べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尻腐れ対策でマイクロナノバブル
今シーズンは3階ベランダトマト棚に定植するトマトへの養液に、巷でうわさのマイクロナノバブル発生装置を導入することにしました。

ネット通販でポチッたマイクロナノバブル発生装置とエアポンプが到着。
160418 011
エアポンプ(奥、通常のポンプより強力とのこと)と、マイクロナノバブル発生装置(機能的には、小さな気泡を発生させるためのエアストーンのようなもの)。

マイクロナノバブル発生装置のアップ。
160418 014
パイプのような形をしています。ポンプとつないだチューブの先端に取り付けるとのこと。
銀色のきめの細かいフィルターで空気をナノレベルに微細化するようです。

お魚の新鮮さが長続きするなど、驚異のパワーがうたわれているマイクロナノバブルではありますが、わがベランダへの導入に際しては、過大な期待はありません。

狙いは一つ。毎年、気温の上昇とともに大玉トマトの実に発生する尻腐れ対策。

尻腐れは、病気ではなく、トマトの実にカルシウムが十分に回らなくなったときに発生する生理現象です。
養液として利用している大塚ハウスシリーズは、3大肥料分の1号に、カルシウムを中心とした2号を組み荒らせて使うのが基本であり、養液中に十分な量のカルシウムが存在しています。それでも、尻腐れ症状が起きる理由のひとつは、根域の酸素不足とされています。水温が上がり、酸素が溶液に溶けにくくなる夏場に尻腐れ症状が頻発するのはこのためです。

この点、マイクロナノバブルは、気泡が細かいため、溶けた酸素が水の中に長時間滞留するといわれています。いわゆる溶存酸素を格段に増強できるというわけです。

昨シーズンまで、根から十分に吸収できなかったことに対応し、珪酸カルシウムの水溶液を葉面撒布したり、「カルシウム食い」とされる不要な葉をせっせと摘葉したりしていましたが、今回の対策は決定版といってもいいでしょう。

この装置をインストールした後に、「空中トマトがびっくりするほど巨木化した」とか、目に見える変化があれば、改めてリポートさせていただきます。

プクプクで生長中のぜいたくトマト
160418 003
第1花房に花がつきました(シャッターを切った瞬間に強風のせいで葉陰に隠れてしまいました…汗)。

定植時期が近づきつつあります。

☆関連記事
尻腐れ予防へトマトの摘葉
尻腐れ予防でケイカルを葉面散布
トマト尻腐れ対策でポンプ間欠運転

★ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

にらみ合う空中トマト

梅雨の晴れ間の空の下、3階ベランダ・トマト棚の上でにらみ合う2株の空中トマト
145.jpg
左側(東側)が超大玉「ブランディワイン」、右側が中玉「つくつく房枝」。
両者の間合いはわずか数十センチ。
2株の空中トマトはこの先、日照を賭けて壮絶なバトルを繰り広げることでしょう。

西側から見た一触即発の図。
147.jpg
この時期は毎年、1株にしておけばよかったかと、心を痛めたりします。

さて、第1花房になかなか着果せず、やきもきさせられたブランディワインですが、その後の着果ペースは順調。
141.jpg

1つの花房に2~3個といったところでしょうか。
134.jpg

このブランディワインには、振動受粉やトマトトーンの効果は不確かでしたが、ハチがいい仕事をしてくれているようです。
以下の2葉の写真は間違い探し…
067.jpg
自然受粉なう
068.jpg
(答えは左側の花)

第1果房の実も急速に肥大中。
137.jpg

ところで、トマトの実は強い直射日光に当たると皮が硬くなったり、鳥害に遭いやすくなったりするため、花房は下向きが望ましい(過去記事「トマト棚への定植は花穂を下側に」)のですが、大体、半分は上を向いてしまいます。
142.jpg

大型洗濯ばさみで下向きに誘引しようとしても…
058.jpg
このブランディワインは意外に頑固だったりします。
葉が大きく、厚みもあり、普通のトマトに比べ蒸散機能が高いせいでしょうか。葉に触れるとひんやりとした感触があります。
非常に個性的なトマトです。

一方のつくつくは…
131.jpg
着果率ほぼ百パーセント。
その後は尻腐れも起きなくなりました。
128.jpg
梅雨に入り涼しくなったことに加え、珪酸カルシウムの葉面散布やカルシウム食いの摘葉が功を奏したものと思われます。
念のため、養液のEC(導電率)は1.5~1.7程度の安全運転を心がけています。

