べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦節5カ月のブロッコリーのお味
昨年10月末に定植した長寿なブロッコリー。ほぼ5カ月経過して一番大きいやつを収穫しました。大きくなったからではなく、収穫する「花序」の部分の色が変わり、どうやら開花時期を迎えたと思われるためです。
IMG_0367.jpg

近所のスーパー「オオゼキ戸越銀座店」さんで特売のブロッコリー(1個138円)を購入し並べてみました。重量は測りませんてしたが、50分の1くらい?
IMG_0370.jpg

それでも、連日、養液循環用のポンプやセラミックファンヒーター、養液保温用のヒーターなどを稼動させて育てた珠玉の一品。コストだけでみれば、日本のみならず海外でもこれに比肩し得るものはないでしょう。収穫直後のブロッコリーはおいしいといわれ、期待を込めて塩茹でし、マヨネーズでいただくことにしました。

茹で上がると、開花が近づいた茶色い部分が余計に浮き上がって見えます。一口サイズでしたが、妻はその色に恐れをなし、「あたしはパス」。最高栽培責任者(CGO)である私は立場上、そうも言っていられないので、自らお味見。が、スーパーのブロッコリーと違いはありませんでしたw

当初10株あったうち途中で1株が枯れ、今回1株を収穫。まだ8株残っているものの、大きさは普通のブロッコリーの側枝サイズ。開花期を迎えているためこれ以上大きくするのはあきらめて、撤収の方向です。トマト幼苗はまだ小さいし、この栽培装置に何を植えようか思案中です。

☆関連記事
長寿なブロッコリー
葉っぱだけ元気なブロッコリー
ブロッコリーが野生化

★ブログランキングに参加しています





スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

長寿なブロッコリー
定植からほぼ5カ月が経過しようかという温室内のブロッコリー畑。その景色は十年一日のごとく変わりませんw
一時は草勢すさまじく、葉っぱが天井にくっついた時期もありました(これは定植から約3カ月弱の様子)。
IMG_1506.jpg

しかし、その後は草食系モードに移行し株の背丈はなぜか半分ほどに縮小…。どうやら知らぬ間に、伸びすぎた茎が転倒。その後に再び頭をもたげてL字型に成長したもののようですw。

収穫の適期を調べると、「花序のサイズが10~15センチになったら」と書いてありますが、現状はその半分もありません。
IMG_0319.jpg

「早生万蕾(わせばんらい)」というこの品種、定植から2カ月で収穫可能という点が売りですが、我が家の株はこれとは裏腹の、はんぱない晩生ぶり。普通なら2~3カ月で収穫が終わり撤収のはずが、ほとんど2倍の寿命をまっとうしようかという勢いw

日照不足のためか、あるいは、4カ月間にわたり入れ替えていない養液の中で特定の栄養素が不足しているためなのか…。とりあえず、「花工場」をベースに作っていた養液に、微量元素が豊富な「ベジタブルライフA」を投入して様子を見ることにします。てゆーか、すでに収穫時期過ぎてるかも…

☆関連記事
葉っぱだけ元気なブロッコリー
ブロッコリーが野生化
撤収&新プロジェクト

★ブログランキングに参加しています






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

葉っぱだけ元気なブロッコリー
定植からはや3カ月になろうかという我が家のベランダ唯一の植物ブロッコリー。久々に様子を見に行くと、ビニールハウスを開け閉めして作業する部分が壊れており、ビニールハウス内部に冷気が流れ込んでいました(汗)。
屋根部分のビニールと前面部分のビニールを両面テープ付マジックテープで止めていたのですが、マジックテープと両面テープ部分がはがれています。百均ショップで買ったマジックテープ。安かろう悪かろうでした。

