べランダ・ハイドロポニック 水耕栽培工房
素人工作で水耕栽培の巨木トマトに挑戦
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒔いてはいけない…F1トマトの種

トマト苗のF1(1代交配種)と固定種の違いについての考察、とくに、F1の実から種を採取して育てるF1第2世代の実生(みしょう)には注意が必要、というお話です。

昨シーズンはトマト株の越冬を試みたものの、年明け1月になって雪が降り、全滅してしまいました。このため、サントリーさんの大玉トマト「サングランデ」の実から採取した種で、実生に挑戦したものの、その後サントリーさんに問い合わせたところ、サングランデF1であるとの確認が取れたため、育苗を中止ました。
昨シーズンのサングランデ
1115 030


実は、昨シーズンの前半に育てたミディアムトマト「つくつく房枝」も、スーパーで売られていた実から採取した実生からのスタートでした。
0719 030
たくさんの実をつけ、味もそこそこだったものの、酸味と甘みのバランスが絶妙なつくつくとはまったく違っていました。

インターネット上でつくつくについて調べたところ、「栃木県にあるトマト栽培の研究会『房房会』が手がけ、全国の契約会員が栽培しています」という以上の情報はほとんどなく、F1かどうか確認できなかったものの、結果から判断すればF1だったのは明らかです。
F1の苗を安定供給するには、F1の両方の親株を毎年育てて交配し、種を作らねばならず、莫大なコストがかかるとされています。こうしたコストを負担できる大手種苗メーカーが、F1苗の主な供給元であるのはこのためです。

第1世代のつくつく。
IMG_1564.jpg
ラベルにも印刷されている「房房会」さんが、あるいは種苗メーカーと同じような取り組みをされていたのかもしれません。

つくつくの例のように、F1トマトの実から採取した種を蒔いて誕生する第2世代は、せっかくうまく育てても、「はずれ」の株になるリスクが極めて高いといえます。
F1では、両親がそれぞれの項目ごとに持っている2つの性質のうち、受け継がれやすい性質(いわゆる優性遺伝)が現れる「雑種強勢」が起きます。この現象は同じ両親による交配から採取した、すべての種子に均質に受け継がれるとされています。種苗メーカーは、味や収量、病気への耐性などの面で人間にとって有利な性質が現れるような交配種の組み合わせを見つけてF1苗を開発しているため、結果的にホームセンターなどに並ぶ苗はどれも理想的な商品に仕上がっているというわけです。

これに対し、F1第1世代の実から採取した種を蒔いて生まれる第2世代には、正反対の「雑種弱勢」という現象が現れ、質も苗ごとにばらばらになります。中には、F1と同じ性質を受け継ぐ苗、あるいは親のF1を上回る性質を持つ苗があるかもしれませんが、当たり外れは大きく、しかも当たりか外れかは、数カ月の労力をかけて苗を育て、実を収穫してみるまではわかりません。

逆に、F1第2世代を育てるメリットは何でしょうか。
例えば東京でF1苗を購入できるのは早くても4月上旬くらいになるため、この時期までに自分で気に入ったF1トマト苗を大きく育てておきたい場合の選択肢の一つです。ただ、気に入ったF1トマト苗を早めに育成するには、ほかにも、F1第1世代の株からの挿し芽を春先まで維持する方法があります。これなら確実に第1世代の性質を再現できます(挿し芽を数カ月間にわたり維持する労力はかかりますが…)。やはりF1第2世代を実生でつくるのは労力に見合わない賭けといえるでしょう。

春先までに気に入ったF1トマト苗を大きく育てておくためには、もう一つ、F1第1世代の種を手に入れるという方法があります。ただ、種苗メーカーは利益が小さいF1第1世代の種子販売は行わないというのが基本戦略のようです。

現在販売されているトマト苗や種子のうち、F1トマトはどれか。
基本的に、デルモンテさんのトマト製品はすべてF1とのこと。
サントリーさんの製品も同様のようです。「タキイ交配」のようにメーカー名に「交配」と記されている品種も基本的にF1。ホームセンターに並んでいるトマトのうち、大体7~8割がF1ではないでしょうか。

逆に、安心して実生から育てられるのが、固定種です。

★固定種の例
ベルナーロゼトマト 世界一トマト ポンテローザトマト アロイトマト グリーンゼブラトマト レッドゼブラトマト ブランディーワインイエロートマト ブランディーワインレッドトマト ブランディーワインブラックトマト ローマ マルマンド サンマルツァーノトマト しゅほうトマト 純系愛知ファーストトマト マティナ シュガーランプ マッツワイルドチェリー マイクロトマト レジナ ステラミニトマト