☆関連記事
尻腐れ予防へトマトの摘葉
尻腐れ予防でケイカルを葉面散布
トマトトーンも無力 難敵ブランディワイン

★ブログランキングに参加しています


テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

尻腐れ予防へトマトの摘葉
3階ベランダ・トマト棚西側に定植しているミディアムトマト「つくつく房枝」。
IMG_5162.jpg

第1果房で肥大していた実の黒ずみは、やはり尻腐れでした。
IMG_5130.jpg
3玉摘果。ゆうにピンポン玉を上回る大きさまで育っていたのに…

第1果房の残りの実は大丈夫か…
IMG_5158.jpg
一番大きな玉はちょっとアヤシイ感じ。


一方、東側の超大玉トマト「ブランディワイン」。
IMG_5160_2015061321323949f.jpg

こちらに初着果した実は尻腐れのように見えたものの、くぼみがあるだけ。このまま肥大を見守ります。
IMG_5155.jpg

第1果房にはもう一つ着果し、合計2個となりました。
IMG_5153.jpg
第1果房への着火がスルーされたら大変だと心配していましたが、やれやれです。

しかし、なお尻腐れ発生が続く心配は拭えません。
先日から始めた珪酸カルシウム水溶液の葉面散布に加え、2.0弱で運用していた養液の導電率(EC)を徐々に1.5程度にまで引き下げることにしました。

また、「カルシウム食い」とされる特定の位置の葉を除去することに。
カルシウム食いの葉が奪っていたカルシウムを実に流転させ、尻腐れ予防につなげます。

今回の摘葉は、尻腐れ対策とともに、そろそろ警戒しなければならない害虫発生にも備える狙いです。

さて、カルシウム食いの葉は、以前紹介したように( 「トマト摘葉の意外な効果」 )、上から見て花房を時計の6時とすれば、反対側の12時近辺に位置する葉。

この方法による摘葉のタイミングは、取り除く葉の直下にある花房が結実してからです。
一度にあまりたくさん切ってしまうと光合成能力や暑い日に蒸散によって植物自身が体温を下げる能力が落ちてしまいます。何事もバランスが大事。
摘葉は、切り口の部分が早く乾燥するよう、晴れた日の日中行うのが吉、とされています。

取り除いたつくつくの葉。
IMG_5165.jpg

ブランディワインの葉。
IMG_5167.jpg
確かに葉は硬く、カルシウムをたくさん摂取しているように見えなくはありません。

尻腐れが再発しませんように。

☆関連記事
尻腐れ予防でケイカルを葉面散布
トマト尻腐れ対策でポンプ間欠運転
EC測定不能…で永田式トマト?

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

尻腐れ予防でケイカルを葉面散布
ベランダ3階トマト棚東側に定植している超大玉トマト「ブランディワイン」。
IMG_5095.jpg

待望の初着果がありました。全滅と思っていた最初の花房の一つ。
IMG_5096.jpg
やれやれと思ったのもつかの間。よく見ると、尻腐れかチャック果の兆候が。
第1花房には何とか結実させたいところですが、尻腐れ果であれば潔く摘果するしかありません。

次々に開花している後続の花房に期待します。
IMG_5066.jpg

こちらはトマト棚西側のミディアムトマト「つくつく房枝」。
IMG_5110.jpg

ブランディトマトとは対照的に、咲いた花はほぼ100パーセントの確率で結実。
IMG_5080.jpg
同じ養液で育てているのに、この差は一体…

第1花房の実も日に日に肥大し順調そのもの
IMG_5063.jpg

と思いきや…

IMG_5098.jpg
こちらも尻腐れ
過去に、こんな時期から、しかもミディアムトマトで尻腐れが起きたことはありません。

念のため、尻腐れ対策として、珪酸カルシウムの水溶液を葉面散布することに。
以前購入したミリオン
IMG_0753.jpg

これを水に溶かし、上澄みをすべてのトマト株の葉面にスプレー。
すでに症状が出てしまった果実は手遅れですが、今後着果する実には効果があるはず。
最近、ホームセンターで、尻腐れ防止の葉面散布スプレーが売られているのを見ましたが、1000円近くする高価な製品。
この珪酸カルシウム水溶液なら安価なので、気兼ねなく、大量に散布できます。

☆関連記事
トマト尻腐れ対策でポンプ間欠運転
尻腐れ対策でケイ酸投入へ
トマト摘葉の意外な効果

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

第3のトマトを探しに

これは昨シーズン完成させた空中トマト栽培装置史上最強の水耕栽培装置の雄姿(写真は下半分のみ)。「ベランゲリオン四号機」(パイプ部分)と「ベランゲリオン弐号機」(下の箱部分)を連結させたハイブリッド装置です。昨シーズン同様、東西に配置したこの四号機2機にトマトを1株ずつ定植し、トマト棚に空中トマトとして展開する計画。
装置の構造が気になる人はこちら→「トマトの根2m超えで最強装置

IMG_3149.jpg

しかし、この四号機、真夏には直射日光を浴びて内部が高温になり尻腐れ病などの原因となるため、昨シーズンはすだれなどで直射日光をさえぎっていました。

今年は猛暑対策をどうしようと漠然と考えていましたが、素晴らしいヒラメキが。
弐号機部分に緑のカーテン用植物を植え、この水耕栽培装置全体に陰を作ってしまえばいいのです。
こうすることにより、高温対策になるだけでなく、もう1種類育てられますw