で、ブロッコリーの生育状況はというと、外側の葉こそ枯れているものの、内側から次々に新しい葉が育ち、それなりに元気です。うちわのような大きな葉もあります。
IMG_1505.jpg
ただし、元気なのは葉だけで、収穫する「花序」の部分はほとんど育っていません。順調に行けば12月初めにも収穫期に入るはずでした(苗のラペルには収穫は「定植より約2カ月後」と表示されていました)。最低でもあと1カ月はかかりそうです。北側のベランダにはビニールハウス最上部の棚にも午前中のほんのわずかな時間しか日が差さず、日照不足が花序の生育不良の原因と思われます。

ブロッコリー収穫後に室内で育成しているトマト苗「オオゼキ1~6号」をビニールハウスに定植する計画でしたが、師走のあわただしさのなか、設置すべきLED装置初号機の製作や保温計画が進んでいません。トマト苗は厳冬期を迎え、酸素供給をしていないためか、元気がなくなってきており、早く何とかせねばとじりじりと焦燥感が募ります。本日もクリスマスイブなのに休日出勤。そろそろ出かけないと…

☆関連記事
ブロッコリーが野生化
トマト類補完計画
越冬計画着々

★ブログランキングに参加しています



ブロッコリー 関連アイテム



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

ブロッコリーが野生化
自作水耕栽培装置「ベランゲリオン弐号機」に定植していたブロッコリーが、しばらく見ないうちに、まるで野生化したかのように大きな葉を展張させていました。
IMG_1347.jpg
もともと密植気味だったのですが、ビニールハウス内は、ジャングルのような状態に。上部の棚に張り付いている株もあります。(ちなみに写真上部の黒い横縞はビニールハウスのビニールを開閉する際のマジックテープです)

このブロッコリー苗(カネコ種苗さんの「ブロッコリー 早生万蕾(わせばんらい)」という品種)を購入した10月3日時点の写真を見ると、苗のプレートに、収穫時期は「定植より約2カ月後」とあります。
そろそろスーパーの青果コーナーに並んでいるような形になってもいいはずなんですが、片鱗もありません。
IMG_1343.jpg
単純に果菜類ではないので葉菜とばかり思い込んでいましたが、もしやとネットで調べたところ、やはりスーパーの青果コーナーに並んでいるのは「花序」という部分だそうです。
つまり三大要素のうち、一番必要になるのは窒素ではなく、花や実つきをよくするリン酸ということになるのでしょうか。幸いにして肥料は、格安液肥として紹介した住友化学園芸さんの「花工場原液」(窒素-リン酸-カリの比率は5-10-5)をメーンに使っており、結果オーライのはず。なぜ葉っぱばかり伸びるのか。

ブロッコリー収穫後は、ベランダで一番陽当たりの良いこのスペースに、LEDを使って屋内で育成中のトマト苗を定植する計画であり、ブロッコリーの生育が遅れるとスケジュールが狂ってしまいます。

☆関連記事
秋なのに不穏な構想
撤収&新プロジェクト
激安液肥を発見!!

★ブログランキングに参加しています


☆アイテム情報



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

秋なのに不穏な構想
ホームセンターの「ホーマック大井競馬場前店」さんで購入した「ブロッコリー 早生万蕾(わせばんらい)」お徳用パック10株を、ほとんど空き家状態となった我が工房のハイテク水耕栽培装置w「ベランゲリオン初号機」に定植しました。

カネコ種苗さんのサイトで公開されている栽培のポイントによると、
①植付け 株間は30cm以上(プランターは2株)。苗を引っ張らず、パックの底を押し出すように苗を取り出し、深植えにならないように気をつけて植えます。
②追肥 植え付け後2週間くらい経過し根付いた頃から化成肥料などを月に2回程施します。
③収穫 頂点の花蕾のおおきさが12~15cmくらいになったら収穫します。収穫後、さらに腋芽が生長して来るので、それも随時収穫します(腋芽の花蕾はあまり大きくならないので、随時収穫して下さい)。
-などとあります。

