べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日照不足でクエン酸回路作戦
ベランダ3階にあるトマト棚は、心配していた台風27、28号による被害をまぬかれ、今冬の収穫に望みをつなぎました。
IMG_1906.jpg

しばらくぶりに強い陽射しに恵まれたトマト棚上部の様子。
IMG_1920.jpg

一見、順調のようですが、台風26号による後遺症は甚大。暴風により枝葉が大量に失われ、光合成が十分にできないのです。これではせっかく着果した実に栄養を送ることができません。
IMG_1802_201310271214538f0.jpg
地上部に植えているホーム桃太郎の主枝についた果房。たくさん実がついているものの、側枝がほとんどなくなり、生育ペースが落ちています。

さらに、暴風で南の屋根側に寄せられてしまった枝葉の大部分は屋根の影に入って、陽が差しません。
IMG_1919.jpg
たくさんの実がぶら下がっている写真の右側が日陰部分。成熟に支障が出そう。

東側も枝葉が重なり、下の方は完全に日陰に。
IMG_1911.jpg
それでも中玉トマト「ビタミンエース」の一部が色づき始めました。

これは屋根のすぐ近くで実をつけた仏原産マルマンドの実。
IMG_1801.jpg
この位置は狙われやすいと危惧していた通り、鳥が入り込み始たようです。
こんなに青い実を食べるとは…。そういえば、マルマンドは青い実をガリガリ食べるマニアックトマトという記事をどこかで見たような気がします。

これは空中トマト栽培用の「ベランゲリオン四号機改」で育っているホーム桃太郎
IMG_1924.jpg
この株は生殖成長が最も旺盛で、曇天や雨続きだった先週も新しい枝葉を伸ばしていました。

さて、日照不足をどう補うか。
いよいよ「クエン酸回路作戦」発動のときがやってきたようです。

以前薬局で購入していたクエン酸粉末。
IMG_1925.jpg
購入直後に猛暑とトマトサビダニの被害を受け、クエン酸回路どころの騒ぎではなくなり、お蔵入りとなっていましたが、ようやく日の目を見ることになりました。

クエン酸粉末1グラムを水1リットルに溶かして0.1%希釈液を作り、葉面散布を始めました。

これにより、貴重な光合成の成果物を実の肥大に回してもらおうという狙い。葉面散布にしたのは、養液の中にクエン酸を直接投入するとphが下がってしまう心配があるため。どれほど大きな効果が出るものか…

☆関連記事
鳥害と生り疲れに新兵器投入へ
尻腐れ対策でケイ酸投入へ
大塚ハウス2号の葉面散布

★ブログランキングに参加しています







スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

台風に耐えた西洋朝顔が満開
秋が深まるなか、緑のカーテンの西洋朝顔が一日、50~60輪ほどの花をつけるようになりました。
IMG_1749.jpg

陽射しが和らぎセーターさえ必要になるこの時期に緑のカーテンもなかろうとは思うのですが、毎日、たくさんの花をつけていると撤収もできません。

これは部屋の中からの眺め。
IMG_1782.jpg

1階からの眺め。
IMG_1791.jpg

十数株植えたうち、一緒に植えていた和製(?)朝顔などはとうの昔に枯れ、花を咲かせているのはわずか3株(紫、赤紫、ピンク)。朝顔とは思えないほど太い茎を持っています。

日中につぼみをつけるので不思議に思っていましたが、実は深夜に開花するのです。
IMG_1630.jpg
夕顔ならぬ夜顔。

ところで、この緑のカーテン、台風18号襲来の際には崩落したのに比べ、最大瞬間風速50メートルと予想された今回の26号では平気でした。

カーテンは東側にあります。台風18号は我が家の西側を通過し、南風と東風が中心だったのに対し、26号は東側を通過し、北風と西風が中心で、東側に強い風が当たらなかったせいかもしれません。

