べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温室強化作戦を発動
トマト苗「オオゼキ1~6号」の悲劇(「トマト苗が相次ぎ凍死?」を参照)を再び繰り返すまいと、構想段階で足踏みしていた温室強化計画を始動することにしました。

今回の計画の目的は厳冬下の保温。「養液温度」と「温室内の気温」の2つを確保することが柱です。

このうち、養液温度の確保については、すでにめどをつけてあります。熱帯魚用の水槽内ヒーターで養液タンク内の水温を上げるだけです。このヒーターはあらかじめ本体内にサーモスタッドが埋め込まれ、26度近辺に保つように設計されています。直接、養液に浸すと、化学変化も起こしかねないので、真水を入れたペットボトルにこのヒーターを入れて養液タンクに設置しようかと考えています。ヒーターは10~20リットル用で、約40リットルの養液タンクで常時運転しても26度には達しないでしょうが、間欠的にタイマーで1時間に15分ずつ運転して10度前後の水温を保つのが吉かなと考えています。そのためのタイマーもすでに調達済みです。
IMG_1525.jpg

問題は温室内の気温の低下をいかに防ぐか。
当初は赤外線LEDをユニバーサル基板に実装して植物に照射し保温することを考えていましたが、保温効果の高い、長波長の砲弾型赤外線LEDが流通していないことなどが分かったため、方針を転換。セラミックファンヒーターを調達しました。

「TEKNOS」のブランドを展開する株式会社千住さんが「国内最小」をうたったモバイルセラミックファンヒーター「TS-320(オレンジ)」(2150円@ヤマダ電機大井町店)。
IMG_1531.jpg
消費電力は300ワット。セラミックファンヒーター自体の知識があいまいで、正直どれくらいの保温効果があるのか皆目見当がつきませんでした。
で、そそくさと自宅に戻りスイッチをポチッ。すると、予想以上に高温の温風が吹き出してくるではありませんか。

当初は熱帯魚用ヒーターとセラミックファンヒーターを一つのプログラムタイマーでコントロールする予定でしたが、購入したプログラムタイマーは15分刻み。
このセラミックファンヒーターは15分どころか、10分も続けて温室内で運転すれば、電子レンジで加熱したかのごとく、温室内のブロッコリーは炒め物になってしまいそうですw

というわけで、セラミックファンヒーターは別途、1分刻みで設定できる別のタイマーを購入して運転することにしました。リーベックス株式会社さんの「デジタルプログラムタイマー PT50DW」(1360円@千石電商さん)
IMG_1535.jpg
とりあえず1時間に3分間だけ運転し、温室内に暖かい空気を充満させるサイクルを繰り返す方式です。温風吹き出し口付近に水の入った金属の缶のようなものを置いて高温を吸収させるとともに、その後は缶からの熱放射で温室内の保温効果を高める構想。

屋外のベランダに設置するため、電気回りの防水対策もちょっと面倒。大晦日は出勤なので、取り付け工事はお正月ということになりそうです。

☆関連記事
温室の保温作戦
越冬計画着々
ビニールハウス計画その3

★ブログランキングに参加しています


☆今回登場したアイテム

スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

2012回顧 ほろにが水耕デビュー
今年も大晦日まで仕事があり、年の瀬という気分でもありませんが、次年度への教訓という意味も含め、わが工房の水耕栽培1年目を駆け足で振り返ることにしました。初年度は水耕栽培のパワーを実感することができた一方で失敗も多く、ほろ苦いデビューとなりました。

1.水耕栽培スタート(4月末)
始めるには、意外と勇気が必要でした。狭いベランダで水耕栽培のスペースを確保できるか、電気と水回りを含め水耕栽培の設備をきちんと手当てできるかなど、さまざまな不安と向き合いながらとりあえず始めることができました。振り返れば、横着な自分がよくもこのように手間のかかる趣味に手を染めたもんだと驚いています。水耕第一号の収穫はこのキュウリ。
IMG_9955.jpg

2.春夏用設備の工作(5月~)
思い立って3階のベランダに高所恐怖症を克服しつつ設置したトマト棚。イレクターではなく、園芸用支柱で組んだのは独創的だと悦に入っていました。このノウハウを広めようというのが、7月になってブログをスタートしたきっかけの一つでもありました。後に先人がいることを知り恐れ入りましたw また、どのように根に養液と酸素を供給すればよいかと水耕栽培装置の構造をあれこれ考えるのは楽しい作業でした。それが完成し、うまく機能している様子を見るときの楽しさはいうまでもありません。これは設置工事中のトマト棚。
IMG_9989_20121229113723.jpg