当初は、横2列×縦5列というベストの配列を構想していましたが、初号機の筐体のサイズ(内寸)は幅約51×奥行き約34.5×高さ約33.3。奥行きの1列当たりは2本を並べると、株間(30センチ)×1=30センチでぎりぎりokなのですが、幅の1列当たりは、株間(30センチ)×4=120センチとなり、全長が足りません。この株間が、地中の根の込み具合を考慮したものだとすれば、わが工房で定植する水耕栽培装置内に根が自由に広がるため、もうちょっと間隔を狭められるかと思慮。しかし、地上部の枝の込み具合や日照を考えれば、初号機に10株は定植できない計算になります。

という緻密なシミュレーションはどこへやら。株が育って窮屈になれば移植すればいいやとエイヤで適当に植えてしまいました。
IMG_0674.jpg
とりあえず土耕から、成長が速い水耕に移行することが重要と、拙速を尊んだ結果です。

定植が終わり、ほっとしたのもつかの間、新たに致命的問題が持ち上がりました。秋が深まるにつれ、我が家の(北向き)ベランダへの日照が激減したことが判明したのです。初号機を設置してある場所は盛夏の頃、ほぼ日中の7割の時間帯は強い日差しが照りつけていたのですが、秋以降の太陽の軌道では、午後のこの場所はほぼ完全に日陰。冬に向けさらに日照条件が悪くなることに気づきました。

少し高い位置に、独立した栽培槽を設置して日照時間を長くするか。いっそのこと、藤棚の上に栽培槽を作り、「空中ブロッコリー」はどうか。あるいはLEDを設置して日照不足をカバーすればよいのではないかetc…
秋というのに、不穏な構想がとりとめもなく広がる、きょうこのごろです。

☆関連記事
夏植えキュウリ崩壊
台風17号でスクランブル
空中トマト定植から1週間

★ブログランキングに参加しています






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 フルーツルビーEX 藤棚 つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ホーマック ベランゲリオン零号機 ベランゲリオン参号機 サングランデ アーリーセーフ LED ベランゲリオン初号機改 LED装置零号機 キュウリ 麗夏 ゴーヤ ブロッコリー ビタミンエース こいあじ ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター ベランゲリオン四号機改 ポンプ 温室 DFT式 コロマイト 緑のカーテン パッションフルーツ 朝顔 オーバーフロー ハダニ アスパラガス LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 秋トマト エーハイム 新北星 巨木トマト トマト チェリーメイト ケーヨーデイツー 猛暑 養液タンク ロックウール チューリップ アイリスオーヤマ 防根透水シート アブラムシ レジナ モレスタン ベランゲリオン参号機改 ベジタブルライフA レッドオーレ つくつく ベタな自動給水装置 ダニ太郎 ケンマート 桃太郎 うどん粉病 ハイポネックス 尻腐れ 台風 タカノツメ カリ 窒素 ハイポニカ 栽培槽 リン酸 ハイビスカス 花工場 カルシウム ヘンルーダ オオゼキ タバコガ 三越本店 トマトトーン コーナン チョコちゃん オーバーフロー装置 西洋朝顔 レッド・オーレ ケイヨーデイツー ダイン アブラー 断根 マイクロナノバブル 結束バンド 水耕栽培装置 カダンセーフ アルミニウム チェリーメート 捻枝 養液 「ベランゲリオン四号機改 「フルーツルビーEX F1 噴霧器 イオウフロアブル プランター 室外機 ペットボトル 唐辛子焼酎 白ゴーヤ ミリオン DFT NFT 珪酸カルシウム トマト棚 インパチェンス 就眠運動 就眠活動 栽培層 ワイヤー棚 アゲハチョウ ヒーター 完熟王 LED装置初号機 太陽光反射パネル 越冬計画 ホップ 高リコピントマト マグネシウム LED装置零号機 インシュロック クエン酸回路 鉄分 べランゲリオン初号機改 エキナセア こくうま赤のミニトマト プチプチ べランゲリオン弐号機 熱帯魚用ヒーター 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。