は駆除できました。それでも、翌日はまたアリが放牧。根気比べです。

新北斗はここへ来て、東側の麗夏の縄張りに侵入する構えを見せています。
0926 060


☆関連記事
トマトの配置転換
つくつく復活の兆し
空中トマト・リターンズ

★ブログランキングに参加しています


スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

夏植えキュウリ崩壊
台風一過で夏のような日差しが戻ってきました。栽培装置は無事。空中トマトや夏植えキュウリも風で吹き飛ばされることもありませんでした。
しかしキュウリはわずか一日で急速に弱りました。
IMG_0649.jpg
3株とも葉がしおれ、復活はもはや望み薄。アブラムシも台風にめげずしぶとく生き残っており、撤収もやむなしの状況です。春植え株もそうでしたが、キュウリは枯れ始めるとあっという間ですね。

空中トマトも、実をつけ始めました(写真中央)。しかし葉や穂先には勢いがありません。
IMG_0660.jpg
キュウリ、トマトともに調子が悪いとなれば、共通で供給している養液の問題かもしれません。トマトの葉はやや内向きに巻いています。窒素過多でしょうか。

☆関連記事
救世主ニホシテントウ飛来
夏植えキュウリ三重苦
夏植えキュウリがエンスト

★ブログランキングに参加しています






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

救世主ニホシテントウ飛来
夏植えキュウリの葉裏で大増殖しているアブラムシ。「ベニカマイルドスプレー」もまったく歯が立ちません。きょう、ニホシテントウが2匹飛来(つがいでしょうか)し、枝葉や支柱を行ったり来たりしながら、大喜びでアブラムシを食べていました。
IMG_0615.jpg

しかし、アブラムシがこんなに大量にいては、焼け石に水(見たい人だけクリックしてください)。
IMG_0642.jpg
ニホシテントウがここで一家を構えてアブラムシを駆除してくれればいいのですが。

ところで、藤棚には、以前から小さなクモも住み着いています。
IMG_0624.jpg
こいつはアブラムシを捕食しないのでしょうか。いつも飛んでくる虫を狙っていますが、うまくつかまえるところを見たことがありません。

日に日に元気がなくなるキュウリですが、ふと気づくと、枝の根元の方からは子づるらしき新芽が…
IMG_0641.jpg
アブラムシを駆除できれば元気を取り戻すかもしれません。接近中の台風17号がアブラムシを一掃してくれないものでしょうか。

☆関連記事
夏植えキュウリがエンスト
花をつけない夏植えキュウリ
グングン夏植えキュウリ

★ブログランキングに参加しています








テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

夏植えキュウリ三重苦
台風18号北上に伴う強風で空中トマト2株のうち、北方向を向いていた苗が180度回転していました。が、幸いにも被害はなく、元に戻して藤棚の支柱に固定しました。

夏植えキュウリにも被害はなかったものの、いま台風以上のトラブルに見舞われています。
まずは摘芯のミス。子づるが成長しないうちに本枝の成長点をとってしまったことで、草勢が弱ってしまったのです。「時々娘っこ♥ 稀に息っこ♪ と 水耕栽培」を運営されているsemireyさんからいただいたコメントによって、初めてそれと気づきました。

2つ目は、アブラムシの大量発生。最初に中央の株で繁殖し、両脇の株の一部の葉にも広がっているようです。
IMG_0602.jpg
葉っぱの裏側の数カ所でコロニーのように集団を作っています。アブラムシの発生は我が工房では初めてです。

3つ目はうどん粉病の再発。
IMG_0605.jpg
2と3はいずれも摘芯ミスによって草勢が弱ったことが原因かもしれません。

これは、うどん粉病対策として効果を挙げてきた住友化学園芸さんの「ベニカマイルドスプレー」。
IMG_0607.jpg
自然志向で何度使ってもOKというのが特徴。ラベルには、うどん粉病だけでなく、アブラムシなどの害虫にも効くと書いてあります。念入りにスプレーしましたが、果たしてこれだけ大量のアブラムシ群を駆逐できるのかどうか…

☆関連記事
夏植えキュウリがエンスト
花をつけない夏植えキュウリ
グングン夏植えキュウリ

★ブログランキングに参加しています






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

夏植えキュウリがエンスト
「夏植えOKキュウリ」3株のうち、すくすく成長していた両脇の2株。1週間ほど前に主枝(親づる)の成長点を摘芯しました。しかし、どうしたことか、それ以降は子づるも伸ばさず実もつけず、うんともすんとも言わなくなりました。心なしか葉だけは大きくなっているような…
中央の1株も、もう少し伸びたらと摘心のタイミングを測っているのですが、ぜんぜん伸びません。
IMG_0594.jpg
猛暑が突然終わり、急激に気温が下がったことがストレスになっているのでしょうか。それとも、養液をやや薄めに運用していることで栄養が足りなくなったのか。まだまだ経験値が低い私には、原因がさっぱりわかりません。

先日の豪雨でベランゲリオン初号機内に大量の雨水が入り込み、養液が薄まっているようです。最近、メーンに使っている液肥「ハイポネックス Newレイシオ」(三大元素の比率は6-10-5)を供給し、養液濃度を引き上げました。
IMG_0120.jpg
養液濃度は野生の勘に頼っていましたが、やはりECメーターを購入し、一定の濃度を保つべきかもしれませんね。

☆関連記事
花をつけない夏植えキュウリ
グングン夏植えキュウリ
撤収作業と新たな一歩

★ブログランキングに参加しています






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 フルーツルビーEX 藤棚 つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ホーマック ベランゲリオン零号機 ベランゲリオン参号機 サングランデ アーリーセーフ LED ベランゲリオン初号機改 LED装置零号機 キュウリ 麗夏 ゴーヤ ブロッコリー ビタミンエース こいあじ ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター ベランゲリオン四号機改 ポンプ 温室 DFT式 コロマイト 緑のカーテン パッションフルーツ 朝顔 オーバーフロー ハダニ アスパラガス LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 秋トマト エーハイム 新北星 巨木トマト トマト チェリーメイト ケーヨーデイツー 猛暑 養液タンク ロックウール チューリップ アイリスオーヤマ 防根透水シート アブラムシ レジナ モレスタン ベランゲリオン参号機改 ベジタブルライフA レッドオーレ つくつく ベタな自動給水装置 ダニ太郎 ケンマート 桃太郎 うどん粉病 ハイポネックス 尻腐れ 台風 タカノツメ カリ 窒素 ハイポニカ 栽培槽 リン酸 ハイビスカス 花工場 カルシウム ヘンルーダ オオゼキ タバコガ 三越本店 トマトトーン コーナン チョコちゃん オーバーフロー装置 西洋朝顔 レッド・オーレ ケイヨーデイツー ダイン アブラー 断根 マイクロナノバブル 結束バンド 水耕栽培装置 カダンセーフ アルミニウム チェリーメート 捻枝 養液 「ベランゲリオン四号機改 「フルーツルビーEX F1 噴霧器 イオウフロアブル プランター 室外機 ペットボトル 唐辛子焼酎 白ゴーヤ ミリオン DFT NFT 珪酸カルシウム トマト棚 インパチェンス 就眠運動 就眠活動 栽培層 ワイヤー棚 アゲハチョウ ヒーター 完熟王 LED装置初号機 太陽光反射パネル 越冬計画 ホップ 高リコピントマト マグネシウム LED装置零号機 インシュロック クエン酸回路 鉄分 べランゲリオン初号機改 エキナセア こくうま赤のミニトマト プチプチ べランゲリオン弐号機 熱帯魚用ヒーター 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。