3.感動の結実(7月~8月)
決して大成功とはいえないものの、ここまで育つとは思わなかったトマトやゴーヤからの収穫。毎日、生き生きと陽光を映す元気な植物の姿は、無機質だったベランダの景色を一変させました。踏み台に腰掛けながら植物を眺める時間は、何物にも代えがたい憩いのひとときでした。
IMG_0180.jpg

4.衝撃の夏野菜全滅(8月)
順風満帆で推移していたわが菜園は8月に入り暗転。それぞれ1株ずつしか植えていなかったキュウリ、トマト、ゴーヤが猛暑や害虫の影響で相次ぎ枯れたときには本当にがっかりしました。秋口にかけてのトマトとキュウリのリベンジも失敗に終わりました。でも、これにより、フェイルセーフ(例えば予備の苗を育てておくなど)の大切さを認識し経験値は格段に上昇しました。
STA_0353.jpg

5.越冬設備の工作(11月~)
秋の声を聞きながら、水耕栽培オフシーズンの長さを計算して愕然としました。12月から3月までほぼ4カ月。実に1年の3分の1です。この期間を何とか活用できないかと思いついたのが、ビニールハウスとLED照明による育成装置の開発です。このうち電子工作はほとんど初チャレンジ。植物育成用のLED装置の製作は、いろいろとご指導をいただきながら、試作段階までこぎつけることができました。ランプの組み合わせ方やパルスの付加など、今後新たな展開がありそう。また、小さいながらビニールハウスを作ったことで、まがりなりにも通年ベースで植物育成ができるようになりました。なお道半ばですが、巨木トマトに一歩近づいたような気もします。
IMG_0962.jpg

☆関連記事
温室の保温作戦
藤棚(もどき)製作記1
はじめに

★ブログランキングに参加しています






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

トマト苗が相次ぎ凍死?
このところの厳冬のせいでしょうか。リビングの窓辺で育てていたトマト苗「オオゼキ1~6号」が次々にしおれてしまいました。
IMG_1519.jpg
朝方は結構日差しもあり、夜は床暖房で少なくとも午前零時くらいまではそれなりの室温が保たれているはずなのですが、深夜から明け方にかけての冷気がダメージを与えたのか。
それとも、発根してからずっと養液で育てていましたが、しばらくの間は土耕で育てるべきだったのでしょうか。このあたり経験不足のため皆目見当がつきません。
11月初めから2カ月を経て苗丈も伸びてきたのに残念です。
仕切り直して再起を図ります。

☆関連記事
急成長トマト苗に徒長疑惑
魔法のLED? トマト急成長
トマト一発で発芽

★ブログランキングに参加しています







テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

葉っぱだけ元気なブロッコリー
定植からはや3カ月になろうかという我が家のベランダ唯一の植物ブロッコリー。久々に様子を見に行くと、ビニールハウスを開け閉めして作業する部分が壊れており、ビニールハウス内部に冷気が流れ込んでいました(汗)。
屋根部分のビニールと前面部分のビニールを両面テープ付マジックテープで止めていたのですが、マジックテープと両面テープ部分がはがれています。百均ショップで買ったマジックテープ。安かろう悪かろうでした。

で、ブロッコリーの生育状況はというと、外側の葉こそ枯れているものの、内側から次々に新しい葉が育ち、それなりに元気です。うちわのような大きな葉もあります。
IMG_1505.jpg
ただし、元気なのは葉だけで、収穫する「花序」の部分はほとんど育っていません。順調に行けば12月初めにも収穫期に入るはずでした(苗のラペルには収穫は「定植より約2カ月後」と表示されていました)。最低でもあと1カ月はかかりそうです。北側のベランダにはビニールハウス最上部の棚にも午前中のほんのわずかな時間しか日が差さず、日照不足が花序の生育不良の原因と思われます。

ブロッコリー収穫後に室内で育成しているトマト苗「オオゼキ1~6号」をビニールハウスに定植する計画でしたが、師走のあわただしさのなか、設置すべきLED装置初号機の製作や保温計画が進んでいません。トマト苗は厳冬期を迎え、酸素供給をしていないためか、元気がなくなってきており、早く何とかせねばとじりじりと焦燥感が募ります。本日もクリスマスイブなのに休日出勤。そろそろ出かけないと…