さて、問題は何を植えるか。
緑のカーテンといえばつる性野菜のゴーヤかキュウリが定番。

しかし、実はゴーヤは1階のプランターで2株を育成中。
IMG_4659.jpg

これ以上たくさん植えて、たくさん実が生っても、もてあましてしまいます。

ではキュウリ?
しかし、キュウリはアブラムシやうどん粉病に加え、昨年このベランダで猛威を振るったハダニを呼び寄せトマトに伝染させるリスクがあり同じ場所に植えるのには抵抗があります。

まあ、つる性植物でなくても…と、トウモロコシや枝豆などに検討対象を広げましたが、行き着いたのはやはりトマト。
育苗中の2品種「ブランディワイン」「つくつく房枝」に続く第3のトマトを育てることにしました。

実は、トマトが最良の選択である理由はもう一つあるのです。
このハイブリッド装置のてっぺんには超大玉のブランディワインを定植する予定ですが、この品種は病害虫に弱く作りにくいというのが定評。真夏の猛暑やトマトサビダニなどの前に短命で終わる心配があるのです。
その際、トマト棚上部の高さまで第3のトマトが育っていればブランディワインに代わり空中トマトとして育成できます。

というわけで、第3のトマトを探しにホームセンターに。

地元近くのホームセンターには、びっくりするほどたくさんのトマトが並んでいます。
その数何と34種。
内訳はミニトマトが最も多く21種類。残りは中玉が4種類、大玉が9種類でした。

ノーブランドの最安値商品が68円で売られている横で、サントリーとデルモンテさんがそれぞれ6種類。計12種類の価格はすべてが最高値の298円。
それでもブランド品はよく売れています。
完売品種も。
IMG_4648.jpg

でも、当方のお目当ては非調理用の大玉。
選択肢は「ぜいたくトマト」をはじめ…
IMG_4626.jpg

サングランデ
IMG_4622.jpg

「サマーキッス」
IMG_4627.jpg

「熟れっこ」
IMG_4637.jpg

そして定番の「ホーム桃太郎」
IMG_4624.jpg

メーカー違い
IMG_4616.jpg

さらに、「寒さに強い桃太郎」…
IMG_4644.jpg
なぜこの時期に?
越冬用?

結局、選んだのは
IMG_4733.jpg
200グラムの大玉が生るというサングランデに決めました。
これでわがベランダは超大玉(ブランディワイン)、大玉(サングランデ)、中玉(つくつく)のラインナップに。
モチベーションが上がってきました。

☆関連記事
トマト棚への定植は花穂を下側に
空中トマト、離陸準備着々
今年の目玉は超大玉

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ アーリーセーフ LED装置零号機 ベランゲリオン初号機改 LED 麗夏 ブロッコリー ゴーヤ こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター DFT式 ポンプ 温室 ベランゲリオン四号機改 コロマイト パッションフルーツ 緑のカーテン ハダニ 朝顔 アスパラガス オーバーフロー 秋トマト LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 新北星 巨木トマト トマト エーハイム チェリーメイト 猛暑 ケーヨーデイツー 養液タンク 防根透水シート チューリップ レジナ モレスタン アイリスオーヤマ つくつく ベジタブルライフA ベランゲリオン参号機改 アブラムシ レッドオーレ ロックウール ケンマート 桃太郎 ダニ太郎 うどん粉病 ベタな自動給水装置 ハイポネックス 台風 尻腐れ ハイビスカス ハイポニカ 栽培槽 ヘンルーダ カリ カルシウム リン酸 窒素 花工場 タカノツメ オオゼキ ケイヨーデイツー オーバーフロー装置 チョコちゃん 三越本店 西洋朝顔 ダイン マイクロナノバブル トマトトーン 断根 タバコガ コーナン レッド・オーレ 結束バンド アブラー 就眠運動 太陽光反射パネル イオウフロアブル プランター アルミニウム 養液 捻枝 カダンセーフ ペットボトル 噴霧器 水耕栽培装置 DFT チェリーメート LED装置零号機 F1 NFT 白ゴーヤ 「フルーツルビーEX ミリオン 珪酸カルシウム 唐辛子焼酎 LED装置初号機 室外機 こくうま赤のミニトマト 就眠活動 アゲハチョウ プチプチ インパチェンス エキナセア 栽培層 ワイヤー棚 ホップ 高リコピントマト べランゲリオン弐号機 べランゲリオン初号機改 越冬計画 クエン酸回路 熱帯魚用ヒーター アロイトマト インシュロック トマト棚 ヒーター 鉄分 マグネシウム 完熟王 「ベランゲリオン四号機改 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。