カーテンのすぐ近くの大きなクモの巣も台風26号に吹き飛ばされることはありませんでした。
IMG_1733.jpg

来週半ばには台風27号が襲来する可能性があります。
今度は最大瞬間風速が70メートル!?とのこと。これは2005年8月に米国で猛威を振るった最大級(カテゴリー5)のハリケーン「カトリーナ」並み。日本に到達する前に消滅してほしいものです。

☆関連記事
緑のカーテンが崩落
正体不明の植物たち
朝顔のあみだくじ仕立て

★ブログランキングに参加しています







テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

台風26号で壊滅的被害
各地に甚大な被害をもたらした超大型の台風26号。
我が家でも、ベランダ3階にあるトマト棚が直撃を受け、壊滅的な被害を受けました。

部屋の窓から、暴風が吹き荒れるベランダを覗いたところ、前日までの景色とは一変。ワサワサだったトマト棚上の枝葉はスカスカになっていました。
IMG_1675_20131017022731607.jpg

ワサワサだったトマト棚の上の枝葉は一体、どこに行ってしまったのか。
IMG_1773.jpg

実はどこかに飛ばされてしまったわけではなく…
IMG_1727.jpg
強い風により、折り伏すように屋根側(南側)に打ち上げられていました。

こうなる前は、東側から西側に向け水平放任で枝葉を伸ばしていたのですが、道路側(北側)からの強い風で屋根の方に寄せられ、さらに西側からの風で枝を東側に曲げられてしまったようです。
IMG_1765.jpg

台風26号は南東側から我が家にアプローチしてきました。台風は「コリオリの力」が働き北半球では反時計回りで風を吹かせるので、当初は北風が吹き、北に抜けるにつれて西風を吹かせたのでしょう。

主枝は残っているものの、側枝は折れて垂れ下がっています。
東側にUターンした枝を引き戻そうにも、枝同士が複雑に絡み合い、とくに見通しの悪いトマト棚の下からの作業は絶望的。無理に力を加えると折れてしまいます。
このままの状態で再生するのを待つしかなさそう。

空中トマト2号(2代目、ホーム桃太郎)も無残な姿に。
IMG_1771.jpg

鳥脅しの風車も小破。
IMG_1695.jpg

これはベランダの床の上に落ちたトマトの実。
IMG_1696.jpg
死屍累々。

日照と気温の条件が日に日に厳しくなるなか、枝葉が激減したトマト。
果たして再起は可能なのか…

☆関連記事
風速50m…トマト風前の灯
トマト着果ラッシュで500個超え
トマト棚が再びジャングルに

★ブログランキングに参加しています







テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

風速50m…トマト風前の灯
10年に一度という超大型の台風26号が刻々と関東地方に近づいています。
家の外ではまだ暴風は吹いていないものの、すごい雨。
関東地方に上陸して未明から昼にかけ暴風が吹き荒れるようです。

こんなこともあろうかと、3連休最後の今週月曜日は、台風に備え3階ベランダのトマト棚の補強と、棚の上のトマトの枝葉の固定作業を行いました。トマト棚はインシュロックを使い支柱同士を二重三重に固定しました。

トマト棚の上部には、この写真のように、垂直方向に伸びている枝がたくさんあります。
IMG_1578.jpg
これが風で折れないよう、園芸用ワイヤーでトマト棚に水平に固定するのです。

しかし、報道によると、瞬間風速は50メートルを上回る可能性があるとのこと。
50メートルとはどれくらいの風かというと、
「たいていの木造家屋が倒れる。樹木は根こそぎになる」(東京大学大学院情報学環・学際情報学府 廣井研究室)だそうです。

家屋が倒れるくらいなわけですから、トマト棚の補強どころの騒ぎではありません。
樹木も根こそぎなくらいなわけですから、台風一過の後、トマトが生き残っている可能性は万に一つもないように思われます。

作業の途中で、ポキッといってしまった花穂。
IMG_1570.jpg

へたが異様に大きい仏原産マルマンドの実。
IMG_1609_20131016001106704.jpg
いわゆる鬼花というやつでしょうか。無事に育てば500グラムは超えそう。

トマト棚の上で我が世の春を謳歌しているトマトたち。
IMG_1581.jpg
猛暑による被害から、ようやくここまで回復したのに…
果たして、これが見納めになってしまうのでありましょうか。