☆関連記事
ブロッコリーが野生化
トマト類補完計画
越冬計画着々

★ブログランキングに参加しています



ブロッコリー 関連アイテム



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

赤外線で保温
低温対策のひとつとして、ビニールハウスに設置するLED装置に組み込む抵抗器を意図的に発熱する案など4項目を検討していましたが(温室強化の構想参照)、もうひとつ考えたのが、赤外線による保温の可能性です。

赤外線は目に見えない電磁波の一種。赤外線照射により振動して発熱する仕組みだそうです。赤外線による植物への影響は詳しくわかっていないようですが、熱による影響(例えば冬場なら温度上昇による伸長成長)しかないとの説明もあります。

冬場の育成促進として、LED装置に赤外線LEDランプを組み込んで、光とともに植物に当てれば、保温と光合成効果を確保できるのでは…。火事の恐れのある他の保温対策(ニクロム線や石油燃料などによる保温)に比べれば安全といえるでしょう。

というわけで、砲弾型の赤外線LEDを秋葉原で調達し、どれだけ保温効果が期待できるかテストすることにしました。向かったのは、電子工作ど素人なのに、すっかり常連客のような顔で入るようになった秋月電子さん。
いくつか赤外線LEDランプがありましたが、いずれもピーク波長は940ナノメートルでした。
10本入り100円(半減角15度)のpartNO「OSI 5LA5113A」を購入。ラベル表記によると、定格電圧1.35~1.6V、定格電流は記載なし(最大Ifは100mAとだけ…)。

LEDテスターに差してスイッチを入れました。
IMG_1496.jpg
しかし当然のことながら光っているかどうか、見ただけでは分かりません。
手の平をかざすとほんのりと暖かいような感じがするものの、あるいはそんな気がするだけかというレベル。
LEDテスターでは電流が弱すぎるのかと思い、ブレッドボードで赤外線LED2個に6Vでテストしました。
IMG_1503.jpg
結果は同じでした。
同じ赤外線でも、もうちょっと波長の大きいものでないと効果が薄いのか。さらなる検証が必要です。

☆関連記事
遠赤LEDは救世主か!?
魔法のLED? トマト急成長
虹色に光ったよ LED計画6

★ブログランキングに参加しています


☆今回登場したアイテム




テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

遠赤LEDは救世主か!?
東京・秋葉原のリアル店舗には置いていなかった遠赤色のLEDがネット上で売られているのを見つけました。波長730ナノメートルの遠赤色砲弾型(定格20mA、5V)。1個150円と、LED装置零号機用に購入した赤色LEDのほぼ10倍(遠赤色LEDの半減照射角は45度と、やや広角なので、赤色の半減角15度に比べればコスパは3倍ですが…)。高杉。

というわけで、遠赤色LEDによる植物への効果を改めて整理しました。

遠赤光が赤色LED(660ナノメートル前後の波長)より少ない割合の場合
①伸長成長を抑制する
②花芽分化を促進する
と指摘されています。

過去にも紹介しましたが、ウシオ電機さんのサイトによると、

植物の伸長成長は、赤色光(R:波長域600~700nm)と遠赤色光(FR:波長域700~800nm)のスペクトルの光強度の比率(R/FR)が、自然光環境(R/FR=1.1~1.2)より高くなると抑制され、低くなると促進される。

とあります。引用終わり。

そもそも遠赤色は自然界にも存在し、夕焼けを浴びられる植物はその間の日照で花芽分化を進めるなどしているようです。わが工房でも製作・試験稼動中の「LED零号機」には遠赤色LEDを組み込んでいませんが、R/FR>1.1~1.2という不等式は満たしています。

ところが、前回引用させていただいた日立製作所中央研究所の主任研究員、篠村知子博士のご指摘はニュアンスがだいぶ異なります。

>>遠赤色光は概ね必ず必要、といえるのではないかと思います

これは、徒長(葉物野菜はこれでOKでしょうが)を抑えるには、少なくとも人工的に赤色光を当てる場合は、一緒に遠赤色光を当てないと害が出るとの指摘だと受け止めています。

植物工場などで遠赤色LEDの活用事例が少ないのはどうしたことでしょうか。現在稼動している植物工場の多くは、葉物野菜を中心としている(徒長は歓迎している)ので、このあたりの研究が進まず、遠赤色LED部品の供給も進んでいないのか。理解に苦しみます。