これらのリストは一応の目安です。F1かどうかの最終確認は販売店かメーカーさんで。念のため。

3階ベランダの片隅で育成中のサントリーさんの「こいあじ」。
160423 001
最初の蕾をつけ始めました。

デルモンテさんの「ぜいたくトマト」。
160423 003
着々と第1花房が育ちつつありますが、苗全体の生長ペースは幾分ゆっくり。
1.0を切っていた養液のEC(導電率)を引き上げました

大きく育ったら、挿し芽で来季につなげる手順を検討してみることにしています。


☆関連記事
冬トマト撤収
2015空中トマト発進!
F1から撤退…高リコピントマト

★ブログランキングに参加しています

スポンサーサイト

テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

D社対S社 今季は軽量級大玉トマト空中戦

今シーズン、3階ベランダのトマト棚に定植する空中トマトを1株に絞るか、それとも2株にするか考えた末、後者に決めました。
昨シーズンを振り返ると、早くも6月下旬には2株のトマトの枝葉がトマト棚の全面を覆いつくし、以降は日照をめぐる壮絶なバトルが展開されました。今シーズンは1株に日照を占有させ、どこまで大きくなるか見てみたいと当初、思ったのです。

しかし、1株では、気温や日照など生育環境が良好な6月下旬までの間、トマト棚の半分以上の面積が空いたままになり、設備や日照などの貴重な資源が無駄になります。それに、1品種だけというのも、ちょっとさびしい気がします。

というわけで、デルモンテさんの「ぜいたくトマト」に続く、今シーズン第2のトマト苗をホームセンターで購入しました。
チョイスしたのは、サントリーさんの大玉トマト「こいあじ」。
160418 009

今シーズンから交配した親株の品種の組み合わせを変えたのか、「リニューアル」とうたわれています。

この品種に決めたのには、ある思惑がありました。
実は、ぜいたくトマトと、こいあじは、似たもの同士のトマトなのです。

どこが似ているかというと、一つ目は大きさ。
一般に大玉トマトは150グラム以上とされていますが、2品種ともこれを大きく下回るサイズ。デルモンテさんが出しているぜいたくトマトの「生産者様向け苗商品紹介」によると、「100グラム中心」、サントリーさんのこいあじのカタログによると、「80~120グラム」。

次の共通点は糖度。
同じ出所のデータ比較でぜいたくトマトは「平均7.3度」(添付グラフによると、収穫した月ごとにばらつきがあり、6~8度になっていました)、こいあじは「7~9度」で、両社とも、糖度の高さを強調しています。こいあじはそのネーミングが、酸味やうまみなどを連想させ、甘いというイメージはありませんが、カタログ値だけで判断すればぜいたくトマトをも上回っています。
このように、この2品種は「軽量級高糖度大玉トマト」ともいうべき同じコンセプト、同じカテゴリーに属しています。
どちらが先に売り出したのかは確認していませんが、あるいは、先発メーカーに対し、後発が対抗商品をぶつけたというような経緯があったのかもしれません。宿命のライバルといってもいいでしょう。
そこで、この2品種に、わがトマト棚の上で存分に戦ってもらい、味や収量、育てやすさなどの面で優劣を決してもらおうというわけです。

そんな計画を立てていた矢先、思わぬアクシデントが…
購入したままの状態でベランダに置いていた、こいあじの苗が強風で転倒しているのを発見。あまつさえ水不足でしおれてしまいました。が、急いで水を補給したところ、ものの数十分でシャキーンと再生。トマトは立ち直りが早い。

立ち直ったこいあじ。
IMG_6483.jpg
本来は、生育環境を激変させないように気を遣うべきものですが、今回は先を急ごうと、すばやく土耕の土を軽く払ってペットボトルケースの簡易栽培装置とエアレーションという環境に移行しました。養液は薄めの大塚ハウス製「ベジタブルライフA(大塚ハウス1号+2号の成分)」。

一方、水耕パワーで着々と生長しているぜいたくトマト
IMG_6486.jpg

この2株、どんなバトルを見せてくれるのでありましょうか。

☆関連記事
あのトマト苗を購入 2016水耕シーズン始動
トマト棚にぶら下がるゴロ生りトマト
トマトの配置転換

★ブログランキングに参加しています



テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

尻腐れ対策でマイクロナノバブル
今シーズンは3階ベランダトマト棚に定植するトマトへの養液に、巷でうわさのマイクロナノバブル発生装置を導入することにしました。

ネット通販でポチッたマイクロナノバブル発生装置とエアポンプが到着。
160418 011
エアポンプ(奥、通常のポンプより強力とのこと)と、マイクロナノバブル発生装置(機能的には、小さな気泡を発生させるためのエアストーンのようなもの)。