☆関連記事
トマト着果ラッシュで500個超え
トマト棚が再びジャングルに
空中トマト危機一髪

★ブログランキングに参加しています







テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

トマト着果ラッシュで500個超え
生育にちょうど良い気候が続き、トマトが順調に育っています。
3階ベランダのトマト棚の上部の様子。
IMG_1455.jpg

棚下にぶらさがったトマトの実は横から見るとまばらですが…
IMG_1476.jpg

直下から見ると死角部分に房なり。
IMG_1497.jpg

5~10個単位の果房があっちにも…
IMG_1435.jpg
こっちにも。
IMG_1491.jpg
このような果房が70~80個はあり、おそらく着果数は500をくだらないと思われます。

これはデルモンテのビタミンエース
IMG_1539.jpg
一度は元気がなくなりましたが、みごと復活。

これは屋根の上に進出した空中トマト1号(品種は仏原産マルマンド)。
IMG_1512.jpg
なんと、屋根で肥大化しつつあります。ほとんど、鳥に食べてくださいと言わんばかりのポジション。

同じく屋根の手前で房に成っているマルマンド
IMG_1514.jpg
このまま肥大して熟せば壮観でしょうが、やはり鳥さんたちに食べられそう。

こちらはホーム桃太郎の果房。一体、いくつ花をつけているのか。
IMG_1532.jpg
この花がすべて着果し房成りトマトになった姿をぜひ、見てみたいものです。

同じく桃太郎の青い実。縦縞が入っています。
IMG_1509.jpg

これは、ちょっと珍しい毛茸(もうじ)の生えたトマトの実。
IMG_1501.jpg
寒暖差が大きいと茎や葉に毛茸が生えやすいそうですが、実についているのは初めて見ました。

これらの青い実は果たして無事に収穫できるのでありましょうか。
願わくば、本日のような強い陽射しが、もうしばらく続いてくれますように。

☆関連記事
トマト棚が再びジャングルに
空中トマト危機一髪
トマトの花畑

★ブログランキングに参加しています







テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

トマト棚が再びジャングルに
これはびっくり。10月というのに、3階ベランダのトマト棚は、まるで初夏の頃のようなにぎわい。
IMG_1408_2013100901363743a.jpg
風が吹くと、わさわさっと音がしてトマト棚が揺れるような気がします。
火曜日はついに、養液タンクの減少量が初夏並みの30リットルに達しました。

中でも、初代空中トマト2号(仏原産マルマンド)が倒れた後に定植した2代目空中トマト2号(ホーム桃太郎)の成長ペースは、この時期としては尋常ではありません。
IMG_1416.jpg
支柱のない道路側に太い枝を伸ばしています。太すぎて誘引したら折れそう。このまま伸びたらどうなってしまうのか。

こちらは、2代目の空中トマト2号と同時に地上の水耕栽培装置「ベランゲリオン参号機改」に定植したホーム桃太郎の花穂。
IMG_1391.jpg
着々と実をつけています。
ここで素朴な疑問が…。

これはありし日の初代空中トマト2号の6月1日時点の様子。
IMG_1273_20131009014716d8e.jpg
定植してからの日数はほぼ同じだと思われますが、2代目空中トマト2号の現状はこれをはるかに凌駕しています。

もとから元気な苗であったのなら成長が早いのもうなずけます。
しかし、2代目空中トマト2号は、家庭菜園シーズン最後の投げ売りで購入したものでした。
これが購入後数日を経て水耕栽培装置に定植。やや元気が出てきた時の様子。
IMG_1063.jpg
長く伸びた枝の中段に葉がまったくついていないといういびつな苗でした。写真に写っている赤いのは、熟した実。大玉品種にもかかわらず、ピンポン玉より小さく、いかにひ弱な苗だったかが分かります。