わが工房では、遠赤色LEDを組み込んだ「LED装置初号機」の製作に踏み切る方向に傾いています。
作るとなれば、ベランダの温室への設置を想定したやや大型の装置になるでしょう。

ところで、窓辺に置いていたわが工房のトマト苗「オオゼキ1~6号」もここへ来て花穂をつけ始めました。
IMG_1457.jpg
本格的な育成環境の整備を急がねばなりません。

☆関連記事
急成長トマト苗に徒長疑惑
魔法のLED? トマト急成長
カラフルが最強 LED計画3


★ブログランキングに参加しています








テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

トマト徒長の謎が判明!
LED試験照射中のトマト苗「オオゼキ1~6号」の徒長の犯人は、ほぼ予想していた通り、この「LED装置零号機」でした。
IMG_1440.jpg
なぜこれほど自信満々に断言できるかというと、日本植物生理学会のサイトで、次の文献を発見したからです。
2008年9月2日付。著者は日立製作所中央研究所の主任研究員で、植物の形態形成について研究されている篠村知子博士。

※以下、深緑色は引用部分(興味のある人は全文に目を通されるようお勧めします)。

>>ご存知のように、紫外線は可視光域に近い方から、UV-A(315~400nm)・UV-B(290~315nm)・UV-C(波長280nm未満)と分類されています。紫外線の効果は、動物では概ね波長が短いほど有害とされています。その理由は、波長の短い光のうち特にUV-Cの光は細胞のDNAにダメージを与えるために、細胞が死んだり、突然変異を起こすからだと考えられています。UV-Cの光が細胞に有害であることは、植物も動物と同じです。

>>ところでUV-Aの光の効果は、植物の場合は、かならずしも有害であるばかりではありません。青色光受容体の一種がUV-Aの光を受け取り、茎の徒長を抑える働きをすることが知られています。また青色光受容体の一種がUV-Aの光を受け取り、花芽の形成を促進したり、アントシアンという赤紫色の色素の合成を促進することがあります。従って、UV-Aの光が一概に有害かといえば、そうともいいきれないということになります。

>>UV-Bの光の効果は、植物ではまだそれほどに解明が進んでおらず、光受容体も明らかになっていません。しかし、赤/遠赤色光受容体による徒長抑制の働きを促進する効果があるとの報告があります。一般的にいって、植物の茎や葉の徒長は観葉植物などの見た目を悪くしますので、それを抑える働きがあるので、UV-Bの光はかならずしも有害というばかりではないといえるかもしれません。

>>(2)赤外線は有害か、有益か?
赤外線領域の光のうち、遠赤色光とよぶ波長域の光(730nmあたりを中心とする690~770nmの波長域の光)は、植物の成長に深く関わっています。遠赤色光を吸収する光受容体が存在するからです。有害か有益かは一概にはいえませんが、常に遠赤色光がカットされた光環境(白色蛍光灯がほぼそのような光環境です)では、発芽したての植物は正常には育ちにくいようです。そのような環境では多くの植物は徒長しやすい傾向にあります。

>>以上を総合してざっくりと申し上げますと、紫外線のUV-BとUV-Cおよび遠赤外線は、植物の成長には必ずしも必要というわけではない、UV-Aはどちらかといえばあったほうがいい、遠赤色光は概ね必ず必要、といえるのではないかと思います。


※引用終わり
いや~実にためになる内容です。こんなに重要な分析が4年も前に書かれていたとは…。

それにしても、以前、アキパで遠赤色LEDランプの入手が困難だと紹介しました(回路図完成 LED計画4参照)。植物工場が急増し需要が拡大ているなかで、遠赤色LEDの供給が遅れていることには、本当にびっくりです。メーカーは、単に需要が拡大することを知らないだけなのか、それとも製造が難しいのか…

遠赤色LED入手が難しいなか、わが工房では、遠赤色に次いで徒長防止効果があるとされる青色LEDを増強することにしています。

☆関連記事
急成長トマト苗に徒長疑惑
魔法のLED? トマト急成長
虹色に光ったよ LED計画6

★ブログランキングに参加しています







テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

徒長トマトが海老反り
LED試験照射中のトマト苗「オオゼキ1~6号」。
IMG_1407.jpg
その後も順調に徒長を続け(汗)、気づくと一部の苗の茎はくるくるっと海老反り状態に。
上から見ると…
IMG_1404.jpg