マイクロナノバブル発生装置のアップ。
160418 014
パイプのような形をしています。ポンプとつないだチューブの先端に取り付けるとのこと。
銀色のきめの細かいフィルターで空気をナノレベルに微細化するようです。

お魚の新鮮さが長続きするなど、驚異のパワーがうたわれているマイクロナノバブルではありますが、わがベランダへの導入に際しては、過大な期待はありません。

狙いは一つ。毎年、気温の上昇とともに大玉トマトの実に発生する尻腐れ対策。

尻腐れは、病気ではなく、トマトの実にカルシウムが十分に回らなくなったときに発生する生理現象です。
養液として利用している大塚ハウスシリーズは、3大肥料分の1号に、カルシウムを中心とした2号を組み荒らせて使うのが基本であり、養液中に十分な量のカルシウムが存在しています。それでも、尻腐れ症状が起きる理由のひとつは、根域の酸素不足とされています。水温が上がり、酸素が溶液に溶けにくくなる夏場に尻腐れ症状が頻発するのはこのためです。

この点、マイクロナノバブルは、気泡が細かいため、溶けた酸素が水の中に長時間滞留するといわれています。いわゆる溶存酸素を格段に増強できるというわけです。

昨シーズンまで、根から十分に吸収できなかったことに対応し、珪酸カルシウムの水溶液を葉面撒布したり、「カルシウム食い」とされる不要な葉をせっせと摘葉したりしていましたが、今回の対策は決定版といってもいいでしょう。

この装置をインストールした後に、「空中トマトがびっくりするほど巨木化した」とか、目に見える変化があれば、改めてリポートさせていただきます。

プクプクで生長中のぜいたくトマト
160418 003
第1花房に花がつきました(シャッターを切った瞬間に強風のせいで葉陰に隠れてしまいました…汗)。

定植時期が近づきつつあります。

☆関連記事
尻腐れ予防へトマトの摘葉
尻腐れ予防でケイカルを葉面散布
トマト尻腐れ対策でポンプ間欠運転

★ブログランキングに参加しています


テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用

あのトマト苗を購入 2016水耕シーズン始動

今シーズンの空中トマトは、実生をあきらめ、苗からスタートすることにしました。
先週半ば、昼休みに日本橋三越本店の園芸部を訪れると、早くもトマト苗が並んでいました。

ハルディンさんの「ホーム桃太郎」と…
160412 011

「アイコ」。
160412 012

4月上旬というのは、例年より半月ほど早い気がします。
初トマトのプレミアムか、それとも接木苗のためか、お値段は350円とやや高め。

残念ながら、お目当てのトマト苗は置いていませんでした。

お目当てというのは、2年前にも育てたデルモンテさんの「ぜいたくトマト」、もしくはぜいたくトマト系列の新商品「ぜっぴんトマト」。

巨木トマト志向であるため、毎シーズン、株自体が大振りに育ちそうな大玉品種を一品種は育てています。大玉の中でもサイズが大きい品種が好み。この点で、大玉と中玉の中間サイズの「ぜいたくトマト」はやや難があります。個人的には、昨シーズン育てた、サントリーさんの大玉「サングランデ」が見た目も味もお気に入りですが、我が家では糖度が高い品種が人気なのです。

三越さんに早くもトマト苗が並んでいるのを見て、日曜日にホーマック大井競馬場前店を訪れると…

ありました。デルモンテさんやサントリーさんのトマト苗がずらり。

デルモンテさんのコーナーには、家庭用ミニトマトが「累計480万本突破(2014~15年)」のPOPが…。
160412 013

爆売れしているのですね。定番品種のぜいたくトマトや「フルーツルビーEX」は置いていたものの、ぜっぴんトマトはなし。消去法でぜいたくトマトの購入を決めました。

並んでいたぜいたくトマト苗はかなり売れており、3分の1ほどしか残っていません。

その中から節間が狭く、そろりと蕾をつけ始めた苗を1本選び購入しました。298円。
160412 016

今シーズン、ベランダ3階トマト棚への定植をこれ一本にするかもう一本調達して限りあるスペースを2株でシェアするかは検討中。

生長を加速するため、さっそく水耕環境に移行。
160412 018
とりあえず、薄めの養液の中に土をつけたままの根を浸し、プクプク(エアレーション)を投入しました。
4月に入りやや暖かくなったとはいえ、寒さのぶり返しがあると苗はダメージを受けます。予報で最低気温が8度を切る夜は屋内に退避させるようにしています。