しかも、前回のエントリーで報じた養液切れ事故で瀕死の状態でした。
それが、なぜこんなにも元気になったのか。

猛暑などの環境面の変化は別にして、設備面での変化は以下の2つ。
①養液の流量増加(養液切れ事故を機に、以前のポンプ1台で4つの栽培槽に供給する体制からポンプ2台に増強した)
②プクプクによる溶液中の酸素量増加(春夏トマトは酸素量十分とみなしエアレーションは行っていなかった)
来シーズンからはたとえ無駄でも、養液と酸素の大量供給を実践しようと思います。

それにしても、いったん勢いが止まった苗は、その後、生育が順調に進まないとの先入観は完全に誤りであることを思い知りました。水耕栽培は、本当に奥が深い…

さて、地上部がこれだけ旺盛に育っていれば、気になるのは、地下(栽培槽内部)部分。
果たして、枝葉と同様に、わさわさになっているのでありましょうか。

地上桃太郎を定植しているベランゲリオン参号機改の内部は…
IMG_1402.jpg
太っ。通常の細い根の中で、枝のように太い根が数本発達していました。春夏トマトでは見たことがないような根。すでに4段甲板を装備した参号機改の2段目の甲板に根を展張させています。

そして、元気パワーは空中トマト1号(初代、品種はマルマンド)にまで…
IMG_1400.jpg
空中トマトが元気になると、お約束のようにベランゲリオン四号機で発生する暴走。
下部のベランゲリオン初号機改に養液を送るためのホースに根が展張して養液が逆流したのです。
写真上部に映っている太い部分がペットボトルで作った栽培槽内で育った根。その下の細い部分が、養液を送るためのホース内部で育った根です。根の長さは1.5メートルを超えています。

とりあえず、緊急避難的な工事で養液の循環路を確保しました。
IMG_1403.jpg
晩秋にかけてこの根はさらに伸びそう。どうなることやら…

☆関連記事
空中トマト危機一髪
トマトの花畑
蘇ったトマト棚

★ブログランキングに参加しています







テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 藤棚 フルーツルビーEX つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ベランゲリオン零号機 ホーマック ベランゲリオン参号機 サングランデ キュウリ アーリーセーフ LED装置零号機 ベランゲリオン初号機改 LED 麗夏 ブロッコリー ゴーヤ こいあじ ビタミンエース ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター DFT式 ポンプ 温室 ベランゲリオン四号機改 コロマイト パッションフルーツ 緑のカーテン ハダニ 朝顔 アスパラガス オーバーフロー 秋トマト LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 新北星 巨木トマト トマト エーハイム チェリーメイト 猛暑 ケーヨーデイツー 養液タンク 防根透水シート チューリップ レジナ モレスタン アイリスオーヤマ つくつく ベジタブルライフA ベランゲリオン参号機改 アブラムシ レッドオーレ ロックウール ケンマート 桃太郎 ダニ太郎 うどん粉病 ベタな自動給水装置 ハイポネックス 台風 尻腐れ ハイビスカス ハイポニカ 栽培槽 ヘンルーダ カリ カルシウム リン酸 窒素 花工場 タカノツメ オオゼキ ケイヨーデイツー オーバーフロー装置 チョコちゃん 三越本店 西洋朝顔 ダイン マイクロナノバブル トマトトーン 断根 タバコガ コーナン レッド・オーレ 結束バンド アブラー 就眠運動 太陽光反射パネル イオウフロアブル プランター アルミニウム 養液 捻枝 カダンセーフ ペットボトル 噴霧器 水耕栽培装置 DFT チェリーメート LED装置零号機 F1 NFT 白ゴーヤ 「フルーツルビーEX ミリオン 珪酸カルシウム 唐辛子焼酎 LED装置初号機 室外機 こくうま赤のミニトマト 就眠活動 アゲハチョウ プチプチ インパチェンス エキナセア 栽培層 ワイヤー棚 ホップ 高リコピントマト べランゲリオン弐号機 べランゲリオン初号機改 越冬計画 クエン酸回路 熱帯魚用ヒーター アロイトマト インシュロック トマト棚 ヒーター 鉄分 マグネシウム 完熟王 「ベランゲリオン四号機改 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。