横から見ると…
IMG_1408.jpg
はんぱなく曲がってます。

伸びた茎の重さを支えられなくなってスポンジが横倒しになり、その体勢のまま茎が上に伸びようとしたためと思われます。これを防ぐには、苗の向きをしっかり固定できる培地に移植しなければなりません。徒長対策として、とりあえず養液の濃度を引き上げました。

☆関連記事
急成長トマト苗に徒長疑惑
急成長トマト 深夜のリハウス
魔法のLED? トマト急成長 

★ブログランキングに参加しています





テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

温室強化の構想
12月に入り、そろそろ厳冬対策を本格検討しなければと思い始めています。
わが工房には現在のところ、徒長気味のトマト苗「オオゼキ1~6号」と、やはり葉っぱだけ立派なブロッコリー9株しかいません。
生命力旺盛なブロッコリーは月内には収穫期を終えると思われ、現在の温室の環境だけで十分な気もします。
問題は、そろそろ背丈も伸び、室内での生育が難しくなるトマト苗です。悲しいかな、わが家には、冬の日照環境が良く、なおかつ広いスペースはほとんどありません。そろそろポンプを稼動させ、養液に酸素を混入させなければならない時期に来ているので、なおさらです。たぶん、月内には、屋外に移管する必要があるでしょう。

これは北向きのベランダに設置した温室(10月中旬の設置直後の状態)です。
水耕栽培の温室
この温室、現在は日照も心細くなり、午後はほとんど日陰状態。たぶん夕方には外気とほとんど変わらない気温になっていると思われます。
当初はLEDランプの発熱を温室内に循環させればそれなりの保温効果が出ると考えていましたが、LED装置零号機はほとんど発熱せず(虹色に光ったよ LED計画6参照)。電力を照明に効率的に利用するという観点からは歓迎すべきことなのですが、こと熱に関していえば当てが外れました。

そんなわけで今、温室の保温構想をいくつか暖めています。以下、思いつくままに。

1.熱帯魚用ヒーターによる温室内のセントラルヒーティング=温室内にヒーターで暖めたお湯をパイプで循環させる方法です。ただ、これはパイプ内の温度が気温に伝わる伝導率が低いうえに、電力消費が大きいような気がします。

2.熱帯魚用ヒーターによる養液の水温引き上げ=これは植物の温度をダイレクトに上昇させられる有効な方法ではないかと考えています。植物の中にはたえず養液が循環しており、熱伝導率が高いのではないかという気がします。ただ、直接養液がヒーターと触れるとヒーター部分に肥料成分が蓄積するかも。たとえば真水で満たしたペットボトル内にヒーターを入れて、そのペットボトルを養液タンクに入れる方法などを考えています。

3.電気ヒーターによる保温=例えば、LED装置に、意図的に抵抗器を発熱するよう配置。LED装置のケースから暖められた空気をファンで温室内に循環させる。ただ、ファンが故障した場合に火災の心配もあり、あまり現実的ではないかも。

4.反射板を使った太陽光の活用=午後には完全に日陰になるビニールハウス内に、たとえばアルミ板などを使って南側から日照を集め、保温と生育のための光を集中させる方法。これが実現できれば、かなりの効果を挙げられると思うのですが、屋外に取り付ける平べったい反射装置は風力の影響をもろに受けるため、強度を確保するのは容易ではありません。

一番手っ取り早く実現でき、しかも効果が高いのはどれか…etc。考えるだけでドーパミンが高速で脳内を循環しますw

☆関連記事
温室の保温作戦
ビニールハウス計画その4
ビニールハウス計画始動

★ブログランキングに参加しています







テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

ブロッコリーが野生化
自作水耕栽培装置「ベランゲリオン弐号機」に定植していたブロッコリーが、しばらく見ないうちに、まるで野生化したかのように大きな葉を展張させていました。
IMG_1347.jpg
もともと密植気味だったのですが、ビニールハウス内は、ジャングルのような状態に。上部の棚に張り付いている株もあります。(ちなみに写真上部の黒い横縞はビニールハウスのビニールを開閉する際のマジックテープです)