苗は早めに手に入れることができたものの、かなり小ぶり。空中トマト栽培装置に定植できるのは例年と同じくゴールデンウイーク前後になりそうです。

ところで、過去に触れた「サングランデ」という不思議なネーミングの謎がようやく判明しました。
160412 014

実は、2月に、育苗~定植時期の前倒しを狙いに、昨年から保存していたサングランデの自家採取種を撒いて発芽させたものの、デルモンテさんへの問い合わせの結果、F1(一代交配)品種であるとの確認が取れたため、育苗を中止。(F1についての考察は後日改めて…)。今シーズンは実生(種から育てること)を断念し苗の購入から始める方針を決めたのです。
この問い合わせの際、サングランデのネーミングについても教えてもらいました。

>サン=「太陽」&「サントリーの」
>グランデ=「大きな」
>という意味で、造語になります。

とのこと。
予想通り。「サン」は「サントリー」や「太陽」を表わす英語(?)の名詞+「グランデ」はラテン語系の形容詞という、普通には存在しない組み合わせでした。

☆関連記事
矮性大玉トマト?
第3のトマトを探しに
超大玉、壮烈な最期

★ブログランキングに参加しています


テーマ:ベランダ菜園&プランター菜園 - ジャンル:趣味・実用



目次



最新記事



ユーザータグ

空中トマト マルマンド トマトサビダニ ぜいたくトマト ノワール・ラッセ ベランゲリオン四号機 ベランゲリオン弐号機 フルーツルビーEX 藤棚 つくつく房枝 ブランディワイン ベランゲリオン初号機 NFT式 ビニールハウス ホーマック ベランゲリオン零号機 ベランゲリオン参号機 サングランデ アーリーセーフ LED ベランゲリオン初号機改 LED装置零号機 キュウリ 麗夏 ゴーヤ ブロッコリー ビタミンエース こいあじ ホーム桃太郎 大塚ハウス セラミックファンヒーター ベランゲリオン四号機改 ポンプ 温室 DFT式 コロマイト 緑のカーテン パッションフルーツ 朝顔 オーバーフロー ハダニ アスパラガス LED装置初号機 ベランゲリオン零号機改 秋トマト エーハイム 新北星 巨木トマト トマト チェリーメイト ケーヨーデイツー 猛暑 養液タンク ロックウール チューリップ アイリスオーヤマ 防根透水シート アブラムシ レジナ モレスタン ベランゲリオン参号機改 ベジタブルライフA レッドオーレ つくつく ベタな自動給水装置 ダニ太郎 ケンマート 桃太郎 うどん粉病 ハイポネックス 尻腐れ 台風 タカノツメ カリ 窒素 ハイポニカ 栽培槽 リン酸 ハイビスカス 花工場 カルシウム ヘンルーダ オオゼキ タバコガ 三越本店 トマトトーン コーナン チョコちゃん オーバーフロー装置 西洋朝顔 レッド・オーレ ケイヨーデイツー ダイン アブラー 断根 マイクロナノバブル 結束バンド 水耕栽培装置 カダンセーフ アルミニウム チェリーメート 捻枝 養液 「ベランゲリオン四号機改 「フルーツルビーEX F1 噴霧器 イオウフロアブル プランター 室外機 ペットボトル 唐辛子焼酎 白ゴーヤ ミリオン DFT NFT 珪酸カルシウム トマト棚 インパチェンス 就眠運動 就眠活動 栽培層 ワイヤー棚 アゲハチョウ ヒーター 完熟王 LED装置初号機 太陽光反射パネル 越冬計画 ホップ 高リコピントマト マグネシウム LED装置零号機 インシュロック クエン酸回路 鉄分 べランゲリオン初号機改 エキナセア こくうま赤のミニトマト プチプチ べランゲリオン弐号機 熱帯魚用ヒーター 



最新コメント



プロフィール

glass★hoppy

Author:glass★hoppy
年齢別構成--M3
生息地域--東京
脳内成分--園芸(水耕栽培、花壇)、料理、酒、ロードバイク、各種工作(栽培装置、電子装置、パソコン、自転車)、経済情勢、国際情勢、帝国海軍、戦国武将、藤沢修平



QRコード

QR



リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



月別アーカイブ



来訪者





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。