このブロッコリー苗(カネコ種苗さんの「ブロッコリー 早生万蕾(わせばんらい)」という品種)を購入した10月3日時点の写真を見ると、苗のプレートに、収穫時期は「定植より約2カ月後」とあります。
そろそろスーパーの青果コーナーに並んでいるような形になってもいいはずなんですが、片鱗もありません。
IMG_1343.jpg
単純に果菜類ではないので葉菜とばかり思い込んでいましたが、もしやとネットで調べたところ、やはりスーパーの青果コーナーに並んでいるのは「花序」という部分だそうです。
つまり三大要素のうち、一番必要になるのは窒素ではなく、花や実つきをよくするリン酸ということになるのでしょうか。幸いにして肥料は、格安液肥として紹介した住友化学園芸さんの「花工場原液」(窒素-リン酸-カリの比率は5-10-5)をメーンに使っており、結果オーライのはず。なぜ葉っぱばかり伸びるのか。

ブロッコリー収穫後は、ベランダで一番陽当たりの良いこのスペースに、LEDを使って屋内で育成中のトマト苗を定植する計画であり、ブロッコリーの生育が遅れるとスケジュールが狂ってしまいます。

☆関連記事
秋なのに不穏な構想
撤収&新プロジェクト
激安液肥を発見!!

★ブログランキングに参加しています


☆アイテム情報



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

急成長トマト苗に徒長疑惑
植物育成促進用に製作したLED装置零号機で試験照射中のトマト苗「オオゼキ1~6号」はその後も、伸びるには伸びてますが、微妙です。茎部分が長く、まるで貝割れ大根のような縦横比w
IMG_1334.jpg
当初から疑っていた徒長の可能性が濃厚に…
「青色発光ダイオードの青色光(B)を葉緑素(クロロフィル)に照射すると、植物の茎が太くなったり、葉が厚くなったりする(青色光は、植物の葉や茎を太くする)」との情報もあり、LED装置零号機で10対1だった赤青比率を5対1にすればひょろひょろが改善するかと考えたりもしています。

ところで、オオゼキ1~6号(妻が昨日ひっくり返してから、どれが1号だか6号だかわからなくなりましたw)は、ことごとく葉の先に露をつけています。七色のLEDの光に映えてなかなかきれいです。
IMG_1342.jpg
夏場ならこうした形で水分の蒸散を行い、温度を下げる必要があるのでしょうが、この時期にも露をつける理由はどこにあるのでしょうか。

☆関連記事
急成長トマト 深夜のリハウス
魔法のLED? トマト急成長
虹色に光ったよ LED計画6

★ブログランキングに参加しています






テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ アーリーセーフ LED装置零号機 ベランゲリオン初号機改 LED 麗夏 ブロッコリー ゴーヤ こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター DFT式 ポンプ 温室 ベランゲリオン四号機改 コロマイト パッションフルーツ 緑のカーテン ハダニ 朝顔 アスパラガス オーバーフロー 秋トマト LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 新北星 巨木トマト トマト エーハイム チェリーメイト 猛暑 ケーヨーデイツー 養液タンク 防根透水シート チューリップ レジナ モレスタン アイリスオーヤマ つくつく ベジタブルライフA ベランゲリオン参号機改 アブラムシ レッドオーレ ロックウール ケンマート 桃太郎 ダニ太郎 うどん粉病 ベタな自動給水装置 ハイポネックス 台風 尻腐れ ハイビスカス ハイポニカ 栽培槽 ヘンルーダ カリ カルシウム リン酸 窒素 花工場 タカノツメ オオゼキ ケイヨーデイツー オーバーフロー装置 チョコちゃん 三越本店 西洋朝顔 ダイン マイクロナノバブル トマトトーン 断根 タバコガ コーナン レッド・オーレ 結束バンド アブラー 就眠運動 太陽光反射パネル イオウフロアブル プランター アルミニウム 養液 捻枝 カダンセーフ ペットボトル 噴霧器 水耕栽培装置 DFT チェリーメート LED装置零号機 F1 NFT 白ゴーヤ 「フルーツルビーEX ミリオン 珪酸カルシウム 唐辛子焼酎 LED装置初号機 室外機 こくうま赤のミニトマト 就眠活動 アゲハチョウ プチプチ インパチェンス エキナセア 栽培層 ワイヤー棚 ホップ 高リコピントマト べランゲリオン弐号機 べランゲリオン初号機改 越冬計画 クエン酸回路 熱帯魚用ヒーター アロイトマト インシュロック トマト棚 ヒーター 鉄分 マグネシウム 完熟王 「ベランゲリオン四号機改 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。